ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 「第3回京都競馬8日目 令和も1点勝負がアツイ!」

上着がいらないほどの初夏の陽気に包まれた京都競馬場。5/5(日)の放送日は、東京で古馬のマイル女王決定戦「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがミッキーチャームを、西村さんがラッキーライラックを、田辺さんがアマルフィコーストをそれぞれ指名。

今年で第14回を迎えるヴィクトリアマイル。デビューから4連勝で2歳女王に輝いたラッキーライラックが1番人気、3歳時のNHKマイルカップ以来のGⅠ勝ちを狙うアエロリットが2番人気に支持されました。
レースは最後の直線、横一列に広がった4頭の叩き合いをわずかに制したノームコアが1分30秒5というレコードでGⅠ初制覇!オーストラリアの若き天才、ダミアン・レーン騎手は日本での騎乗3週目でのGⅠ獲得となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのミッキーチャームが8着、西村さんのラッキーライラックが1着、田辺さんのアマルフィコーストが14着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝って4連勝。

さて、ヴィクトリアマイルはレコード決着に、レーン騎手のGⅠ制覇と記録ずくめとなりましたが、「朝のフルコース」でもひと際人気の高いあのコーナーが令和最初の的中で大きなインパクトを残してくれました!

「究極の1点勝負」でおなじみの門口トラックマンです!ヴィクトリアマイルで勝負の1頭に選んだのは、はなんと!超大穴クロコスミア(11番人気)の複勝馬券で1点勝負を敢行!これがみごとに的中し、3万3500円というビッグな払戻し馬券となりました。ちなみに究極の1点勝負ということで、1本指を立ててもらいましたが、これが令和1発目の的中という意味も込められています!ちなみにデータを取っているわけではないですが、おそらく朝のフルコースの中で、もっとも的中率が高いのもこのコーナーではないでしょうか?しかし、そのウラには門口TMの、最低でも1万円以上にしてプレゼントしたいというポリシーのもと、「どのレースの、どの馬で、どの買い方にしようか」という“究極の悩み”との戦いがあることもお忘れなく!

次週、5/19(日)は、東京で牝馬クラシック第2弾「オークス」(G1・芝1600)が行われます。3歳牝馬にとって未知の2400m決戦、はたして先頭で駆け抜けるのは!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.