ラジオ大阪 OBC

  • TOP
  • 共演者プロフィール
  • コーナー紹介
  • 番組プレゼント
  • 中継予定レース
  • 番組への問合せ

第4回阪神競馬4日目 馬場開放にテンションUP♪

雨が降ったり、止んだりと天気はコロコロ変わったものの、日中を通して暑かった6/26(日)の放送日。阪神では夏のグランプリレース「宝塚記念」(G1・芝2200)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがルーラーシップを、西村さんがブエナビスタを、田辺さんがアーネストリーをそれぞれ指名しました。

結果は、好位から早めに先頭に立ったアーネストリーが、ファン投票1位の女王ブエナビスタ、最強4歳勢エイシンフラッシュ、ローズキングダム、ルーラーシップらの追撃をすべて振り切って、悲願のグランプリ制覇!堂々のレコードタイムで昨年3着のリベンジを果たしました。三連単は濱野さんのルーラーシップが5着、西村さんのブエナビスタが2着、田辺さんのアーネストリーが1着となり、1着馬指名の田辺さんがトップに。お昼の馬券学講座も見事本線で的中させる大活躍でした!

また、この日は青沼さんが宝塚記念の実況アナウンサーを務めました。先日は「画面実況が素晴らしい!」というお褒めのおハガキを頂きましたが、初グランプリ実況はいかがだったでしょうか?もちろん、どのレースでもベストを尽くしているわけですが、G1などのビッグレースは、観たり賭けたりする我々の興奮度も違うように、しゃべり手にとっても特別なものなんでしょうね。

さて、今週の写真は、阪神最終レース終了後に行われた馬場開放の様子をご覧ください。この日は、現場でのお勉強ということで、土曜日の「プリ☆うま」に出演中の竹村美緒ちゃんも遊びに来てくれました♪

/>

<

いつもドラマティック競馬の現場では、女の子が一人しかいないので、美奈ちゃんもテンション高めでした!たしかにオッチャンばかりです。。。

ターフビジョンに馬場を歩くファンの姿が映し出されていたのですが、二人とも撮られることには慣れているはずなのに「あっ、今映った~♪」と子供のようにはしゃいでいましたよ。そういうぼくも馬場を踏みしめながら、「ここをアーネストリーやブエナビスタが通ったのか~」と終始ニヤケ顔でしたけど。。

さて次週、7月最初の放送日からは、4回京都開催がスタート。7/3(日)は、中山で「ラジオNIKKEI賞」(G3・芝1800)、函館で「函館スプリントステークス」」(G3・芝1200)が行われます。♪この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第4回阪神競馬2日目 扇子片手にどや顔!

「GO!GO!OBCウィーク!!」の最終日、6/19(日)の放送日は「ドラマティック競馬スペシャル」と題してお送りしました。朝からプレゼント盛りだくさん、午後からはラッキーワードクイズと、放送終了まで楽しんでいただけたのではないでしょうか♪そして、この日の阪神メインでは「マーメイドステークス」(G3・芝2000)が行われ、恒例の濱野さんと田辺さん、それぞれの1万円馬券プレゼントも実施。三連単プレゼントでは、濱野さんがイタリアンレッドを、西村さんがアスカトップレディを、田辺さんがポルカマズルカをそれぞれ指名しました。

結果は、外を通って突き抜けたフミノイマージンが福島牝馬ステークスに続く、重賞2勝目を飾りました。三連単は濱野さんのイタリアンレッドが4着、西村さんのアスカトップレディが7着、田辺さんのポルカマズルカが12着となり、4着馬指名の濱野さんが久々のトップに。プレゼント馬券は本命馬が4着だったので、残念…と、思いきや、濱野さんちゃっかり枠連で押さえていました。

そんなわけで、扇子片手にどや顔を決める濱野さんです!さすがに高額馬券的中で「左うちわ」とは、いかなかったものの、一先ず当たり馬券をプレゼントとすることができて、ご満足の様子♪ちなみに、濱野さんの手にしている扇子の柄はブエナビスタです。国内では3着以内を外したことのないブエナビスタは、堅実データ馬券の濱野さんのイメージにピッタリではないでしょうか?

