どこもとふぇると

きょうは、大阪市住吉区に来ています。

さて、自慢したい人がいますということで、早速ご紹介します
羊毛フェルト作家のレイさんです、こんにちは~
いまはレイさんのご自宅にお邪魔しています

羊毛フェルトといいますと、専用の針でちくちくと羊毛を刺していくことで
繊維が絡まり固めて作る作品のことです
形を整えて動物の形にしたりするんですが、レイさんが作るのももちろん動物。
ものすごくリアルに作られるんです!!
犬や猫、大きさは40センチ程あるものも!

始めたのは3年ほど前、愛犬が亡くなり似ている子を作ってみようと始めたんだとか
羊毛フェルトの技術は全て自己流

ご自身のフェイスブックに作品の写真を載せたところ、
見た人たちから作ってほしいと頼まれるようになったそうです
口コミで徐々に広まり、全国から依頼が来るようになったんですって!
作品で1番気を使うのは「顔」
似せて作るように頑張っているそう!

大事なペットが亡くなって落ち込む人が多いので
思い出として置いておける、さらに触れることができる事で
飼い主さんの癒しになればいいなとのこと

いま現在、飼われているわんちゃん猫ちゃんでも大丈夫です。
興味のある方は『レイのフェルトアート』とインターネットで検索すると
レイさんのフェイスブックのページが出てきますので
詳しくはそちらをご覧ください

これからも喜ばれる作品を作ってくださいね
どうもありがとうございました