• 「タミヤ 1/48 零式艦上戦闘機52型」を作ろう① コックピットの製作

    2020年5月28日 - 10:59 PM by 藤川 貴央

    緊急事態宣言が解除され、少しだけ見通しが明るくなってきましたね。
    しかし「コロナ以前」の日常を取り戻すのは1歩ずつ。
    引き続き、感染症対策を徹底し続けていく必要があります。

    食事会などへ参加したり遊びに出かけたりするのはまだ先のことかなぁ…
    と考えていて、今のところ外出は仕事のみに留めています。

    すると、変わらず お家時間が長くなるので「プラモデルでも作ってみようか」
    タミヤ模型の「1/48 零式艦上戦闘機 52型」にチャレンジすることにしました。
    王道中の王道、ゼロ戦!しかも52型!

    今回自分自身に課すミッションは3つ!
    ①完全塗装!見えないところもしっかり塗る
    ②説明書通りにきちんと丁寧に作る
    ③途中で投げ出さない

    戦闘機プラモデルは、大抵コックピットの製作からスタートします。
    全体をコックピット色に塗装し(三菱製と中島製で若干色味が違います。今回は三菱の設定で)計器類やレバーなども塗り分けていきます。

    わずか4cm弱の操縦席。丁寧にコツコツ時間をかけて取り組みます。

    これは本当に素晴らしいキットで、ゆるやかなカーブを描く床や軽量化のため空けられた「軽め穴」まで再現されています。
    ディティールアップパーツを使用したシートベルトが良い仕事をしていますね。
    パーツには下地にシルバーを塗装していて、上から塗ったコックピット色を爪楊枝などでひっかくと、
    塗装がハゲた雰囲気と「金属っぽさ」を表現できます。

    計器盤も設置しました。

    うん!!私の技術の限界!!こんなもんでしょ!?

    悲しいかな機体内部に設置すると、ほとんど見えなくなるのですが、完成したらそ~っと覗いて見てみよう。

    製作開始から既に2週間。
    いったい完成はいつになることやら…。

    続きはこちら→「タミヤ 1/48 零式艦上戦闘機52型」を作ろう② パーツの塗り分け完了!