ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 「第5回阪神競馬6日目 女性トラックマンがドラマティック競馬デビュー」

先週までとは一転、真冬の冷え込みとなった阪神競馬場。

12/9(日)の放送日は阪神で2歳チャンピオン決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」(G1・芝1600)がが行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがグランアレグリアを、西村さんがアドマイヤマーズを、田辺さんがマイネルサーパスをそれぞれ指名。

3戦無敗のアドマイヤマーズ、ファンタジストら強豪牡馬がひしめく中、圧倒的人気を集めたのは唯一の牝馬グランアレグリアでした。
レースはほぼ揃ったスタートから注目のグランアレグリアもスピードを生かし、好位の2番手へ。それをピッタリとマークするように2番人気のアドマイヤマーズが3番手、3番人気ファンタジストはちゅうど中団あたりを進みます。やや縦長の馬群で前半3ハロンを35秒3で通過。逃げるイッツクールに、2番手グランアレグリアは変わらず、後続も徐々に差を詰めて4コーナーカーブから直線へ。直線入口で早くも先頭に立とうとするグランアレグリアにアドマイヤマーズが並びかけて叩き合い。直線半ばで先頭に立ったアドマイヤマーズが内で粘るグランアレグリア、外から猛追するクリノガウディーを突き放してゴールイン!デビューから無傷の4連勝でのGⅠ制覇を成し遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのグランアレグリアが3着、西村さんのアドマイヤマーズが1着、田辺さんのマイネルサーパスが10着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、ハッピーウィーク最終日となったこの日、ドラマティック競馬でも恒例となった7文字クイズを実施しましたがお楽しみいただけたでしょうか?そんな2018年も終わろうとする中、レース解説などを担当してくださっている競馬エイトから新たなトラックマンがドラマティック競馬への初出演を果たしました。

この日の阪神7レースでドラマティック競馬デビューとなったのは「ミッキ」トラックマンです。競馬エイト紙面には半年ほど前から登場し、「見っ極めてV」という担当コラムを掲載中。

“クールビューティー”といった雰囲気のミッキTMですが、解説の方も初めてのラジオ出演にもかかわらず、とても落ち着いた話し方が印象的でした。これから出演を重ねて、おじさんトークの西村さんとどんな絡みを見せてくれるのかも楽しみですね♪

ついに今年の競馬もフィナーレ。12/23(日)の放送日は、中山でグランプリ「有馬記念」(G1・芝2500)が行われます。ファン投票1位のレイデオロら現役トップホースに加え、障害王オジュウチョウサンも参戦!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.