「第3回阪神競馬4日目 さすがミスター・究極の1点勝負!!」

午前中は曇り空だったものの、午後からは気温もグングン上昇。
6/14(日)の放送日は、阪神で「マーメイドステークス」(G3・芝2000)、
東京で「エプソムカップ」(G3・芝1800)が行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのマーメイドステークスを予想。
濱野さんがグレイスフラワーを、西村さんがイリュミナンスを、
田辺さんがアドマイヤギャランをそれぞれ指名。

レースは、リラヴァティが先手を奪い、直後にウインプリメーラがつけるも、馬群は最後方までほぼ一団。
4コーナーにかけて有力各馬が徐々にポジションを上げ、直線の攻防へ。
内で粘りこみを図るウインプリメーラを、馬場の真ん中から抜けてきたマリアライトが差し切り先頭に立ったところに、
外から飛んできたシャトーブランシュが一気に交わしてゴールイン!!重賞初制覇を飾りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのグレイスフラワーが13着、西村さんのイリュミナンスが6着、
田辺さんのアドマイヤギャランが16着となり、最先着馬を指名した西村さんが今週も勝って4連勝。

さて、この日は先週に続き、通常の「朝のフルコース」に加え、7レース以降の各レースで
担当の競馬エイトトラックマンが1点勝負を敢行する「究極の1点勝負 6連発」を実施しました。
まず、5レースでは、通常の朝のフルコース名物コーナー「クラシックへの道」で鈴木由希子TMが
馬連⑤-⑥(3.2倍)を3000円の大本線でゲット!9600円の払い戻しという好スタートを切りました。
しかし、その後は1頭は来てももう1頭が、というもどかしいレースが続き、メインレースまで的中なしという状況に。
このまま終わってしまうのか~という危機を見事に救ってくれたのがこの方!!

「究極の1点勝負」を最も知る男といっても過言ではないでしょう!門口TMです。
ただ、通常の「究極の1点勝負」はレース選択が可能ですが、今回は強制的に担当レースが選ばれるので、
かなり悩まれたようです。なにしろ、毎年大混戦のマーメイドステークスですから。

しかし、その開き直りが功を奏したのか、いつもとは違う枠連という式別で勝負した門口TM。
これがなんと枠連1-6的中しました。
そして驚くべきはその払い戻し額。枠連12倍の配当でなんと、なんと60,000円!!!
5000円の1点勝負だけに、やはり当たれば大きいですね♪
写真の門口TMもいつもより、さらに笑顔な気がします。

この門口TMの大ホームランで、今回の「究極の1点勝負 6連発」も大成功の結果に。
2週にわたり、頭をひねって予想頂いた競馬エイトトラックマンの皆様、本当にありがとうございました!
そして、リスナーの方々もご満足頂けたでしょうか?ご感想お待ちしておりま~す!!
さて、次週6/21(日)の放送日は、東京で「ユニコーンステークス」(G3・ダ1600)、
函館で「函館スプリントステークス」(G3・芝1200)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!