ラジオ大阪 OBC

  • TOP
  • 共演者プロフィール
  • コーナー紹介
  • 番組プレゼント
  • 中継予定レース
  • 番組への問合せ

2023年11月12日(日)放送内容

 

今週の主なレース

京都メイン(11R) 15時40分 エリザベス女王杯(GⅠ)

東京メイン(11R) 15時30分 オーロカップ(L)

福島メイン(11R) 15時20分 福島記念(GⅢ)

 

■中継レース

京都競馬場 1R~12R

東京競馬場 9R~12R

福島競馬場 9R~12R

 

■競馬エイトトラックマン 予想&解説レース担当

京都

2R 喜多村克利TM

3R 竹下幸一TM

4R 林 美希(ミッキ)TM

5R 籔本俊介TM

6R 喜多村克利TM

7R 明木正行TM

8R 竹下幸一TM

9R 林 美希(ミッキ)TM

10R 籔本俊介TM

11R 喜多村克利TM

12R 明木正行TM

 

■朝のフルコース 

競馬エイトのトラックマン、番組出演者らが   各5,000円の軍資金でレースを予想 & 馬券購入。

当たり馬券はリスナープレゼント。

1️⃣ 10時10分頃「君にひとめぼれ」= 三宅きみひと(実況アナ)

2️⃣ 10時20分頃「穴馬狙い撃ち」= 田辺大介(構成作家)

3️⃣ 10時45分頃「WIN5のキモ」= 竹下幸一TM

4️⃣ 11時15分頃「2024年 クラシックへの道」= 林 美希(ミッキ)TM

5️⃣ 12時35分頃「究極の1点勝負」= 喜多村克利TM

 

■サンスポ特選情報

増本隆一朗記者

 

===================================================

 総合司会  :西村寿一

 実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔

 アシスタント:武田英子

予想解説  :競馬エイトトラックマン

===================================================

第3回京都競馬2日目 東のメインで予想外の結末

11月とは思えないほど気温の高い1日となった京都競馬場。11月5日(日)の放送日は京都で「みやこステークス」(G3・ダ1800)、東京で「アルゼンチン共和国杯」(G2・芝2500)がそれぞれ行われました。3連単プレゼントは、濱野さんがセラフィックコール、西村さんがタイセイドレフォン、田辺さんがマリオロードを指名。

レースはペプチドナイルが単騎で先頭、そのあと6、7頭がかたまった先団馬群を形成。直線に入ってメイクアリープが抜け出したところへ、後方から次元の違う末脚で伸びてきたセラフィックコールが並ぶ間もなく交わすと、そのまま3馬身突き抜けてゴールイン!デビューから無傷の5連勝で重賞初制覇を飾りました。3連単プレゼントは濱野のセラフィックコールが1着、西村さんのタイセイドレフォンが12着、田辺さんのマリオロードが8着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に!

さて、この日の京都メイン・みやこステークスでは上がり馬セラフィックコールが人気に応えて勝利。ダート界に新たな主役候補が誕生しましたが・・・東京のメインでは芝の中長距離路線で注目の一戦・アルゼンチン共和国杯が行われました。このレースで「朝のフルコース」のプレゼント馬券がみごと2発的中となったんですが、担当した競馬エイトトラックマンがこのお二人!

仲良く同じポーズで撮影に応じてくれたのは、仲TMと門口TMです。この日「WIN5のキモ」を担当した仲TMはアルゼンチン共和国杯を選択し、⑨ゼッフィーロの単勝を4000円的中!これが9600円の払戻しに。そして「究極の1点勝負」でおなじみ、門口TMは勝った⑨ゼッフィーロと⑰マイネルウィルトスのワイド⑨-⑰の1点で勝負!これが1着、2着となり、1万5000円ゲットとなりました~!ただ、写真では笑顔に見える門口TMですが、単純には喜べないウラ事情があったんです。

実はこのレース、3着争いが写真判定の末、「同着」という結果になったんですが、これが門口TMにとっては悲劇をもたらすことに・・・念のため簡単に説明しますと、オッズは的中票数をもとに計算されるので、3着の的中パターンが増えることで、複勝やワイド、3連複、3連単の各配当は本来の最終オッズよりも当然ながら低くなるわけです。(門口TMのワイド馬券⑨ー⑰も最終オッズは5倍前後でした)。門口TMご本人も「1着、2着で当ててるのに、3着争いでこんなにオッズ下がるって・・・」と、しばらく現実を受け止められず、めずらしく愚痴をこぼしておりました。レースの予想自体は完璧だったものの、この結末ばかりは予想できなかったようですね。

