第1回阪神競馬6日目 お天気急変!!

3/10(日)の放送日は、阪神で「フィリーズレビュー」(G2・芝1400)、中山で「中山牝馬ステークス」(G3・芝1800)がそれぞれ行われました。三連単プレゼントは阪神メインのフィリーズレビューを予想。濱野さんがサウンドリアーナを、西村さんがサンブルエミューズを、田辺さんがサマリーズをそれぞれ指名しました。

今年のフィリーズレビューは確固たる本命馬不在の混戦ムード。2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズに出走していたサンブルエミューズ、サウンドリアーナ、メイショウマンボの3頭が人気を分け合いました。
レースは、全日本2歳優駿の勝ち馬サマリーズが先手を奪うも、直後にサンブルエミューズ、サウンドリアーナら有力馬がつけて激しい先行争いを展開。直線半ばで先頭がめまぐるしく入れ替わる中、残り100mで一気に外からやってきたメイショウマンボが、最後は1馬身以上の差をつけてゴール!桜花賞戦線はますます混戦模様となりました。三連単は、濱野さんのサウンドリアーナが7着、西村さんのサンブルエミューズが11着、田辺さんのサマリーズが16着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝者に。これで4連勝。

この日は本当にお天気がコロコロと変わる1日で、朝、競馬場に来るときには、コートを着てくると暑いくらいだったのに、帰る頃には真冬に戻ったように冷え込んでいました。

では、そんな1日を分かりやすく西村さんの写真で振り返ってみたいと思います。

朝、放送開始直前の西村さん。「いやぁ~、気持ちのいい朝やねぇ♪」とご機嫌のVサイン。そして、「上着なんて必要ないわ」と強気の発言が飛び出します!

しかし、お昼前になると、急に雨が勢いよく降り出して「寒いよ~」と慌ててコートまで着用。

そして、午後1時をまわった頃には、毛布まで使って完全防備を施していました。西村さん、朝の余裕はどこへやら。。。でも、ホント早く上着なしで放送終了まで乗り切れる気候になってほしいものです。

さて次週、3/17(日)の放送日は、阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!