10月18日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日のゲストお1人目は長保有紀さんです。

10月7日に「思い出に抱かれて」を発売されました。
作詩:かず翼 / 作曲:徳久広司 / 編曲:矢野立美

昨年デビュー35周年イヤーを迎えられた長保さん。
新曲は、本当はそんな風に思ってないのに
相手のことを想ってあえて悪者になるような言葉で純愛を歌った大人のバラードです。

かず先生は最初ラヴ・イズ・オーヴァーのイメージで作っていたそうで、
大阪弁の歌詞ではなかったそうです。

自分の経験なのか、友人の経験なのか、
年齢的にも重なる部分があるので語尾を大阪弁に変えてもいいですか?
と聞いてこの形になったと教えてくださいました。
でも全編しっかりとした大阪弁じゃなくてソフトな大阪弁だから
誰でも聴きやすいし歌いやすいですよねとお話していました。

また、長保さんはふぐにお好み焼きが大好きな生粋の大阪人で
づぼらやさんが無くなったのも悲しいです。
私はつぼらやさんが生みの親の旭ポンズをずっと愛用していて
いつも一升瓶で買うんですとおっしゃっていました。
大阪では馴染みのあるポン酢ですよね♪

カップリングは「大阪えれじい」
A面、B面共に大阪ソングです。

ぜひCDを買って、聴いてカラオケなどで歌ってくださいね♪

お2人目のゲストは五木ひろしさんです。

10月21日に「遠き昭和の・・・」を発売されました。
作詞:高田ひろお / 作曲:杉本眞人 / 編曲:義野裕明

令和の時代になってよりいっそう遠くなった「昭和」の時代を
あんな事やこんな事あったなあ・・・と懐かしく振り返る作品です。

カップリングとして収録されている
「おまえの港」は1989年に発売されたアルバム「五木ひろし’89ベストセレクション 面影の郷」の中の1曲。
約30年の時を経て眠っていた良い作品を復活させましたとおっしゃっていました。
ジャケット写真のタイトル文字は五木さんの直筆。

そして8月26日にアルバム「演歌っていいね!」を発売されました。
若手からベテラン歌手の様々なヒットソングを五木さん自らが選曲をして
レコーディングされたカバーアルバムです。
若手の作品を歌うのはチャレンジで、
後輩の歌で勉強する部分もありましたし、
自分ならこういう解釈で歌うなと思う作品もありましたとお話されていました。
今回はアルバムの中から山内惠介さんの「唇スカーレット」をお聴き頂きましたが
山内さんからは一番最初にアクションあり、電話でもすごく喜んでくれていたとおっしゃっていました。
歌うSHOW学校では学級委員も務めておられましたね♪

選曲するにあたり、作家陣のバランスもたくさん考えたとお話されていました。
第2弾は私の歌も入れてくださいと早速色んな方から言われているそうです♪

また、大きな夢があり
地上波でゴールデンで演歌、歌謡曲の番組をしたい!
演歌を聞いたことがない世代にも触れてもらうきっかけを作りたいとおっしゃっていました。

演歌、歌謡曲の愛に溢れたお話をたくさん聞かせていただきました。

皆さんもぜひ
新曲、アルバム共に買って、聴いてくださいね♪

イベントのお知らせです。

2021年1月14日(木)~24日(日)
東京・明治座
新春「五木先生の歌う!SHOW学校 舞台版」を開催されます。

豪華二部構成のスペシャルステージです。
チケット情報など詳しくは公式ホームページなどご覧になってくださいね♪

今回お届けした曲

6時台

 1 あゝ染みるぜ/おおい大輔
 2 私らしくて/松川未樹
 3 遥かな人よ/松阪ゆうき
 4 友/寺本圭佑
 5 思い出に抱かれて/長保有紀《ゲスト》
 6 ほろろん演歌/村木 弾
 7 しぐれ舟/岩本公水
 8 冬椿/こおり健太

7時台

 9 北国終列車/福島はじめ
10 唇スカーレット/五木ひろし《ゲスト》
11 遠き昭和の…/五木ひろし《ゲスト》
12 契り酒/香西かおり
13 生々流転/氷川きよし
14 惚れた女の弱音酒/真田ナオキ
15 大阪メランコリー/北川裕二

以上です。

来週のゲストは松原健之さん羽山みずきさんです!

お楽しみに♪
来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。