9月26日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストお一人目は瀬口侑希さんです。

8月25日「片恋しぐれ」を発売されました。
作詩:坂口照幸 / 作曲:筑紫竜平 / 編曲:南郷達也

今作は別れた人を偲んでひとり酒場で杯を重ねる女性を描いた作品です。

神戸市のご出身で関西に帰ってくると肩の力が抜けてほっとするとおっしゃっていました。
今回は今までになかったものにチャレンジしてみようという話になり
メジャー調の本格演歌を歌わせていただきましたとお話してくださいました。

筑紫竜平先生は大川栄策さんのペンネームで
メジャーソングは口の中に息を残さずフレーズごとに吐き切ってしまう、
譜面を見ながらここの音が表現する意味など大川さんが明るい歌の歌い方の”いろは”から教えてくださったそうです。

どういった経緯で大川さんが作曲をされたのか伺うと
瀬口さんの担当ディレクターさんが元々コロムビアレコードで大川さんの担当をされていたそうです。
そこからのご縁なんだとか!
そんな裏話も聞かせていただきました。

大川さんが作曲をされたのは女性では瀬口さんが第1弾なんだそうですよ
瀬口さんが挑戦されたメジャーな酒場演歌
ぜひCDを買って、聴いてくださいね♪

瀬口さんからリスナーさんへのプレゼントをいただきました!
詳しくは今日のOSAKA歌謡ウェーブをご覧になって下さい♪

ゲストお2人目は成世昌平さんです。

8月25日「三十石船哀歌(さんじゅっこくあいか)」を発売されました。
作詩:もず唱平 / 作曲:堀 慈 / 編曲:伊戸のりお

京都の伏見、大阪の八軒屋を結んだ川ぶね
「淀川三十石船」をモチーフに1人の女性の悲しい物語を描いた民謡演歌です。

三十石船は28人~30人くらいが乗る乗合船で
当時1日9000人もの人が行き交いしていたそうです。
鉄道ができるまでの江戸時代がメインで日本一の輸送機関だったとか!
詳しく教えてくださいました。

この物語の女性は貧しい農家の娘で15才で造り酒屋に奉公に出た。
そこで親切にしてくれた船頭さんを好きになってしまったけど決して一緒になることはない…。
この好きという感情も優しくされたからで本当の恋じゃないのかもしれない。
その後堀江の新地に売られてこのあとの人生どうなっていくのかというすごく悲しい物語をお話してくださいました。

白黒の映画を見ているかのような気持ちになりました。
みなさんもぜひ、CDを買って、聴いて、この世界を楽しんでください♪

コンサートの予定があります。

昌平のおもろい唄の世界 成世昌平コンサート
35周年+1 民謡名人位受賞記念
~淀の流れに~

10月1日(金)の予定でしたが、3月18日(金)に延期になりました。
詳しくは成世さんのホームページなどをご覧になって下さい。

今回お届けした曲

6時台

 1 望郷本線/寺本圭佑
 2 雨と風とリボン/ファンキープリンス
 3 浮世・色恋沙汰/竹村こずえ
 4 風のブーケ/松原健之feat.植村あかり&川村文乃&小片リサ
 5 片恋しぐれ/瀬口侑希《ゲスト》
 6 アキラ/岩佐美咲
 7 東京ホタル/津吹みゆ
 8 泣き唄/京太郎
 

7時台

 9 姉弟役者(新台詞入り)/朝花美穂
10 命の花道/中村美律子
11 三十石船哀歌/成世昌平《ゲスト》
12 恋いちもんめ/多岐川舞子
13 HA-HA-HAPPY/田原俊彦
14 潮騒みなと/椎名佐千子
15 長月の宿/若山かずさ

以上です。

来週のゲストは香西かおりさんKenjiroさんです。

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。