次週、11月12日(日)の放送日は、京都で最強牝馬決定戦「エリザベス女王杯」(G1・芝2200)が行われます。連覇を狙うジェラルディーナと、3歳世代ブレイディヴェーグ、ハーパーらが激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

2023年11月5日(日)放送内容

 

今週の主なレース

京都メイン(11R) 15時45分 みやこステークス(GⅢ)

東京メイン(11R) 15時35分 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

福島メイン(11R) 15時25分 みちのくステークス

 

■中継レース

京都競馬場 1R~12R

東京競馬場 9R~12R

福島競馬場 9R~12R

 

■競馬エイトトラックマン 予想&解説レース担当

京都

2R 門口博光TM

3R 仲 和弘TM

4R 稲垣 颯TM

5R 増井辰之輔TM

6R 門口博光TM

7R 柳 崇士TM

8R 仲 和弘TM

9R 稲垣 颯TM

10R 増井辰之輔TM

11R 門口 博光TM

12R 柳 崇士TM

 

■朝のフルコース

競馬エイトのトラックマン、番組出演者らが   各5,000円の軍資金でレースを予想 & 馬券購入。

当たり馬券はリスナープレゼント。

1️⃣ 10時15分頃「君にひとめぼれ」= 三宅きみひと(実況アナ)

2️⃣ 10時5分頃「穴馬狙い撃ち」= 田辺大介(構成作家)

3️⃣ 11時00分頃「WIN5のキモ」= 津田照之TM

4️⃣ 11時30分頃「2024年 クラシックへの道」=西尾 学TM

5️⃣ 12時50分頃「究極の1点勝負」= 門口博光TM

 

■サンスポ特選情報

 

===================================================

 総合司会  :西村寿一

 実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔

 アシスタント:井川茉代

予想解説  :競馬エイトトラックマン

===================================================

第2回京都競馬9日目 俺がナンバー1だ!?

2回京都開催最終日となった10月29日(日)の放送日。この日は東京で秋の中距離最強馬決定戦「天皇賞(秋)」(G1・芝2000)が行われました。3連単プレゼントは、お休みの濱野さの代役・三宅さんがダノンベルーガ、西村さんがイクイノックス、田辺さんがプログノーシスを指名。

レースは大方の予想通りジャックドールが逃げる展開で前半1000mを57秒7で通過。直線に入って3番手から馬なりで前を捕らえたイクイノックスがそのまま他馬を突き放し、圧勝でゴールイン!1分55秒2の衝撃のレコードでGⅠ5連勝を飾りました。3連単プレゼントは三宅さんのダノンベルーガが4着、西村さんのイクイノックスが1着、田辺さんのプログノーシスが3着となり、1着馬を指名した西村さんが勝って連勝!

さて、この日の天皇賞(秋)は、超豪華メンバーの対決、さらに東京競馬場には天皇皇后両陛下がご来場され、令和初の「天覧競馬」として大注目の一戦となりました。結果はイクイノックスが人気に応えて圧勝!まさに現役ナンバー1を証明する圧巻の走りでしたね~!そんな天皇賞(秋)での馬券は残念ながら的中ナシだったものの、「クラシックへの道」のコーナーで見事な予想を披露してくれたのが・・・

競馬エイトの若手ナンバー1、‟イナガキックス”こと稲垣颯トラックマンです!この日は京都5レースの新馬戦で⑪カーメルタザイトを本命に馬連3点で勝負!みごと対抗の⑥ネコロヴィーノとの馬連⑥ー⑪を2000円的中で、1万8400円の払戻しゲットとなりました~!秋のGⅠシリーズが始まって以降、好調な「朝のフルコース」、今後もたくさんのご参加お待ちしていま~す!

