「第3回阪神競馬8日目 しばらく関西とお別れです」

初夏の阪神開催もいよいよ最終日。
6/28(日)の放送日は、阪神で上半期を締めくくるサマーグランプリ「宝塚記念」
(G1・芝2200)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがワンアンドオンリーを、西村さんがゴールドシップを、
田辺さんがレッドデイヴィスをそれぞれ指名。
ファン投票により選ばれた人気と実力を兼ね備えたスターホースの競演・宝塚記念。
なかでも断トツの支持を集めたのは、史上初の宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップでした。
レースは、なんとゴールドシップがゲートで立ち上がり、大きく出遅れる波乱の展開。場内がざわめく中、
先頭に立ったのはレッドデイヴィスで、直後にラブリーデイがつけて、先行集団はほぼ一団で進みます。
残り800mを過ぎて後方のゴールドシップも徐々に進出するも、各馬もペースを上げて、直線の攻防へ。
逃げるレッドデイヴィスを坂の登りで捕えたラブリーデイが抜け出し、グングンと後続を引き離すところへ、
外から飛んできたのは同じ勝負服のデニムアンドルビー。
最後はクビ差残したラブリーデイが1着でゴールイン!!
今年重賞3勝を挙げた新鋭が勢いをそのままにビッグタイトル獲得となりました。
3連単プレゼントは、濱野さんのワンアンドオンリーが11着、西村さんのゴールドシップが15着、
田辺さんのレッドデイヴィスが7着となり、最先着馬を指名した田辺さんが勝者に。

さて、冒頭でお伝えした通り、今週で阪神競馬も終了。そして本格的な夏競馬に入るため、
ドラマティック競馬もこの後は中京、小倉への出張競馬中継となります。
同時に関西の競馬場とはしばらくの間お別れ。。
撤収作業も忘れ物はないか、いつもより入念に行って時間は5時過ぎ。
放送席から競馬場を見ると、馬場解放が行われていました。

宝塚記念の熱気が冷めやらぬなか、阪神の12Rが終わると、少しずつ人が集まって、あっという間に長蛇の列が。。
やはり、GⅠ、それもドリームレース・宝塚記念の日ということで人の数がすごい!!
馬場の状態を確かめる人、中央の大きなターフビジョンに自身の顔が映し出され驚く人、
設置された本当のゲートをくぐる人など、さまざまな形で馬場解放を楽しんでいて、
遠くから見ているぼくも楽しい気分になりました。
そして、しばらくこの景色ともお別れかと思うと、少しだけ寂しくもあり。。
まぁ、どこへ行ってもドラマティック競馬はラジオを聴かれる皆様には、
その場にいるような迫力ある中継をお届けしますので、
夏競馬の期間も変わらずよろしくお願いします!

さて、次週からは中京競馬場への出張競馬中継がスタート。
7/5(日)の放送日は、中京で「CBC賞」(G3・芝1200)、
福島で「ラジオNIKKEI賞」(G3・芝1800)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!