第4回京都競馬7日目 奇跡が起きました!!

季節外れの大型台風の影響により、京都競馬場も大雨の泥んこ馬場に。10/22(日)の放送日は京都で「菊花賞」(G1・芝300)が行われました。

3連単プレゼントは濱野さんがキセキを、西村さんがアルアインを、
田辺さんがトリコロールブルーをそれぞれ指名しました。

過去に前例がないほどの不良馬場で行われることとなった、第78回菊花賞。1番人気には皐月賞馬アルアインを押し退け、上がり馬のキセキが支持されました。
レースはプラチナヴォイスが大きく出遅れたものの他17頭はほぼ揃ったスタート。ウインガナルド、アダムバローズらが前に行く構えをみせるも、大外のマイスタイルが先頭に立って正面スタンド前を通過。皐月賞馬アルアインはちょうど中団、キセキはそれをみるようにやや後方を進みます。最初の1000mをおよそ1分4秒で通過し、先頭からシンガリまで20馬身ほど。向正面で逃げていたマイスタルが早くも失速し、馬群が一気に凝縮し、先頭集団は10頭ほどがひと塊りの状態。後方のキセキも進出を開始し、めまぐるしく先頭が入れ替わる中、各馬内を避け、外に大きく膨れて直線の攻防へ。先頭に立ったダンビュライトにクリンチャーが並びかけ、その後ろからはミッキースワロー、キセキが迫り、残り200m。そこからキセキがさらに加速し、リードを1馬身、2馬身と広げて、ゴールイン!!鞍上のミルコ・デムーロ騎手は今年4つ目のGⅠ制覇を飾るとともに、さらに牡馬クラシック完全制覇を成し遂げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのキセキが1着、西村さんのアルアインが7着 、
田辺さんのトリコロールブルーが15着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って3連勝。

さて、キセキが力強い勝ちっぷりでラスト一冠を制した菊花賞。おそらく荒れるのでは・・・と思いつつも、結果を知っている今でも難しいなぁと痛感させられるレースでありました。しかし、番組はこの難解な菊花賞で、‟奇跡”というべき超高配当馬券のプレゼントに成功したのです!!

④クリンチャー(10番人気)からのワイド10頭流し。人気の⑬キセキ(1番人気)との組み合わせの④-⑬で18650円の払戻しで、普段ならこれでも充分な大当たりなんですが・・・なんと!クリンチャーよりも人気薄の⑭ポポカテペトル(13番人気)との組み合わせまで的中させ、これが61800円という驚愕の払戻し!合計払戻し総額は、なんと、なんと!80450円!!では、この日のスーパーヒーローに登場していただきましょう♪

「君にひとめぼれ」でおなじみ、三宅きみひとアナウンサーです!先週までで3連勝と、この秋絶好調モードだったんですが、今週自身初の4連勝、そして、もちろんプレゼント馬券での自己最高払戻しを更新という‟奇跡”を起こしてくれました!馬券担当アナウンサー同士での対決では、勝ち星では青沼さんに大きく差をつけられていた三宅さんですが、今回の一発で払戻し額の面ではかなり巻き返しに成功したのはないでしょうか!はたして5連勝はなるのか?次週も三宅さんの予想に注目ですよ♪

次週は府中で行われる伝統の一戦。10/29(日)は東京で「天皇賞(秋)」(G1・芝2000)が行われます。キタサンブラックが今年3つ目のGⅠ制覇に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!