「第2回京都競馬8日目 単勝でズドーン!!」

2回京都開催もいよいよ最終日。2/22(日)の放送日は、
東京で今年最初のGⅠとなる「フェブラリーステークス」(G1・ダ1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがカゼノコを、西村さんがコパノリッキーを、田辺さんがレッドアルヴィスを
それぞれ指名しました。
昨年は最低人気でこのレースを制したコパノリッキーが今年は大本命として
史上初となるフェブラリーステークス連覇を狙います。
レースは、逃げると思われたコーリンベリーが大きく出遅れる波乱ムードでスタート。
押し出されるようにアドマイヤロイヤルがハナに立ち、コパノリッキーは2番手で、
先団は10頭ほどがひと塊で進みます。
その後も馬群はほぼ一団で4コーナーをカーブし、直線へ。
満を持して先頭に立ったコパノリッキーに後続が襲い掛かるも、そこから手応え十分でさらに加速。
最後はインカンテーション、ベストウォーリアらが差を詰めるも、コパノリッキーが押し切ってゴールイン!!
史上初となるフェブラリーステークス連覇を成し遂げました。
3連単プレゼントは、濱野さんのカゼノコが8着、西村さんのコパノリッキーが1着、田辺さんのレッドアルヴィスが14着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、この日は2ヶ月続いた京都開催の最終日。久々に朝のフルコースが爆発しました!!
そのトップバッターとして大役を果たしたのが穴馬スナイパー・田辺大介さん。
京都5レースはいつものワイド作戦ではなく、単勝1点での勝負となりました。

⑧ウォーターラボ(4番人気)がその期待に応えて?
最後の100mで一気に伸びてきた瞬間にはラジオブース内も大騒ぎ。
「差せ、差せ、差せ!」という声が響き渡っていました。そして見事に勝利し配当は6.9倍で、
なんとなんと払い戻しは3万4500円に!!
しかし、単勝勝負というのは分かりやすいうえに勝ったときの爽快感がたまらないですね♪
そして、それだけでは終わらなかったのがこの日。

6レースでは「クラシックへ道」担当の鈴木由希子トラックマンが馬連を本線的中で13950円の払い戻し、
GⅠフェブラリーステークスでは「僕の苦労はいつ実る?」の青沼さんが
今年初当たりとなるワイド馬券で7800円をゲット!!
なんと総払い戻し額で5万円を超えるプレゼント馬券大成功となりました。
みなさん、次の阪神開催でも期待してくださ~い♪
次週から舞台は阪神競馬場へ。3/1(日)の放送日は、阪神で「阪急杯」(G3・芝1400)、
中山で「中山記念」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!