次週から11月、3回京都開催に突入!11月5日(日)の放送日は、京都で「みやこステークス」(G3・ダ1800)、東京で「アルゼンチン共和国杯」(G2・芝2500)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

2023年10月29日(日)放送内容

 

今週の主なレース
東京メイン(11R) 15時40分 天皇賞・秋(GⅠ)
京都メイン(11R) 15時30分 カシオペアステークス(L)
新潟メイン(11R) 15時20分 ルミエールオータムダッシュ(L)

■中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
新潟競馬場 9R~12R

■競馬エイトトラックマン 予想&解説レース担当
京都
2R 喜多村克利TM
3R 増井辰之輔TM
4R 稲垣 颯TM
5R 西尾 学TM
6R 喜多村克利TM
7R 藤岡敬司TM
8R 西尾 学TM
9R 稲垣 颯TM
10R 増井辰之輔TM
11R 喜多村克利TM
12R 藤岡敬司TM

■朝のフルコース └
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らが   各5,000円の軍資金でレースを予想 & 馬券購入。
当たり馬券はリスナープレゼント。
1️⃣ 10時10分頃「君にひとめぼれ」= 三宅きみひと(実況アナ)
2️⃣ 10時20分頃「穴馬狙い撃ち」= 田辺大介(構成作家)
3️⃣ 10時50分頃「WIN5のキモ」= 増井辰之輔TM
4️⃣ 11時20分頃「2024年 クラシックへの道」= 稲垣 颯TM
5️⃣ 12時35分頃「究極の1点勝負」= 喜多村克利TM

■サンスポ特選情報
増本隆一朗記者

===================================================
総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔
アシスタント:武田英子
予想解説  :競馬エイトトラックマン
===================================================

第2回京都競馬7日目 会心予想に、笑顔晴れ晴れ!

秋らしい好天に恵まれた京都競馬場。10月22日(日)の放送日は京都でクラシック三冠最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われました。3連単プレゼントは、濱野さんがソールオリエンス、西村さんがタスティエーラ、田辺さんがリビアングラスを指名。

レースはルメール騎手のドゥレッツァが逃げる形で最初の1000mを1分0秒4で通過。3コーナーカーブから4コーナーで先頭争いが3枠2頭に替わって直線へ。先頭リビアングラスを残り300m付近で捕らえたドゥレッツァがタスティエーラ、ソールオリエンスら春のクラシックホースを寄せつけず圧勝のゴールイン!未勝利から破竹の5連勝でクラシック最後の一冠を制しました。3連単プレゼントは濱野さんのソールオリエンスが3着、西村さんのタスティエーラが2着、田辺さんのリビアングラスが4着となり、2着馬を指名した西村さんが勝者に!

さて、この日はクラシック三冠最終戦・菊花賞が行われ、皐月賞馬、ダービー馬がともに参戦しましたが、勝ったのは上がり馬ドゥレッツァ。長距離戦らしい見応えのあるレースでルメール騎手の好騎乗も光りましたね!この菊花賞ではなかったものの、「朝のフルコース」では2人の予想担当者が会心の予想を披露してくれました~!

まずは・・馬券のみの撮影、そして3連単2頭軸マルチといえば、我らが穴馬スナイパー・田辺大介さん!この日は京都6レースで⑤トレチーメ(6番人気)を本命に、1番人気⑮ビヨンドザヴァレーとの組み合わせで勝負!相手に選んだ①サトノスカイターフが2着となり、みごと3連単3万1150円の的中となりました。そして、この日のもう1人のヒーローは・・・馬券のみという田辺さんとは対照的に、勝利の写真撮影を楽しみにしてくださっている、この方!

秋空をバックに爽やかな笑顔の津田トラックマンです!この日担当した「WINのキモ」では、京都10レース・三年坂ステークスをチョイス。勝った⑮ソーダズリングからの馬連流しで、1000円を投じた2着⑧モズゴールドバレルとの⑧ー⑬が的中!1万2800円の払戻しとなりました~!「予想でみなさんを幸せにするのが我々トラックマンの仕事ですから」と語っていた津田TM。その言葉通り、今回は会心の予想でたくさんの人が幸せになれたのではないでしょうか♪

次週、10月29日(日)の放送日は、東京で秋の中距離最強馬決定戦「天皇賞(秋)」(G1・芝2000)が行われます。宝塚記念の覇者イクイノックス、天皇賞春秋制覇を狙うジャスティンパレス、昨年のダービー馬ドウデュースなど超豪華メンバーが集結!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

2023年10月22日(日)放送内容

 

