「第1回阪神競馬6日目 おかえりなさい!」

天候がころころと変わり、肌寒い1日となった3/10(日)の放送日。この日は阪神で「フィリーズレビュー」(G2・芝1400)、中京で「金鯱賞」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのフィリーズレビューを予想。この日から復帰を果たした濱野さんがキュールエサクラを、西村さんがアウィルアウェイを、田辺さんがラブミーファインをそれぞれ指名しました。

レースはほぼ揃ったスタートから激しい先行争いに。押して押して先頭に立ったアスタールビー、直後の2番手にはこれまで末脚勝負で結果を残してきた1番人気のアウィルアウェイが追走。中団馬群はかたまって3番人気プールヴィルもこの圏内につけ、2番人気キュールエサクラはやや後方を進みます。前半3ハロンを34秒9で通過。3、4コーナーカーブにかけて馬群が一気につまって勝負は直線へ。逃げるアスタールビ―がアウィルアウェイが捕らえて一旦は先頭に出るも、イベリス、プールヴィル、ジュランビルらが強襲。さらに最内の狭いところを縫ってノーワンも猛追し、横一線の大激戦。最後はノーワンとプールヴィルが並んでゴールイン!長い判定の末、同着という結果に。重賞レースでは9年ぶりの出来事となりました。

3連単プレゼントは、濱野さんのキュールエサクラが11着、西村さんのアウィルアウェイが7着、田辺さんのラブミーファインが16着となり、最先着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、この日から、ついに濱野さんが復帰されました♪メンテナンス休養を宣言された翌週から4週間、「早く濱野さんの声が聴きたい」という内容のおハガキを多数頂いておりました。ありがとうございます。これまでと変わらない熱のこもった実況はもちろん、馬券学講座や放送終了間際のワイワイとしたやりとりを聴いて、濱野さんが帰ってきたことを実感した方も多いのではないでしょうか?そんな元気が有り余っている様子の濱野さんに、ぼくも仕事のお手伝いを依頼してみました。

この日、みごと「究極の1点勝負」で1万9500円の馬券プレゼントに成功した喜多村トラックマンを、濱野さんと一緒に直撃!お二人といえば、ドラマティック競馬が始まった当初からの長い付き合い。大ベテラン同士がお互いを祝うようなツーショットとなりました。来週以降も濱野さんの元気な声をお届けすることができそうです。復帰への感想のおハガキやメールなどもお待ちしています!

次週、3/17(日)は、阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!