「第3回京都競馬2日目 予想は常に攻めてます!」

舞台は京都競馬場に替わり、初夏を思わせる陽気となった4/24(日)の放送日。
この日は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインのマイラーズカップを予想。濱野さんがフィエロを、西村さんがネオスターダムを、
田辺さんがアルバートドックをそれぞれ指名しました。

レースは単騎で行く馬もおらず、前半は15頭が5~6馬身圏内の一団で進みます。
そのまま押し出されるように先頭に立ったサンライズメジャーがマイペースで逃げて勝負は直線へ。
粘るサンライズメジャーを交わしてクラレントが先頭に立つも、その内からクルーガー、外からはダノンシャークが交わして、
最後は2頭の叩き合い。僅かに内のクルーガーがクビ差先着のゴールイン!重賞初制覇を遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのフィエロが4着、西村さんのネオスターダムが13着、
田辺さんのアルバートドックが5着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝ってこれで4連勝。

さて、この日は朝のフルコースでしびれるような高配当のプレゼント馬券が飛び出しました~!!
その主役となった競馬エイトトラックマンはこの人!!


大きな仕事をしたにもかかわらず、ポーズはちょっと控え目な増井トラックマンです。
「WIN5のキモ」を担当した増井TMは京都メインのマイラーズカップを選択。
本命に①ダノンシャーク(5番人気)を選び、単勝と馬連で手広く流した馬券で勝負しました。
相手にも②クルーガーをしっかりと押さえて、この馬連がなんと66.4倍の配当。
500円持ちだったので払戻しの金額はなんと、なんと33200円!!
あまり喜びを表に出すタイプではない増井TMですが、予想は常に攻めの姿勢で、
人気に関係なく本命馬を選ぶスタイルも「WINのキモ」のコーナーにぴったりかもしれませんね♪

次週から5月に突入。5/1(日)の放送日は京都で伝統の一戦「天皇賞(春)」(G1・芝3200)が行われます。
昨年のグランプリホース・ゴールドアクターなど、有馬記念を盛り上げた再びメンバーが集結!
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!