「第3回京都競馬12日目 ダービーが終わっても…」

5月最後の放送日となった5/22(日)は東京で3歳馬の頂点を決める競馬の祭典
「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われました。
濱野さんがリオンディーズを、西村さんがマカヒキを、
田辺さんがロードクエストをそれぞれ指名しました。

3強を破り、皐月賞馬となったディーマジェスティが1番人気、
サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズが僅差で続き、
4強状態の戦国ダービーとなりました。
レースはややばらけたスタートからマイネルハニーが前へ。
中団にサトノダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェスティが並んで、
4頭の中ではリオンディーズが最も後方の2、3番手を進みます。
前半を1分ちょうどで進み、4コーナーカーブから一気に馬群が凝縮して直線へ。
残り300mで先頭に立ったエアスピネルに並ぶようにして伸びてきた
マカヒキとサトノダイヤモンドの2頭が抜け出しての叩き合い。
互いに譲らず2頭並んだ状態でゴールイン!!
軍配は僅かにハナ差マカヒキに上がり、川田将雅騎手は悲願のダービージョッキーとなり、
3歳クラシック完全制覇を成し遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのリオンディーズが5着、西村さんのマカヒキが1着、
田辺さんのロードクエストが11着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日は日本ダービーの開催日ということでレーシングプログラムが変則となっておりまして。
ダービーの後にもレースが4つも残っている状態でした。
ドラマティック競馬の放送時間が終わっても残り3レースもあって、
競馬好きの出演者、スタッフはそれぞれ馬券を買って楽しんでおりました。
京都の最終レースが午後4時40分、さらに目黒記念が17時5分に終わって、こちらも撤収作業はほぼ終了。
それでもたくさんのお客さんが京都競馬場には残っていました。その理由というのが。。



京都競馬場で行われた馬場開放です。午後からは急に雨が降り出して、傘をささなければキツい状態ではありましたが、
ご家族連れの方など、たくさんのお客さんが待ちかねた様子で馬場を走ったり、写真撮影をしたりしておりました。
長いようで短かった上半期の京都開催もこの日ですべて終了で、次に戻ってくるのは10月。
次週から夏季開催に突入するので、この京都開催の馬場開放は季節の替わり目を実感する行事となってます。

次週から6月に突入し、舞台は阪神競馬場へ。
6/5(日)の放送日は、東京で春のマイル王決定戦「安田記念」(G1・芝1600)が行われます。
昨年の年度代表馬モーリスが連覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!

【阪神競馬場来賓席ご招待プレゼントのお知らせ】

ドラマティック競馬では定期的にリスナーの皆様を阪神競馬場の来賓席にご招待するプレゼントを実施しています。
今回、ご招待するのは6月12日(日)です。こちらに10組20名様をペアでご招待します。
この日の阪神競馬場では、秋の飛躍を目指す牝馬によるハンデキャップ重賞
「マーメイドステークス(G3)」が行われます。

観戦ご希望の方は、あなたのお名前、住所、年齢、電話番号をお書きの上、
〒552-8501 ラジオ大阪 OBCドラマティック競馬 
 来賓席希望と書いて、おハガキで送ってきてください。
 ご応募の締切は6月1日(水)必着です。

おしゃれな雰囲気の阪神競馬場来賓席で、ぜひ競馬観戦をお楽しみください。