さて次週、6/26(日)の放送日は、阪神で上半期を締めくくるドリームレース「宝塚記念」(G1・芝2200)が行われます。ブエナビスタと最強4歳世代の対決、楽しみですね♪この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回阪神競馬4日目 「GO!GO!OBCウィーク」をお楽しみに♪

あいにくの雨となった6/12(日)の放送日。阪神では「CBC賞」(G3・芝1200)、東京では「エプソムカップ」(G3・芝1800)がそれぞれ行われました。三連単プレゼントでは、阪神メインのCBC賞を予想。濱野さんがグランプリエンゼルを、西村さんがツルマルレオンを、田辺さんがヘッドライナーをそれぞれ指名しました。

結果は、1番人気のダッシャーゴーゴーが58.5キロのトップハンデをものともせず、豪快な差し切り勝ち。貫禄を見せつけるスプリント重賞3勝目を飾りました。三連単は濱野さんのグランプリセンゼルが4着、西村さんのツルマルレオンが8着、田辺さんのヘッドライナーが2着となり、2着馬指名の田辺さんが連勝。次週の1万円プレゼント馬券でも大爆発なるでしょうか!

英子ちゃんが持っているのは、次週「GO!GO!OBCウィーク!!」でのリスナープレゼントを予定しているポロシャツですよ。ドバイワールドカップに出走した日本馬関係者が、東日本大震災への思いを込めて作られたポロシャツと同じデザインのレプリカなんです。黒地に日の丸とHOPEの文字が映えて、イイ感じでしょ♪これを身に付けたら万馬券的中という望み(=HOPE)も叶うような気がしませんか?この他にもレアな競馬グッズを多数ご用意していますので、濱野さんと田辺さんの馬券もどちらを希望か、必ず書いて送ってくださいね。たくさんのお便りお待ちしてま~す♪

また、6/19(日)の阪神競馬場では「ヴィクトワールピサ号ドバイワールドカップ優勝記念デー」というイベントが開催されます。写真のポロシャツも数量限定で販売される他、ヴィクトワールピサの関係者を迎えての優勝セレモニーやドバイワールドカップ関連のチャリティーオークションも行われますので、気になる方はぜひ阪神競馬場へ足をお運びください。

さて次週、6/19(日)の放送日は、阪神で「マーメイドステークス」(G3・芝2000)が行われます。プレゼントも満載の内容でお送りしますので、どうぞお楽しみに♪この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回阪神競馬2日目 新機材はあの人専用?

京都から阪神に舞台を移しての開催となった6月最初の放送日。6/5(日)は、東京で春のマイル王を決める「安田記念」(G1・芝1600)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがダノンヨーヨーを、西村さんがアパパネを、田辺さんがジョーカプチーノをそれぞれ指名。

結果は、9番人気の伏兵リアルインパクトがゴール前の混戦を制し、1着でゴール!唯一の3歳馬が古馬の強豪を撃ち破り、春のマイル王に輝きました。三連単は濱野さんのダノンヨーヨーが10着、西村さんのアパパネが6着、田辺さんのジョーカプチーノが5着となり、5着馬指名の田辺さんがトップに立ちました。

写真はこの週から導入された新機材です。

朝に放送席にやってきた藤田さんが「もしかして、この“FU”って藤田のフですか!?」と、ボケると、技術担当のスタッフさんから「そんなわけないじゃん!」と冷静なツッコミを浴びせられ、ションボリしていました。はい、残念ながら、藤田さん専用ではありません♪

ちなみに、この機材は『カフボックス』といって、手元で音声をON/OFFにするために使われます。司会の西村さんや実況アナウンサー陣からも「音の返りが良い」と好評でした。やっぱり、常に音と向き合っているので、少しの変化も敏感に感じとれるようです。OBCドラマティック競馬の迫力ある実況は、こういった機材へのこだわりが支えているんでしょうね。

