ドラマティック競馬日記

第3回京都競馬2日目 新緑の京都開催スタート!

2018/04/24 火曜日 - 10:51:40 by ドラマティック競馬AD竹内

今週から舞台は京都競馬場に。4/22(日)の放送日は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは京都メインのマイラーズカップを予想。濱野さんがロジクライを、西村さんがエアスピネルを、田辺さんがブラックムーンを指名しました。
レースはほぼ揃ったスタートから3番人気のロジクライがハナを主張。2番人気モズアスコットは好位の3、4番手で、1番人気のエアスピネルはちょうど中団を進みます。前半3ハロンを33秒9で通過。坂の下りで一気に隊列がひと塊りとなって、逃げるロジクライにモズアスコットが並びかけて直線へ。直線入口で先頭に立ったモズアスコットに、馬場の真ん中からエアスピネル、その外からはサングレーザーが猛追。ラスト50mで2頭をまとめて差し切ったサングレーザーが快勝のゴールイン!!GⅠ制覇に向け、好発進を決めました。
3連単プレゼントは、濱野さんのロジクライが7着、西村さんのエアスピネルが3着 、
田辺さんのブラックムーンが9着となり、3着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、冒頭で書いたように今週から京都開催に突入しました。先週までとは打って変わって汗ばむような陽気に包まれ、本格的な競馬シーズン到来という感じ!

馬場もこの通り、芝は緑のじゅうたんです!目にも鮮やかなこの緑色を見ているだけで、ワクワクしますね♪実際に走っている馬たちも気持ち良さそう。馬券も買えば買うだけ当たるような気がしたんですが・・・気がつけばいつも以上に負けている(※個人的な問題です)。とにかく、最高の環境で競馬が楽しめるこの時期の京都競馬場。こども施設も充実しているので、家族で競馬観戦に出かけてみてはいかがでしょうか?
次週はいよいよ春の京都最大のビッグレース!4/29(日)は京都で「天皇賞(春)」(G1・芝3200が行われます。実績ナンバーワンのシュヴァルグランに、上昇著しいクリンチャー、ガンコなどが挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月22日の放送予定

2018/04/18 水曜日 - 15:01:15 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月22日の放送内容(予定)
①中継レース
京都競馬場 1R~12R
東京競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 津田トラックマン
4R 増井トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 津田トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・津田トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
斉藤弘樹
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回阪神競馬8日目 嫉妬するほどの大ホームラン!!

- 10:42:47 by ドラマティック競馬AD竹内

前日からの雨で冷え込んだ阪神競馬場。4/15(日)の放送日は中山で牡馬クラシック第1弾「皐月賞」(G1・芝2000)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがジャンダルムを、西村さんがワグネリアンを、田辺さんがオウケンムーンを指名しました。
大本命といわれたダノンプレミアムの回避により、一気に戦国模様となった第78回皐月賞。ともにダノンプレミアムにしか先着を許していないワグネリアン、ステルヴィオの2頭が人気を分け合いました。
レースはグレイルがやや立ち遅れる中、好スタートを切ったジェネラーレウーノに、アイトーン、ジュンヴァルロが競りかけ、3頭がグングン飛ばして先団を形成。そこから10馬身ほど離れた馬群はひと塊りでワグネリアン、ステルヴィオは後方を進みます。前3頭の競り合いは続き1000mを59秒2で通過。3、4コーナー入っても依然として後続との差は10馬身以上、アイトーンが先頭で直線へ。残り200mで失速したアイトーンをジェネラーレウーノが捕らえると、そこへ矢のような末脚で迫るのがエポカドーロ。並ぶ間もなく差し切ると1馬身、2馬身と抜け出してゴールイン!!新種牡馬オルフェーヴルの産駒から早くもクラシックホースが誕生しました。
3連単プレゼントは、濱野さんのジャンダルムが9着、西村さんのワグネリアンが7着 、
田辺さんのオウケンムーンが12着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、今週の「朝のフルコース」は、競馬エイトのトラックマンが大活躍!まずは、コチラの写真をご覧ください。

