「第2回京都競馬2日目 新記録達成!」

時折、粉雪が舞う寒い1日となった京都競馬場。2/1(日)の放送日は、京都で「シルクロードステークス」
(G3・芝1200)、東京で「根岸ステークス」(G2・ダ1400)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインのシルクロードステークスを予想。
濱野さんがベステゲシェンクを、西村さんがエイシンブルズアイを、田辺さんがカオスモスをそれぞれ指名しました。
春のスプリント王決定戦・高松宮記念の重要なステップレースとなるシルクロードステークス。
今年はエイシンブルズアイ、アンバルブライベン、サドンストームと、前走、淀短距離ステークスの上位馬が
人気を集めました。レースは、ポーンと好発を決めたアンバルブライベンが逃げる形。
それでも各馬の位置取りに差はなく、先頭からシンガリまでは10馬身圏内の一団で進みます。
前半の3ハロンを33.9秒で通過し、レースは直線の攻防へ。最内を通って逃げるアンバルブライベンに、
後続が迫るも最後まで差は縮まらず、半馬身ほどのリードを保って重賞2勝目となるゴールイン!
スプリント路線の主役に名乗りを挙げました。
3連単プレゼントは、濱野さんのベステゲシェンクが4着、西村さんのエイシンブルズアイが9着、
田辺さんのカオスモスが13着となり、最先着馬を指名した濱野さんが勝者に。

さて、この日の京都競馬場ではキングカメハメハ産駒が大爆発!2、4、5、6、7、9レースを勝って、6勝を挙げ、
サンデーサイレンス産駒が持つ同一競馬場における1日の産駒最多勝利の記録に並びます。
そして10レースでアドマイヤスピカ、ヤマニンボワラクテというキンカメ産駒2頭がワンツーを決める劇的勝利で
新記録を達成!



競馬エイトでは増井トラックマンが見事に◎本命、○対抗の印でズバリ的中!!
これが2、3番人気の組み合わせながら馬連で21.5倍の好配当。
放送内でも9レースの前からキンカメ産駒の連勝をお伝えしていたので、流れに乗ってオイシイ思いをした方もいるのではないでしょうか?
そして、ドラマティック競馬でもキンカメ産駒ほどではないですが、連勝という意味での記録が生まれました!



朝のフルコース「君にひとめぼれ」でシルクロードステークスの③アンバルブライベンを本命にし、
②サドンストームとの馬連②-③(16.2倍)を1000円的中させた三宅さん!
そういえば、過去何戦か同じレースに出ていた⑬ホウライアキコを本命にして
(もはや、ひとめぼれではなく、ぞっこん!?)
結果が出ていませんでしたよね。心変わりが功を奏す結果になったようですなぁ♪

とにかく、先々週の日経新春杯に続く、今年2勝目を挙げた三宅さん。
しかも、隔週担当なので、プレゼント馬券は実質の連勝達成ですね!
早くも今年2勝目、2連勝という意味のVサインで記念撮影となりました。
さて次週、2/8(日)の放送日は、京都で「きさらぎ賞」(G3・芝1800)、
東京で「東京新聞杯」(G3・芝1600)がそれぞれ行われます。
この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。
それでは皆さん、お聴き逃しなく!