さて次週、6/12(日)の放送日は、阪神で「CBC賞」(G3・芝1200)、東京で「エプソムカップ」(G3・芝1800)がそれぞれ行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬12日目 土曜は「プリ☆うま」

台風2号の影響により3場とも雨の中の開催となった5/29(日)の放送日。東京では競馬の祭典「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがデボネアを、西村さんがオルフェーブルを、田辺さんがショウナンパルフェをそれぞれ指名。

結果は、降りしきる雨をもろともせず、豪快に伸びたオルフェーブルが皐月賞に続く2冠を奪取!圧倒的な力を見せつけ、世代の頂点に立ちました。三連単は濱野さんのデボネアが12着、西村さんのオルフェーブルが1着、田辺さんのショウナンパルフェが6着となり、1着馬指名の西村さんが再びトップを奪い返しました。


この週から長らく工事中だった京阪淀駅上り線の高架化が完了。高架ホームに一本化されました。これまで大阪方面から来る際には少し歩く必要がありましたが、淀駅と京都競馬場が直結されたことで、より快適に競馬が楽しめる環境になったのではないでしょうか♪

そして、この週からOBCで新競馬番組「プリ☆うま」が始まりました。

英子ちゃん、美奈ちゃんと一緒に写っているのは、この番組で『万馬券への道』というコーナーを担当する竹村美緒ちゃんです。若い女の子3人ということで、当日は競馬だけでなく、ファッションの話でも盛り上がっていました♪他にも、JRAの広報さんから直接話を聞いたり、アから順番に思い出の名馬を紹介していくコーナーなど、楽しい試みが満載の番組になっています。ちなみに第2回は6/4(土)の夕方5時30分からですよ。

みなさん、土曜は「プリ☆うま」で予習、日曜は「ドラマティック競馬」で競馬中継と、週末はOBCで競馬ライフを満喫してください♪

さて次週、6/5(日)の放送日は、春の東京開催GⅠ5連戦のトリを飾る「安田記念」(G1・芝1600)が行われます。女王アパパネが再び東京マイルの舞台に登場!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬10日目 POGの必須アイテム!

朝から豪雨に見舞われた京都競馬場。5/22(日)の放送日は、東京で「オークス」(G1・芝2400)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがホエールキャプチャを、西村さんがマルセリーナを、田辺さんがピュアブリーゼをそれぞれ指名。

結果は、内を通って早めに先頭に立ったピュアブリーゼを、エリンコートとホエールキャプチャの2頭が猛追。ゴール前の激戦をクビ差制したエリンコートが樫の女王に輝きました!三連単は濱野さんのホエールキャプチャが3着、西村さんのマルセリーナが4着、田辺さんのピュアブリーゼが2着となり、2着馬指名の田辺さんがトップに。

そして、このメインレースの波乱により、新馬券WIN5ではついに1億円を超える配当が飛び出しました!WIN5恐るべし。。。

鈴木由希子トラックマンが抱えているのは、ギャロップから発売中の「週刊ギャロップ臨時増刊 丸ごとPOG」です。

今や、もう1つの競馬の楽しみ方として定着しているPOG(ペーパーオーナーゲーム)。毎年、豊富なカラー写真や情報はもちろん、DVDまで付いているので、この時期には欠かせない一冊ですよね♪そして、午前中の由希子TMのコーナー「クラシックへの道」も、常に新鮮な2歳馬、3歳馬の情報が聞けるということで、POGファンにとって必聴のコーナーとなっています。今年もこの本と、ドラマティック競馬でしか聞くことのできない由希子TMからの生情報をPOGで役立ててくださいね♪

そして、今週はおまけでもう1枚。

あらら、ヘッドフォンが大変なことに。。実は午前中の結果コーナーで数分だけ濱野さんに空き時間があるので、予想のためのデータなどを研究しているところなんです。だから頭と違って顔は真剣そのもの。でも濱野さん、ラジオだからって油断しすぎじゃないですか!?

