キャプテンの一言 » Blog Archive » 3/9(金)キャプテンの一言

3/9(金)キャプテンの一言

▼深海の3D海底地図を作成するという目的で行われる
世界初の深海探査レース「シェル・オーシャン・ディスカバリー・
Xプライズ」の予選に当たる第1ラウンドが1月末から行われ
ていた。世界各国から19チームが参加、日本からは東京
大学や海洋研究開発機構などオールジャパンで作るチーム
「KUROSHIO(くろしお)」がチャレンジし、日本を含む9チーム
がことし秋(10月ごろ)に行われる決勝ラウンドに進出した。
このイベントはアメリカの財団「Xプライズ」が主催しているもの
で、探査ロボットを水深4000メートルの海底で東京ドーム5000
個分以上(250平方キロメートル以上)の3D海底地図を24時間
以内(探査終了後の時間)に作成することを競うもの。優勝チーム
には賞金およそ4億円が贈られる。またNOAA=アメリカ海洋大
気庁=から生物学的、科学的などの新発見があった場合およそ
1億円が出るという。これについては優勝とは関係ないと思われる
ので決勝に進んだ9チームすべてにチャンスがあると思われる。
チーム「KUROSHIO」にはどちらもゲットできるよう頑張ってもらい
たい。このコーナーをみている人はピンッときたと思うが「Xプライズ」
は月面探査レースを主催していた。日本のチーム「HAKUTO(はくと)」
が参加して盛り上がっていたが、決勝へ進んだ5チームすべてが
期限の3月中に探査機を月面に運ぶことができず中止となって
しまった。このレースの優勝賞金はおよそ20億円だった。今回の
深海探査レースは地球の中でのことなので、順調に進んでいる。
しかし、深海の海底の正確な地図はこれまでなく、国際機関は
2030年をメドに地球全体の海底地図を完成させたいとしている。

▼海底の次は宇宙の話を。2011年8月5日にケープカナベラル
空軍基地から打ち上げられたNASA=アメリカ航空宇宙局=の
木星探査機「ジュノー」が数々の成果を上げている。2016年7月
5日に木星の軌道に到着してよく17年2月2日には南極軌道に
入りその映像が18日に公開された。きのう(8日)AFP時事が伝え
たところによると、木星の大気の厚さがおよそ3000キロに及ぶと
いう。しかも木星の質量の100分の1の比率になるとのこと。地球
の大気は成層圏の50キロとすると、大気の質量は100万分の1
にしかならない。凄い差があるが、これは地球が岩石惑星である
のに対して木星が巨大ガス惑星だから、さほど驚くような差とは
思わないがそれにしてももの凄いガスの量といえるだろう。

▼先週は3歳馬のクラシックを占う牡馬と牝馬のトライアルが
行われたが今週は古馬の大物が登場する。ポストキタサンブラック
の座をを狙うサトノダイヤモンドとスワーヴリチャードが日曜日、中京
競馬場で行われる「金鯱賞」(芝2000メートル)で激突する。サトノ
ダイヤモンドは去年のフランス遠征で結果を出せなかった(フォワ
賞4着、凱旋門賞15着)が体調不良も伝えられていた。ここは国内
出直し戦となる。先週までは動きも重かったが今週はシャキッとして
有馬記念でみせた走りが見せられるか、注目されりる。一方、
ダービー2着(勝ち馬レイデオロ)ながら実力はGⅠ級と見られている
スワーヴリチチャード、得意の左回り(4戦2勝、2着2回)で圧巻の
走りを見せてくれるのか。競馬は2頭で走るわけではないので、この
2頭に割って入る馬が出てくるのか今後のGⅠを占う意味でも楽しみになる。

Comments are closed.