ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 「第1回京都競馬2日目 新年の幕開けは華やかに!」

みなさま、明けましておめでとうございます!2019年もドラマティック競馬をよろしくお願いいたします。

新年最初の放送となった1/6(日)は京都で「シンザン記念」(G3・芝1600)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがハッピーアワーを、西村さんがアントリューズを、田辺さんがヴァルディゼールをそれぞれ指名。

レースは大外のコパノマーティンが好スタートからハナを主張。内からはゴータイミング、ニホンピロヘンソンらが追走し、1番人気に推されたアントリューズ、2番人気ミッキーブリランテはちょうど中団あたりを進みます。前半3ハロンを34秒7で通過。最後方のミヤケまで10馬身圏内と、12頭一団で3、4コーナーをカーブし、勝負は直線へ。逃げたコパノマーティンが残り300mで一杯になると、真ん中からミッキーブリランテ、内からヴァルディゼール、外からはマイネルフラップが強襲し、3頭の叩き合い。最後は内からもうひと伸びを見せたヴァルディゼールが突き放してゴールイン!デビューから無傷の2連勝で3歳世代最初の重賞勝ち馬となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのハッピーアワーが5着、西村さんのアントリューズが8着、田辺さんのヴァルディゼールが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、冒頭でも書きましたが、この日が2019年となって最初のドラマティック競馬の放送日。近年は恒例になりつつあるのですが、毎年シンザン記念が行われる週には、放送席にスペシャルゲストをお迎えしています!

西村さんの両脇で微笑むのは、シンザン記念のプレゼンターを務めるため、北海道の浦河町から来場された「ミスシンザン」のお二人、澤田悠さん(左)と上田好美さん(右)です。西村さんの笑顔からもお分かりいただけると思いますが、出演者・スタッフ含め8割以上が男性という環境なので、お二人の登場により一気に華やかな雰囲気になりました♪

毎年、ミスシンザンの女性は変わっていますが、ここ5年ほどは続けてお昼の時間帯にドラマティック競馬に出演。

晴れやかな気持ちで新年の放送を迎えられるのは、ミスシンザンのお力が大きいと感じる次第です。

このままのモチベーションを維持して2019年も駆け抜けたいと思いますので、今後もご愛聴よろしくお願いします!

次週、1/13(日)は、京都で「日経新春杯」(G2・芝2400)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.