馬券を的中させたのは「クラシックへの道」の津田トラックマンと「WINのキモ」の竹下トラックマン。ここで、お二人の表情が全く違う点にご注目ください!満面の笑みの津田TMに対し、居心地の悪そうな竹下TM。
この日、竹下TMは阪神10Rで⑬ナイトオブナイツの単勝2000円、複勝3000円を見事に的中させ、合計18700円の払戻しをゲット!番組的にはヒーローといっていい大活躍だったのですが・・・
皐月賞の津田TMは⑭サンリヴァル(9番人気)を本命に、10頭への三連複流しを敢行!これが⑦エポカドーロ(7番人気)と⑩ジェネラーレウーノ(8番人気)の組み合わせ、⑦⑩⑭で的中し、配当はなんとなんと5万3410円!!
実は写真撮影時、竹下TMは「一緒に写りたくないわ~・・・」とつぶやいており、苦い表情の理由も大万馬券をゲットした津田TMと比べられるのが嫌だったようです。やはり馬券のプロとしてプライド的なものがあるのでしょうか?とにかく、お二人の大活躍により、プレゼント馬券は7万円を超えるビッグボーナスとなりました。来週以降も、ご期待ください!
次週から舞台は京都競馬場に。4/22(日)は京都で「マイラーズカップ」(G2・芝1600)、東京で「フローラステークス」(G2・芝2000)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月15日の放送予定

2018/04/11 水曜日 - 15:16:15 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月15日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 竹下トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 明木トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・竹下トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回阪神競馬6日目 四半世紀に突入です!

- 10:57:40 by ドラマティック競馬AD竹内

好天に恵まれたものの、3月に逆戻りしたような冷え込みとなった阪神競馬場。4/8(日)の放送日は阪神で牝馬クラシック第1弾「桜花賞(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがラッキーライラックを、西村さんがアーモンドアイを、田辺さんがトーセンブレスを指名しました。
昨年暮れの鑑真ジュベナイルフィリーズを含む4戦無敗のラッキーライラックが単勝1.8倍の圧倒的支持を集めました。
レースはプリモシーンがやや出遅れたものの、ほか17頭は揃ったスタート。1番枠から絶好のスタートを切ったラッキーライラックは好位の3番手、3番人気リリーノブルはちょうど中団あたり、2番人気アーモンドアイは後方2番手と有力馬がそれぞれの位置取りを進みます。前半3ハロンを34秒5で通過し、徐々にペースが上がって3、4コーナーをカーブし直線へ。逃げるツヅミモンを残り200mで捕らえたラッキーライラックが先頭に。そのまま押し切るかと思いきや馬場の真ん中からアーモンドアイが飛んできて、並ぶ間もなく交わしてリードをグングン広げてゴールイン!!桜花賞レコードを更新する驚異的な末脚で桜の女王に輝きました。
3連単プレゼントは、濱野さんのラッキーライラックが2着、西村さんのアーモンドアイが1着 、
田辺さんのトーセンブレスが4着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。
さて、歴史的名牝の誕生を予感させるアーモンドアイの勝利で幕を閉じた第78回桜花賞ですが・・・実は毎年桜花賞の週はドラマティック競馬にとっても特別な日になっているんです!

コチラは毎年、「桜花賞の日のネタに」と、濱野さんが持参している番組用の告知チラシのコピー。上の方に濱野さんが赤字で書いている「1994年4月10日」にドラマティック競馬の放送はスタート!この日で25年目、四半世紀に突入しました。番組当初からの出演者は、総合司会の西村さんと、実況の濱野さんのみ。お二人の顔もずいぶん変わって、歴史を感じますね♪そして、桜花賞の日にはもう一つ、毎年新たな歴史が生まれるのですが・・・

