ミキペディアVol.92《家電が次々壊れる謎》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回の疑問は
「家電製品ってひとつ壊れると、次から次へと壊れるのはどうして?」
でした。

【悪循環説】
家電製品がひとつ故障すると、修理が出すのが面倒で、
それに近い機能を持った家電製品にその代わりをさせて無理をして使った結果、
代わりをさせた家電製品までが故障してしまうという悪循環になっている。

【雷のせい説】
電子部品を使っている家電製品が多く、
雷が落ちたら、コンセントをさしっぱなしにしている家電製品が
一斉にダメージをうけてしまうため。

【生活リズムが乱れる説】
電化製品(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビ、照明器具など)は電気配線で繋がれていて、
朝から晩までの決まった時間にそれぞれの出番で活躍している。
当然お互いの電化製品が連携していて、
一台が壊れると「あれ、おかしいな」と家電たちの生活リズムが崩れ、
連鎖反応を起こして、次から次へと壊れていく。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回は♪ゆ~きやこんこん♪からはじまる童謡「雪」に出てくるフレーズからの疑問です。

「‘犬はよろこび庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる’ のはどうして?」

この疑問について皆さんのご意見をお寄せください。

コーナーで採用させて頂いた方には番組特製手ぬぐいをお送りします。
皆さんのご意見、お待ちしています!

AD アーニー