今週の主なレース

京都メイン(11R) 15時40分 菊花賞(GⅠ)

東京メイン(11R) 15時30分 ブラジルカップ(L)

新潟メイン(11R) 15時20分 新潟牝馬ステークス(L)

 

■中継レース

京都競馬場 1R~12R

東京競馬場 9R~12R

新潟競馬場 9R~12R

 

■競馬エイトトラックマン 予想&解説レース担当

京都

2R 門口博光TM

3R 津田照之TM

4R 西尾 学TM

5R 林 美希(ミッキ)TM

6R 門口博光TM

7R 柳 崇士TM

8R 西尾 学TM

9R 林 美希(ミッキ)TM

10R 津田照之TM

11R 門口 博光TM

12R 柳 崇士TM

 

■朝のフルコース 

競馬エイトのトラックマン、番組出演者らが   各5,000円の軍資金でレースを予想 & 馬券購入。

当たり馬券はリスナープレゼント。

1️⃣ 10時10分頃「君にひとめぼれ」= 三宅きみひと(実況アナ)

2️⃣ 10時30分頃「穴馬狙い撃ち」= 田辺大介(構成作家)

3️⃣ 10時50分頃「WIN5のキモ」= 津田照之TM

4️⃣ 11時25分頃「2024年 クラシックへの道」=西尾 学TM

5️⃣ 12時45分頃「究極の1点勝負」= 門口博光TM

 

■サンスポ特選情報 斉藤弘樹記者

 

===================================================

 総合司会  :西村寿一

 実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔

 アシスタント:井川茉代

予想解説  :競馬エイトトラックマン

===================================================

第2回京都競馬5日目 牝馬三冠達成!

秋の京都競馬場でいよいよGⅠが開催!10月15日(日)の放送日は京都で3歳牝馬三冠最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われました。3連単プレゼントは、濱野さんがリバティアイランド、西村さんがハーパー、田辺さんがヒップホップソウルを指名。

レースはコナコーストが先手を奪って前半1000mを1分1秒9で通過。先団馬群につけた二冠牝馬リバティアイランドが4コーナーで早くも先頭に並びかけて直線へ。そのまま力強い末脚で後続を突き放し、余裕十分にゴールイン!断然の人気に応え、史上7頭目となる牝馬三冠を達成しました。3連単プレゼントは濱野さんのリバティアイランドが1着、西村さんのハーパーが3着、田辺さんのヒップホップソウルが9着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝者に!

さて、この日の注目はなんと言ってもリバティアイランド。戦前から勝つこと自体よりもどんな勝ち方をするのか?2着馬は何か?というのが焦点になっていましたが・・・やはりとんでもなく強かったですね~!そんな三冠牝馬誕生の瞬間をひと目見ようと、朝からたくさんのお客さんが詰めかけていたんですが、三冠達成後の表彰式の写真がコチラ!

放送席から撮った写真なんですが・・・どうですか、このゴール前の人だかり!平成以降、ずいぶん三冠を達成する牝馬は増えましたが、それでも史上7頭目という快挙ですから、多くの方々が歴史的瞬間を生で見たいという気持ちで競馬場に足を運んだんでしょうね~!今後は古馬、そして牡馬の強豪を相手にどんなレースを見せてくれるのか、楽しみが尽きません。

そして、この日の「朝のフルコース」では、競馬エイトのトラックマン2人が見事な1点予想を披露してくれました!

競馬エイトのミッキTMと門口TMです。この日、「クラシックへの道」を担当したミッキTMは京都5レース⑧エルサビオの単勝5000円を的中!クビの上げ下げの叩き合いをものにする勝負強さで1万8000円の払戻しゲットとなりました。一方、「究極の1点勝負」でおなじみ、門口TMは秋華賞を選択し、⑥リバティアイランドと⑦マスクトディーヴァのワイドで勝負!マスクトディーヴァはリバティアイランドが抜け出したところへ、ただ1頭伸びての2着という会心の予想となりました。

現在、秋のGⅠシリーズで盛り上がっていますが、我がドラマティック競馬の「朝のフルコース」なら、予想に自信がないという方でもハガキ1枚で参加できますので、これからもたくさんのご応募お待ちしていま~す!

