キャプテンの一言 » Blog Archive » 9/4(月)キャプテンの一言

9/4(月)キャプテンの一言

▼女性として宇宙に通算665日間滞在していた
アメリカの宇宙飛行士、ペギー・ウィットソンさんが
3日地球に帰還した。このコーナーでも紹介した
ことがある57歳のウィットソンさんはISS=国際
宇宙ステーション=初の女性コマンダー=船長
(アメリカのスペースシャトルではすでに女性
コマンダー=1999年のアイリーン・コリンズさん
がいる)で、これまで3回ISSにいっており、その
通算滞在日数が665日となりNASA=アメリカ
航空宇宙局=の飛行士として男性も含めて最長
滞在記録を更新した。もちろん全世界の女性
宇宙飛行士としての記録も更新している。
帰還にはロシアのソユーズ宇宙船が使われ、
日本時間の3日午前10時22分、中央アジア、
カザフスタン中部の草原地帯にアメリカとロシア
の男性飛行士2人とともに無事帰ってきた。
宇宙船から運び出されたウィットソンさんは
笑顔を見せ、出迎えた人たちに手を振って
応えていた。ウィットソンさんはことし7月4日の
アメリカの独立記念日に同僚飛行士とともに
星条旗の衣装を着て「時にはまっすぐ立つのが
難しいこともあるが、アメリカの誇りを示すこと
には何の困難もない。独立記念日おめでとう」
と地球にメッセージを寄せている。ウィットソン
さんの宇宙滞在665日はアメリカ人最長の
これまでの534日を大きく更新するもの
(世界全体では8位)。この記録を破るには
それこそ火星までの飛行しかないかもしれない。
ウィットソンさんも火星飛行狙っているようだから、
実現すれば当分は抜かれることのない記録と
なるだろう。現在57歳だが、1998年アメリカの
スペースシャトル「ディスカバリー」で
ジョン・グレンさんが77歳で宇宙旅行を達成
しているのでまだまだ大丈夫ではないか。

▼しかし思わぬ伏兵が出ているかもしれない。
去年、ロシアの実業家で科学者のイーゴリ・
アシュルベイリ博士が2025年までに地球周回
軌道に国家を建設するという構想を発表し、
すでにおよそ11万人の国民が登録されている
という。国の名前は「アスガルディア」といい、
憲法など法律は議会によって作られるらしいが、
とりあえず全員が生活できる空間を周回軌道
に作る必要がある。今の技術ではさすがに
11万人収容するコロニーは実現が難しい
だろうが1000人規模でも100人規模でも
いいから頑張ってもらいたい。

▼「蘇えりし者たち」とは龍雲丸と小野但馬の
守政次のことなのか? 昨夜のNHK大河
「おんな城主 直虎」のサブタイトルから想像
すると、この2人は間違いないだろう。政次は
隠れ里にいる井伊家ゆかりの人たちによって
語られていた。また竜雲丸は堀川城で瀕死の
状況で発見され、井伊谷で治療されていたが、
蘇ったきっかけは読経だった。しかも堀江城
攻めで戦死した父・鈴木重時のために次郎
法師・直虎にお経を頼みにきた遺児・重好
(しげよし)によってである。これで鈴木家が
江戸時代も続いていくことになるので、これも
ある意味で蘇りし者といえるだろう。もう一人
蘇りし者がいたと感じた。それは掛川城に
こもっていた今川氏真。半年近く籠城している
のだからおそらく兵糧も残り少なかっただろう。
元々氏真は戦に興味がない人物だといわれて
いる。そこへ徳川家康(おそらく部下)が和議
を持ち掛けてきたのだから「渡りに船」とはこの
ことだろう。この和議によって氏真自身は
もちろん、子孫も多くが徳川家に仕えて幕末を
迎えることになる。今川家は源氏の流れを汲む
いわゆる名家である。家康は織田信長が平氏
を源流と主張したのに対して源氏を名乗った
ことも幸いしたのかもしれない。
一番の「蘇りし者」は氏真だったのではないか。

Comments are closed.