あけましておめでとうございます。

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
ということで今日は書初めです。
原田さんは「新年、楽しく、楽にすごして行きたいという思いから」
「楽」。

軽やかに書いてはりました。
楽しそうな書ですよね。
私、髙岡は「寧」
年を取るにしたがってすべてがぞんざいになっている気がします。
また、この字には「穏やか」という意味もあるそうです。
何事も「心穏やかに」「丁寧に」行うようという希望をこめました。

果たしてこの‘字’を1年覚えていられるかも、ちょっと不安なんですが・・・。
何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

      ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
今年の干支・ネズミにまつわる神社を2つご紹介しました。
大阪メトロ大国町駅からすぐの「大国主神社」。

大国主神が火に囲まれて困っているところを助けたのが
ネズミだったことから狛犬が狛ネズミになっています。

また、「大国」は読み方を変えると「大黒」。
このことから習合されていることも多いそうです。
こちらでは、商売繁昌と金運にご利益があるとされる
「種銭」を手に入れることができます。
もう一箇所は京都の大豊神社です。
東山の静かな住宅地にある、とても趣き深い神社です。

こちらの狛ねずみは巻物と水玉を持っていました。

哲学の道から少し入ったところにありますので、散策がてら
訪れるのもいいですね。
境内には立派な椿の木がたくさんありましたよ。
毎年訪れる初詣に加えるなら、干支にちなんだこんな場所はいかがですか?
(タカオカ)