駅のホームを安全に利用できますか?

「あなたは駅のホームを安全に利用できますか?

~視覚障害者も手引き者も知っておきたいテクニック」

という講演会に参加した原田アナからの報告を

今週は放送しました。

駅のホームからの転落事故、盲導犬と歩いている人の

5人に1人が落ちているそうです。

視覚障害者の方が盲導犬と一緒だと、

晴眼者の私たちは安心してしまいませんか?

いくら訓練をうけていても、たとえば・・・

階段横など細くなったホームに前からスマホ歩きの

人間が来たりしたら、吠える事もできないのに、

大変ですよね?

転落事故は年間3000件以上あるそうです。

そのうち視覚障害者は80人。

意外なことに、晴眼者の方がたくさん落ちています。

視覚障害者の方にとってホームの可動式柵などは、

安心して歩くことができる大事な対策ですが、

晴眼者にとっても必要であることがよくわかる数字です。

お金のかかる事はすぐには進みませんが、

ひとりひとりが、自分も他人も気をつけて見ていれば、

もっと防げる事があるように思いませんか?