「第5回阪神競馬8日目 平成最後の光景?」

2018年最後の放送となった12/23(日)は中山で豪華メンバーによる競馬の祭典「有馬記念」(G1・芝2500)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがキセキを、西村さんがレイデオロを、田辺さんの代理の青沼さんがパフォーマプロミスをそれぞれ指名。

ルメール騎手を背に3つめのGⅠタイトルを狙うレイデオロのほか、キセキ、ブラストワンピース、モズカッチャン、オジュウチョウサンと、人気と実力を兼ね備えたトップホースが集結した、平成最後となる有馬記念。

レースは小雨が降りしきる中でスタート。

障害王者オジュウチョウサンが前に出ると大歓声、外からミッキーロケット、キセキも競りかけて1番人気レイデオロはちょうど中団あたりを追走。

スタンド前でキセキが先頭に躍り出て、馬群は10馬身ほどにかたまった状態で進みます。

キセキが軽快に逃げ前半1000mを1分0秒8で通過。向正面でさらにリードを広げて2番手以下はほぼ一団で3コーナーカーブへ。

徐々にペースを上り、後続もスパートをかけて直線へ。3馬身のリードで直線に入ったキセキを、外からブラストワンピース、レイデオロらが猛追。

残り50mで先頭に立ったブラストワンピースがレイデオロを振り切ってゴールイン!!強い3歳世代がまたしても古馬の壁を打ち破りました。

3連単プレゼントは、濱野さんのキセキが5着、西村さんのレイデオロが2着、青沼さんのパフォーマプロミスが14着となり、2着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、有馬記念は3歳馬ブラストワンピースの勝利で幕を閉じました。

他にも芝のGⅠ挑戦で話題となったオジュウチョウサンも見せ場十分の9着と、平成最後の有馬記念はいろんな意味で面白いレースだったのではないでしょうか?

実は、この日のドラマティック競馬でも、おそらく“平成最後”というか、この先もないかも知れない珍しい光景を見ることができました。

お昼の「ラジオ馬券学講座」で、濱野さんと西村さんの間に挟まれているのは、田辺さんではなく、なんと青沼さん!

この日、田辺さんは高熱を出し、ドラマティック競馬を欠席。残念ながら2018年最後の放送で、予想を披露することはできませんでした。

復活は来年の放送となりますが、そのとき西村さんからどんなイジリを受けるのかも楽しみですね♪

ということで皆様、今年も1年間ドラマティック競馬をご愛聴いただきありがとうございました。良いお年をお迎えください。

また、2019年にお会いしましょう!

2019年一発目の放送となる1/6(日)は、京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が行われます。

この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!