次週、10月22日(日)の放送日は、京都で牡馬クラシック三冠最終戦「菊花賞」(G1・芝3000)が行われます。ダービー馬タスティエーラ、皐月賞馬ソールオリエンスが再び激突!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

2023年10月15日(日)放送内容

 

今週の主なレース

京都メイン(11R) 15時40分 秋華賞(GⅠ)

東京メイン(11R) 15時30分 オクトーバーステークス(L)

新潟メイン(11R) 15時20分 信越ステークス(L)

 

■中継レース

京都競馬場 1R~12R

東京競馬場 9R~12R

新潟競馬場 9R~12R

 

■競馬エイトトラックマン 予想&解説レース担当

京都

2R 門口博光TM

3R 仲 和弘TM

4R 林 美希(ミッキ)TM

5R 籔本俊介TM

6R 門口博光TM

7R 明木正行TM

8R 仲 和弘TM

9R 林 美希(ミッキ)TM

10R 籔本俊介TM

11R 門口博光TM

12R 明木正行TM

 

■朝のフルコース 

競馬エイトのトラックマン、番組出演者らが   各5,000円の軍資金でレースを予想 & 馬券購入。

当たり馬券はリスナープレゼント。

1️⃣ 10時10分頃「君にひとめぼれ」= 三宅きみひと(実況アナ)

2️⃣ 10時20分頃「穴馬狙い撃ち」= 田辺大介(構成作家)

3️⃣ 10時50分頃「WIN5のキモ」= 仲 和弘TM

4️⃣ 11時20分頃「2024年 クラシックへの道」= 林 美希(ミッキ)TM

5️⃣ 12時35分頃「究極の1点勝負」= 門口博光TM

 

■サンスポ特選情報

山口大輝記者

 

===================================================

 総合司会  :西村寿一

 実  況  :濱野圭司、三宅きみひと、松下翔

 アシスタント:武田英子

予想解説  :競馬エイトトラックマン

===================================================

第2回京都競馬2日目 ◉は要チェックです!

今年2回目となる新設・京都競馬場での開催がスタート!10月8日(日)の放送日。この日は東京で「毎日王冠」(G2・芝1800)が行われました。3連単プレゼントは、濱野さんがジャスティンカフェ、西村さんがソングライン、田辺さんがアドマイヤハダルを指名。

レースはウインカーネリアンら3頭の先行争いとなり、人気のソングラインはちょうど中団につけて直線へ。残り200mで先頭に立ったエルトンバローズに、アドマイヤハダル、ソングライン、シュネルマイスターらが襲い掛かり、最後は4頭が並んでゴール!写真判定の結果、ハナ差残した3歳馬エルトンバローズが1着。歴戦の古馬を撃破し、4連勝を決めました。3連単プレゼントは濱野さんのジャスティンカフェが7着、西村さんのソングラインが2着、田辺さんのアドマイヤハダルが4着となり、2着馬を指名した西村さんが勝者に!

さて、この日は残念ながら「朝のフルコース」は的中ナシとなったものの・・・あのベテラントラックマンがとっておきの穴馬情報を届けてくれました!

井川さんの後ろからひょっこり顔を出す、おちゃめな柳崇士トラックマン!この日は京都・東京の2場開催ということで、京都7レースの解説登場の際、少し時間に余裕があったので、競馬エイト紙面のコーナー「トラックマンのガチオシ!」でも紹介されていた、柳TMの推奨本命◉である京都8レース④オックスリップ(11番人気)について語ってもらったんですが・・・これが見事2着となり、勝った圧倒的1番人気⑰ケイデンシーマークとの組み合わせの馬連が6240円のヒットとなったんです!今後も各トラックマンがその日、もっともオススメしたい馬にうつ、◉の印には特に注目していただきたいと思います。

ちなみに、なぜ井川さんが一緒に写っているのかというと、個人的に東京メイン・毎日王冠で勝った⑥エルトンバローズの単勝と複勝馬券を購入していたから。柳TMからも「めでたいやん、一緒に撮ろう」と声をかけてもらってのツーショットとなりました。まさに写真通りの明るく親しみやすい柳TMへの応援コメントもお待ちしていま~す!!

次週、新京都競馬場で初のGⅠ開催!10月15日(日)の放送日は、京都で3歳牝馬三冠最終戦「秋華賞」(G1・芝2000)が行われます。春の桜花賞、オークスを制したリバティアイランドが牝馬三冠達成に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!