第3回京都競馬4日目 最終のスーパースター登場!!

ゴールデンウィークに突入し、たくさんのお客さんが詰め掛けた京都競馬場。4/28(日)の放送日は、京都で「天皇賞・春」(G1・芝3200)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがゴールドシップを、西村さんがフェノーメノを、田辺さんがアドマイヤラクティをそれぞれ指名しました。
                       

海外からの刺客レッドカドーや8度目の挑戦となるトウカイトリックなど、話題馬の参戦も多かった第147回天皇賞・春。しかし、最も注目と期待を集めたのは、昨年の最優秀3歳牡馬で有馬記念も制したゴールドシップでした。単勝1.4倍という断然の人気を集め、本番を向かえました。
         

レースは、サトノシュレンがハナを奪い、最初の1000mは1分を切るやや早い流れ。向正面でサトノがさらにリードを広げ、馬群は20馬身ほどの縦長で進みます。注目のゴールドシップは、坂の下りから一気にスパートを開始。4コーナーから一気に先頭に並びかけて、最後の直線へ。しかし、ゴールドシップにいつもの伸び脚はなく、直線半ばで失速。そのゴールドシップを尻目に、直線入り口で単独先頭に立ったフェノーメノが、その後も後続を寄せ付けず、1着でゴールイン!ハイレベルな4歳世代、屈指の実力馬がついにビッグタイトルを手にしました。
       

三連単は、濱野さんのゴールドシップが5着、西村さんのフェノーメノが1着、田辺さんのアドマイヤラクティが4着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者となりました。

 

さて、今週は天皇賞。『ビッグレースには、さまざまなサインが隠されている』なんて、よく言いますよね。でも、こういうのって、大抵は終わってから気付くもの。。。

特定のGⅠレースということで競馬場から振舞われたお弁当を食べながら、せっせと予想する三宅さんを撮影した1枚。箸で持っているのは海老の天ぷらじゃないですかぁ。ここで「あっ、エビだ!」って気付けばよかったんですよ~、三宅さん!!あらら蛯名騎手のフェノーメノ、相手からも外しちゃってるじゃないですか!しかも、この日はプレゼンターで市川海老蔵さんも来場されてたのに。まぁ、この会話は天皇賞終わった直後から、あちこちで聞こえてましたが。。。。

 

ということで、この日は「朝のフルコース」「3連単プレゼンント」も残念な結果となり、少し重い空気に包まれた4時過ぎでしたが、ドラマティック競馬にも、最後に海老蔵さんばりのスーパースターが登場しました♪

勝利のポーズをノリノリで決める柳トラックマン。京都最終12レースで11番人気の超穴馬カシノインカローズ(2着)を推奨し、見事万馬券を的中させる大仕事をやってくれました!!一見、コワモテだけど、話すと写真の通りのオチャメな方です。いつも放送終了間際で、決して解説時間は長くないですが、穴馬情報満載なので、最後まで聞き逃さないように。
 

さて、5/5(日)の放送日は、東京で「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われます。3歳マイル王の称号はどの馬に!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!