「第1回京都競馬7日目 今年は期待してください!!」

好天に恵まれた1/18(日)の放送日は、京都で「日経新春杯」(G2・芝2400)、中山で「京成杯」(G3・芝2000)がそれぞれ行われました。3連単プレゼントは京都メインの日経新春杯を予想。

濱野さんがハギノハイブリッドを、西村さんがタマモベストプレイを、田辺さんがアドマイヤデウスを
それぞれ指名しました。

今年の日経新春杯は上位10頭までが単勝20倍以下という大混戦。1番人気にはこのレース連覇を狙うサトノノブレスが支持されました。
レースは、メイショウサミットがハナを奪い、2~3馬身引き離して逃げるも、2番手以下はほぼ一団。
4コーナーカーブから2番手集団がメイショウサミットを捕らえると一気に各馬もスパートを開始。直線横一列の叩き合いが繰り広げられる中、ただ1頭最内から伸びてきたアドマイヤデウスが、外から猛追するフーラブライドの追撃を振り切って1着でゴールイン!!
昨年の日本ダービー以来の出走となる明け4歳馬が重賞初制覇を果たしました。
3連単プレゼントは、濱野さんのハギノハイブリッドが6着、西村さんのタマモベストプレイが7着、田辺さんのアドマイヤデウスが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、日経新春杯は半年以上ぶりの出走となったアドマイヤデウスが勝利したのですが、ドラマティック競馬でも
半年以上の期間を経て、久々の馬券プレゼントに成功した人がいました。

「久々に三宅馬券をプレゼント~!!」ということで、今年から新しくなった黄金のプレゼントBOXから馬券を引く抜く仕草を見せる三宅さん。新年初、しかも1月中にプレゼントを成功できて本当に喜んでいました。

日経新春杯では3着となった⑥アドマイヤフライト(7番人気)から手広く流してワイド馬券⑤-⑥(23.6倍)を
的中させた三宅さん。ちょこちょこ馬券を当てていたイメージはあったのですが、プレゼント担当週にヒットさせたのは昨年のユニコーンステークス以来のようですね。

「今年はもっとプレゼント馬券の精度を上げたい」と語ってくれた三宅さん。今後の活躍に期待してください。

次週、1/25(日)の放送日は、中山で「アメリカジョッキークラブカップ」(G2・芝2200)、
中京で「東海ステークス」(G2・ダ1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!