そうそう、5/28(土)の17時30分より、わがドラマティック競馬の武田英子ちゃん、前川美奈ちゃんが揃って出演する「ぷりうま」がスタートします♪競馬中継では聴くことのできないガールズトークはもちろん、濱野さんが名馬についての思い出を語るコーナーなどもあって、競馬ビギナーからオールドファンまで幅広い層に楽しんで頂ける番組になってますので、こちらもどうぞご期待ください。

さて次週、5/29(日)の放送日は、東京で「日本ダービー」(G1・芝2400)が行われます。3歳世代の頂点に立つのは果たしてどの馬?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬8日目 新人インタビュアー青沼さん

先週に続き、好天に恵まれた京都競馬場。5/15(日)の放送日は、東京で「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがブエナビスタを、西村さんがアパパネを、田辺さんがエーシンリターンズをそれぞれ指名。

結果は、真ん中を通って豪快に伸びた三冠牝馬アパパネが、外から猛然と追い詰める前年の覇者ブエナビスタの追撃をクビ差凌いでゴールイン!注目の女王対決はアパパネに軍配が上がりました。三連単は濱野さんのブエナビスタが2着、西村さんのアパパネが1着、田辺さんのエーシンリターンズが14着となり、1着馬指名の西村さんが連勝を決めました。

今週は栗東で行われたヴィクトリアマイルの代表インタビューの模様をご覧ください。

ブエナビスタの松田博資調教師と鞍上の岩田康成騎手にインタビューする濱野さんです。数多くのGⅠを制してきた両者ですが、岩田騎手の表情からも緊張感が伝わってきますね。


そして、今回インタビュアーとしてのデビューを飾った青沼さんです。ソファーへ腰掛ける姿勢が濱野さんと比べると、少々ぎこちなく見えるのは気のせいでしょうか?でも、インタビューの相手が年齢的にも近い福永騎手だったこともあってか、会見はスムーズに終了しました。

よく番組宛に「濱野さんのインタビュー見ました」という内容のおハガキをいただくのですが、今後は新人インタビュアー青沼さんへの応援メッセージやファンレターも随時受け付けていますので、どうぞよろしくお願いします♪

さて次週、5/22(日)の放送日は、東京で「オークス」(G1・芝2400)が行われます。マルセリーナの二冠達成となるのでしょうか?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬6日目 少女からレディに!

一時的に大きな雨に見舞われたものの、日中を通して上着がいらないほどの陽気となった5/8(日)の放送日。東京では「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがエーシンジャッカルを、西村さんがグランプリボスを、田辺さんがヘニーハウンドをそれぞれ指名。

結果は、残り100mで先頭に立った2歳王者グランプリボスが、後続の追撃を振り切って優勝!4月にこの世を去った父サクラバクシンオーに捧げるG1勝利を挙げました。三連単は濱野さんのエーシンジャッカルが9着、西村さんのグランプリボスが1着、田辺さんのヘニーハウンドが12着となり、1着馬指名の西村さんがトップを奪い返しました。


この日から自身のコーナー「狙ってミーナ♪」で新しくなったBGMを披露してくれた美奈ちゃん。CDといっしょに決めポーズを取ってもらいました♪

これまでの「DREAM BELIEVER(ドリームビリーバー)」も好評でしたが、新曲の「elegant heart(エレガントハート)」も朝の爽やかな雰囲気にピッタリの曲ですよね。

そして、放送内でも報告がありましたが、美奈ちゃん自身は「Pixy Chicks(ピクシーチックス)」から「Pixy Lady(ピクシーレディ)」に進化しました。レディの名前通り、少し大人になった美奈ちゃんの活躍に期待してくださいね♪

さて次週、5/15(日)の放送日は、東京で「ヴィクトリアマイル」(G1・芝1600)が行われます。ついにブエナビスタとアパパネの女王対決が実現!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬4日目 WIN5はこの人に任せろ!

