「第5回阪神競馬2日目 絶叫も納得の大ホームラン!!」

12月に突入し、舞台は阪神競馬場に。

12/2(日)の放送日は中京でダートの最強馬を決める一戦「チャンピオンズカップ」(G1・ダ1800)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがオメガパフュームを、西村さんがルヴァンスレーヴを、田辺さんがサンライズソアをそれぞれ指名。

海外から参戦のパヴェルなど、ダート界の強豪がひしめく中、断然の支持を集めたのは3歳馬ルヴァンスレーヴでした。

レースはややバラバラっとしたスタートとなり、注目のルヴァンスレーヴは、内からスッと好位のポジションをキープ。

最内のアンジュデジールが逃げ、直後にルヴァンスレーヴが追走、3番人気サンライズソアが5、6番手。

2番人気ケイティブレイブはちょうど中団あたりを進みます。

向正面で馬群は先頭からシンガリまで20馬身ほどの縦長となり、前半1000mを1分01秒9で通過。

3、4コーナーにかけて馬群が一気に縮まって直線の攻防へ。

最内でアンジュデジールが粘り込みをはかるところへ、すぐ後ろからルヴァンスレーヴが並びかけ、残り200mで先頭に立つとそのまま後続を寄せつけない完勝のゴールイン!

3歳にしてダート界の頂点に昇りつめました。

3連単プレゼントは、濱野さんのオメガパフュームが5着、西村さんのルヴァンスレーヴが1着、

田辺さんのサンライズソアが3着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、ダートの頂点に輝いたのは3歳馬のルヴァンスレーヴでした。

ステルヴィオ、アーモンドアイに続き、3週連続の3歳馬勝利で各方面で世代交代が起ころうとしている感じですね♪

実はこの日の放送席では、チャンピオンズカップでルヴァンスレーヴが直線で抜け出して勝利が確定的となったとき、

「ユウスケ、ユウスケ!」と連呼する声が響いていました。

このユウスケとは、藤岡佑介騎手の下の名前で、その声の主は競馬エイトの喜多村トラックマン。

普段は穏やか口調なのですが、力の入った場面で、時折絶叫することは番組出演者の中でもよく知られています。

ただ、今回はその理由も納得のものでした!!

笑顔の喜多村TMが持っているのは、「究極の1点勝負」の的中馬券。

藤岡佑介騎手のウェスタールンド(8番人気)が2着となり、ルヴァンスレーヴとのワイド②-⑫は、みごと的中!

これがなんと、9.3倍でその払戻しは4万6500円の大ホームラン!!

個人的にもウキウキするほど会心の的中だったようで、終始この笑顔でした。

次もぜひ、馬券プレゼントの機会にあの絶叫を聞かせてほしいものです!

次週、12/9(日)の放送日は、阪神で2歳女王を決める「阪神ジュベナイルフィリーズ」(G1・芝1600)が行われます。

ダノンファンタジー、シェーングランツ、クロノジェネシスら東西の輝ける才能が集う!

この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!