ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 第1回阪神競馬6日目 優柔不断でもいいじゃないか!?

先週に比べれば、肌寒かったものの好天に恵まれた3/11(日)の放送日。この日は阪神で「フィリーズレビュー」(G2・芝1400)、中京で「金鯱賞」(G2・芝2000)がそれぞれ行われました。
3連単プレゼントは阪神メインのフィリーズレビューを予想。濱野さんがコーディエライトを、西村さんがアンコールプリュを、田辺さんがイサチルルンルンを指名しました。
レースはスタート直後に4番人気アマルフィコーストが落馬する波乱ムード。1番人気モルトアレグロが先頭に立ったところへ17番ラブカンプーが競りかけてハナを主張。2番人気アンコールプリュは後方3、4番手に控えて、馬群はやや縦長で進みます。4コーナーカーブから各馬一気にスパートを開始。直線に入ると残り200mまで粘るラブカンプーをアルモニカが捕らえると、そこへデルニエオール、リバティハイツ、アンヴァル、さらに大外からアンコールプリュも飛んできて、5、6頭が横一線となる大混戦!最後はリバティハイツが半馬身ほど前に出てゴールイン!!力強い末脚で桜花賞への切符をつかみ取りました。
3連単プレゼントは、濱野さんのコーディエライトが15着、西村さんのアンコールプリュが2着 、
田辺さんのイサチルルンルンが14着となり、2着馬を指名した西村さんが勝って、3連勝。
まずは、コチラの写真をご覧ください!

競馬エイトの一面の馬名欄をアップしたものですが、赤文字で書かれたアルファベットはH=濱野さん、N=西村さん、T=田辺さんをそれぞれ表しています。そう!これは3連単プレゼントの各者の予想。ぼくが使っているエイトに3者の予想を控えておくためのチェックしているのです。よく見ると、西村さんのNが⑦モルトアレグロから⑨アンコールプリュに変わっていますよね。放送を聞いてくださった方は分かると思いますが、実は西村さん、当初の予定から指名馬を変更。
西村さんにはいつも事前の「サンスポ特選情報」のコーナー前に予想を聞いているのですが、放送中に田辺さんから出された「紅梅ステークス組は成績が良くない」というデータに危機感を覚えたのか、急遽放送中に指名馬を変更したのです!これが功を奏したのか?結果的には3連単プレゼントで唯一、連対馬の予想に成功し、3週連続のトップ成績となりました。時には誰かの発言に的中のヒントが隠されているのが競馬なんですねぇ。
と、いうわけでそんなヒントが満載の「OBCドラマティック競馬」を今後ともよろしくお願いします!
次週、3/18(日)は阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

Comments are closed.