濱野さんといえば、「実況界のミスター桜花賞」。青葉が芽吹き出した枝垂桜の下で記念撮影!ちなみに濱野さんの指が3本と、4本になっていることにご注目ください。この日で自身が持つ桜花賞実況の連続記録を34年に更新しました。思い出を挙げたらキリがないでしょうが、今後もその記録を40年、50年と伸ばしていただきたいと思います。
と、いうことで新しい1年を踏み出した、濱野さんとドラマティック競馬を、今後ともよろしくお願いします!
次週で2ヵ月続いた阪神開催も終了。4/15(日)は中山で「皐月賞」(G1・芝2000)が行われます。ダノンプレミアムの回避で一気に混戦となった牡馬のクラシック、果たして制するのは!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月8日の放送予定

2018/04/04 水曜日 - 14:53:08 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月8日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
福島競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 増井トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 喜多村トラックマン
6R 門口トラックマン、7R 藤岡トラックマン
8R 増井トラックマン、9R 津田トラックマン
10R 喜多村トラックマン、11R 門口トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・増井トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・門口トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
山口大輝記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回阪神競馬4日目 最初のGⅠは豪華ランチで

2018/04/02 月曜日 - 14:47:47 by ドラマティック競馬AD竹内

4月に突入し、好天に恵まれた阪神競馬場。4/1(日)の放送日は阪神でGⅠ昇格2年目となる「大阪杯」(G1・芝2000)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがアルアインを、西村さんがサトノダイヤモンドを、田辺さんがペルシアンナイトを指名しました。
前日のドバイへの出走馬も多かったものの、5頭のGⅠ馬が参戦。昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード、皐月賞馬アルアインの4歳世代、GⅠ2勝のサトノダイヤモンドら3頭が人気を分け合いました。
レースはほぼ揃ったスタートから予想通りヤマカツライデンが逃げる形。サトノダイヤモンドは好位の5、6番手、それをマークするようにアルアイン、スワーヴリチャードは後方2番手を進みます。前半1000mは1分1秒1のスロー通過となり、馬群はほぼ一団。目まぐるしく隊列が入れ替わり、3コーナー手前でスワーヴリチャードが早くも先頭に。最内に進路をとったスワーヴリチャードにアルアイン、ペルシアンナイトが猛追。しかし、差はジリジリとしか詰まらず、そのままスワーヴリチャードが押し切ってゴールイン!!4歳世代屈指の実力馬が悲願のGⅠ初制覇を果たしました。
3連単プレゼントは、濱野さんのアルアインが3着、西村さんのサトノダイヤモンドが7着 、
田辺さんのペルシアンナイトが2着となり、2着馬を指名した田辺さんが勝者に。
さて、冒頭でも書いたようにこの日はGⅠ昇格2年目となる大阪杯が開催。満開の桜のもと、関西圏で行われる最初のGⅠということもあり、開門前からたくさんのお客さんの姿が詰めかけました。
そして、この日は競馬中継を行う我々にとってもうれしい出来事が・・・!

JRAさんから放送関係者に振る舞われたお弁当です!春らしい桜柄の風呂敷を開けると、この通り二段重になっていて、おかずも盛り沢山♪大阪杯ということでたこ焼きや串カツなども入っています。箱自体もしっかりしたプラスチック製なので今後もお弁当入れなどに使うことも可能ということで、ぼくも記念に持ち帰らせてもらいました。大阪杯のレースも盛り上がり、大満足の1日でありました!
次週も阪神でのGⅠ開催。4/8(日)は阪神で「桜花賞」(G1・芝1600)が行われます。ラッキーライラックが無敗の桜花賞制に挑む!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週4月1日の放送予定

2018/03/28 水曜日 - 14:14:39 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:武田英子
解  説  :競馬エイトトラックマン

4月1日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R ショータトラックマン
4R 増井トラックマン、5R 津田トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 西尾トラックマン
8R 藤岡トラックマン、9R 増井トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「君にひとめぼれ」・・・三宅きみひと
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・ショータトラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・増井トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報

○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp

第2回阪神競馬2日目 阪神の桜はいつに?