ゴールデンウィークということもあり、たくさんの競馬ファンが詰めかけた京都競馬場。5/1(日)の放送日は京都で「天皇賞・春」(G1・芝3200)が行われました。三連単プレゼントでは、濱野さんがローズキングダムを、西村さんがトゥザグローリーを、田辺さんがジャミールをそれぞれ指名。

結果は、有力馬が早めにスパートをかける中、内でじっくりと脚を溜めたヒルノダムールが、直線で末脚を爆発させ悲願のGⅠ制覇!ハイレベルといわれる4歳世代の実力馬がついに栄冠を掴み取りました。三連単は濱野さんのローズキングダムが11着、西村さんのトゥザグローリーが13着、田辺さんのジャミールが15着となり、11着馬指名の濱野さんがトップに。この日の予想は3人とも残念な結果となりました。


先週からWIN5の新コラム「5重笑で一獲万金」をスタートさせた西尾学トラックマンを撮影。いつも爽やかな笑顔が印象的なイケメントラックマンです。

ただ、この日は『「5重笑~」というタイトルなので、笑顔を作ってください』という無理にお願いしたので、どことなく硬い表情になってしまいました。そんなムチャな要望にも快く応じてくれた西尾TM、本当にありがとうございます!

近いうちに本当にWIN5を的中させ、満面の笑みを見せてくれることを信じていますよ♪このコラムの脇には、競馬エイトの各トラックマンの買い目も公開されていますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

さて次週、5/8(日)の放送日は、東京で「NHKマイルカップ」(G1・芝1600)が行われます。昨年は衝撃のレコード決着!今年は一体どんなドラマが!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!

第3回京都競馬2日目 WIN5はやっぱりスゴイ!!

雨が降ったり止んだりと天気がコロコロと変わった京都競馬場。4/24(日)の放送日は東京で「皐月賞」(G1・芝2000)が行われました。三連単プレゼントは、濱野さんがナカヤマナイトを、西村さんがサダムパテックを、田辺さんがベルシャザールをそれぞれ指名。

結果は、馬群の真ん中を割って残り2ハロンから先頭に立ったオルフェーブルが、後続に3馬身の差をつけての圧勝!兄ドリームジャーニーともコンビを組んだ池添騎手に牡馬クラシック初勝利をプレゼントしました。三連単は濱野さんのナカヤマナイトが5着、西村さんのサダムパテックが2着、田辺さんのベルシャザールが11着となり、2着馬指名の西村さんが再びトップに立ちました。

京都競馬場のターフビジョンを指差して、「すごぉ~い!!」と驚きの声をあげる美奈ちゃん。

そうです、この日から発売となった5重勝単勝式馬券・WIN5の払い戻しが発表された瞬間だったのです。最高で2億円というふれ込みだったので、81万円という配当に拍子抜けした方もいるかも知れませんが、下の払い戻しを見ていただければわかるように、この5レースで勝った馬はすべて5番人気以内で、単勝配当額で最も高かったのが皐月賞のオルフェーブル(単勝1080円)だったのですから、かなり平穏な部類の決着だったと考えていいのではないでしょうか?それでも81万円ですから、これからホントにすごい配当が飛び出しそうですよね♪

つまり、本命党でもしっかり的中させることで、十分な利益が期待できますし、穴党にとっては1000万以上の払い戻しも現実味をおびてくるわけですね。予想も馬券もヘタクソなぼくような人には、コンピューターが馬を指定してくれるランダムという買い方もあるらしいですよ。現在はインターネット発売ですが、ぜひ皆さんもビッグな夢にトライしてみてください!

さて次週、5/1(日)の放送日は、京都で「天皇賞・春」(G1・芝3200)が行われます。古馬最高峰の栄誉はどの馬に!?この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!