「第1回阪神競馬8日目 天候激変!」

先週以上に天候がころころと変わり、冬に逆戻りしたような寒さとなった3/17(日)の放送日。この日は阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われました。3連単プレゼントは阪神メインの阪神大賞典を予想。濱野さんがリッジマンを、西村さんがシャケトラを、田辺さんがケントオーを指名しました。

レースは唯一の牝馬コルコバードが出遅れて後方から。先行争いは最内のロードヴァンドールに、押して押してサイモンラムセスが競りかけ2頭が引っ張る形に。馬群は大きく4つほどに切れて、注目の1番人気シャケトラは後方2番手を進みます。正面スタンド前ではサイモンラムセスが単騎先頭にかわり、前半1000mの通過は59秒3と、やや速いペース。1コーナーをまわって向正面に入るところで、サイモンラムセスと入れ替わるようにロードヴァンドールが先頭に。依然として3番手以下を大きく放してその差は10馬身以上。2周目の3コーナーカーブから後続馬群が一団となって迫り、シャケトラが2番手まで浮上し、失速したサイモンラムセスを除く10頭がかたまって4コーナーカーブから直線へ。直線入口で持ったままで先頭に立ったシャケトラが、そのまま後続をグングンと引き離し、5馬身差でゴールイン!圧巻の内容で重賞3勝目を挙げ、春の主役をアピールしました。

3連単プレゼントは、濱野さんのリッジマンが6着、西村さんのシャケトラが1着、田辺さんのケントオーが7着となり、1着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、冒頭に書いたように、この日の阪神競馬場は、天候の変化が激しい1日となりました。晴れから始まって曇りになり、小雨が降ったと思ったら止んで、また降って晴れるといった感じでしょうか。これがどうやら中京競馬場も同じような感じだったらしく、放送でも西村さんが何度も天候の変更を伝えていました。そんな阪神競馬場での中継もメインレースの頃には晴れて終了かと思いきや、最終レース直前、今度は突然の大雨が・・・公式な変更もされないほどの短い時間でしたが、それが止むと・・・!

空にはなんときれいな虹が架かっていました。しかも、阪神競馬場のコース内の、向正面あたりから出ているように見えるほどの至近距離で発生していたんです。何度も天候の変更があって、正直「またかよ!」という思いでしたが、最後の最後に、プレゼントをもらったような晴れやかな気持ちで放送を終えることができました。まさに「終わり良ければすべて良し」を体感した1日でありました。

いよいよ次週から春のGⅠシリーズがスタート!3/24(日)は、中京で春の短距離王決定戦「高松宮記念」(G1・芝1200)が行われます。重賞連勝中のダノンスマッシュがスプリント王を狙う!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!