2018/03/27 火曜日 - 13:51:00 by ドラマティック競馬AD竹内

2回阪神開催に突入。好天に恵まれた3/25(日)の放送日は中京で春のスプリント王を決める「高松宮記念」(G1・芝1200)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがファインニードルを、西村さんがレッドファルクスを、田辺さんがシャイニングレイを指名しました。
香港から参戦の外国馬1頭を迎えた18頭で争われた春のスプリント王決定戦、第48回高松宮記念。昨年の最優秀短距離馬レッドファルクスが3つ目のGⅠタイトルに挑みました。
レースは最内枠を引いた昨年の勝ち馬セイウンコウセイが逃げる形。2番人気ファインニードルはちょうど中団あたり、1番人気レッドファルクスは後方2番手を進みます。3コーナーカーブから各馬が動き出し、前半3ハロンを33秒3で通過。直線に入ると、逃げるセイウンコウセイを内からレッツゴードンキが交わして先頭に。横一列に広がった馬群の外目からファインニードルが伸びてきて、レッツゴードンキに迫り、ほぼ並んでゴールイン!!ハナ差でファインニードルに軍配が上がり、GⅠ初制覇を果たしました。
3連単プレゼントは、濱野さんのファインニードルが1着、西村さんのレッドファルクスが8着 、
田辺さんのシャイニングレイが12着となり、1着馬を指名した濱野さんが勝って、連勝。
さて、GⅠ開催となったこの日、モニターから高松宮記念を見ていると、中京競馬場の桜が綺麗に咲いている様子が映し出されていました。さらに、マーチステークスの行われた中山競馬場もほぼ満開といった感じ。一方、我々が中継を行っている阪神競馬場の桜は向正面の一部が少し色付いている程度でした。そんな少し寂しい気持ちで帰っていると・・・

ありました!コチラは阪神競馬場通用門付近にある枝垂桜(しだれざくら)です。濱野さんによると、品種が違うため、阪神コース内の桜より1、2週間早く咲くんだそうです。つまり、競馬場内の桜は来週の大阪杯、桜花賞の辺りで満開を迎える予定とのこと。GⅠの盛り上がりに向けて、桜自身も咲く時期をコントロールしているような感じじゃないですか♪みなさんも来週辺り、花見をかねた競馬観戦に訪れてはいかがでしょうか?
次週から4月に突入。4/1(日)は阪神で「大阪杯」(G1・芝2000)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

今週3月25日の放送予定

2018/03/22 木曜日 - 14:41:34 by ドラマティック競馬AD竹内

総合司会  :西村寿一
実  況  :濱野圭司、青沼稔、三宅きみひと
アシスタント:井川茉代
解  説  :競馬エイトトラックマン

3月25日の放送内容(予定)
①中継レース
阪神競馬場 1R~12R
中山競馬場 9R~12R
中京競馬場 9R~12R

②本場レース解説
2R 高橋トラックマン、3R 坂本トラックマン
4R 津田トラックマン、5R 竹下トラックマン
6R 喜多村トラックマン、7R 仲トラックマン
8R 坂本トラックマン、9R 藤岡トラックマン
10R 津田トラックマン、11R 喜多村トラックマン
12R 柳トラックマン

③朝のフルコース
●「僕の苦労はいつ実る?」・・・青沼稔
●「穴馬狙い撃ち」・・・田辺大介
●「WIN5のキモ」・・・坂本トラックマン
●「2018年 クラシックへの道」・・・津田トラックマン
●「究極の1点勝負」・・・喜多村トラックマン

※朝のフルコースとは・・・OBCドラマティック競馬の午前の名物コーナー。
競馬エイトのトラックマン、番組出演者らがそれぞれ5,000円の軍資金でレースを大予想。
当たり馬券はリスナーにプレゼント!詳しくは番組ホームページでご確認下さい。

④サンスポ特選情報
川端亮平記者
○番組メールアドレス:keiba@obc1314.co.jp