【防災スペシャル】2021/1/15① 防災用品専門店スタッフに聞く備えのポイント

『”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス』では、ラジオ大阪からほど近い、大阪市港区南市岡に店舗を構える「防犯・防災グッズ専門店『あんしん壱番』」社長の宮原さんをスタジオにお迎えしました。

あんしん壱番の宮原社長(左)と、パーソナリティ 若宮テイ子
あんしん壱番の宮原社長(左)と、パーソナリティ 若宮テイ子

あんしん壱番さんでは、店頭や通販で防災用品を多数取り揃えているだけではなく、YouTubeチャンネルで防災グッズの使い方などを発信しているそうです。

あんしん壱番 YouTubeチャンネル 防災グッズ商品紹介

パーソナリティの若宮テイ子が「これだけは供えるべきものは?」と聞くと、宮原さんは「真っ先にしなければいけないのは、『家具の固定』です。自宅を安全な場所にすること」と迷いなく答えました。皆さんのお宅は大丈夫ですか?

そして、持ち出し袋や備蓄品については「持ち出し袋は玄関先や外に出やすいところに置いておくとよいです。備蓄品は7日分とか言われますが、置き場所を、たとえば台所や車の中など分散して置いておくのがおすすめです」ということです。物をそろえるだけではなくて、被災した状況を想像し、置き場所を工夫することも大切なのですね。

おすすめの備えとしては、食料飲料、持ち出し袋など基本的なもののほか「大型のバッテリーなどは便利です」と教えていただきました。

あんしん壱番さんには防災士の資格をもったスタッフがいらっしゃるそうです。お店では防災の相談などもできるということですよ!

あんしん壱番 ホームぺージ