• 8月の「寛太郎とたかおのツレビキ!」は…

    2020年8月7日 - 2:54 PM by 藤川 貴央

    人形浄瑠璃文楽座 三味線奏者の鶴澤寛太郎さんと「ツレ」ならではの空気感でお届けしている「ツレビキ!」

    長らく休演していた文楽ですが、8月22日(土)「第23回 文楽素浄瑠璃の会」でいよいよ再開します~!

    この公演に、寛太郎さんが出ます!!

    “素浄瑠璃”とは人形は参加せず太夫と三味線奏者で演奏するもので、聴いているだけで登場人物の心情や情景をイメージさせなければならないため、グンと難易度が高くなるのだそうです。

    演目は「日吉丸稚桜(ひよしまる わかきのさくら)」。若き日の豊臣秀吉が主人公の物語です。

    今年1月に六代目を襲名された竹本錣太夫さんとの演奏で、たっぷりと「語り物音楽」の魅力に浸ることができます。

    「第23回 文楽素浄瑠璃の会」は、8月22日(土)午後1時開演。

    場所は、大阪・日本橋の国立文楽劇場です!!