3月11日

みなさんこんばんは。
番組アシスタントの吉田奈央です。

今週も
たくさんのメッセージ・リクエストのお葉書やメール有難うございました。

今日、お1人目のゲストは村木弾さんです。

昨年亡くなられた船村先生に捧ぐ、新曲「親父の手紙」についてお話いただきました。
いただいたパンフレットには先生直筆の譜面がありましたよ。
村木さん自身、船村先生が亡くなられた気がしない、歌っているときも
後ろで聴いてくださっているような気がしますと話され、夢にも出てきてくれないんですとおっしゃっていました。
村木さんのお父さんはどんな方ですか?の水谷さんの問いかけに
昔、少年野球をしていた時に村木さんがエラーをすると
大丈夫だー!と慰めるんじゃなく、グラウンドに下りてきて渇を入れるような熱いお父さんなんだそうです。

新曲の歌詞も曲名のようにとても分かりやすく
舞台で歌っていると頷きながら聴いてくださる方や、涙されている方もいて
カラオケなどで歌ってくださる皆さんにも共感していただきやすい詩だと思いますと
仰っていました。
歌詞にとても親心を感じました。
今年は体調管理を怠らず、先輩の舟木さんのように長く歌い続けられるようにしたいと
お話くださいましたよ。
ぜひ皆さんも買って、聴いて、歌ってくださいね♪

お2人目のゲストは椎名佐千子さんです。

 
今回はA面、B面大人の歌で「舞鶴おんな雨」舞台は舞鶴港、
心底愛した男性と別れてずっと忘れられない女性の心模様を描いた歌。
そしてカップリング「晩鐘」は小説家である佐藤愛子さんの作品をモチーフにした歌だそうで
この曲は人生を歌っているので歌いたいけど今の自分に表現できるのだろうか、
経験しないと難しいんじゃないかなと悩んだけどそれでも歌いたい!という思いが強かったそうです。
そして話は椎名さんがデビューして間もない頃の話になり、
その当時歌謡ウェ~ブの公開録音に出演されており、あの頃は打ち上げでお酒が飲めない年齢だったと思い出話に花が咲きました。
水谷さんもこんな歌が歌えるようになったんだなあと感動されていました。
一時期、声が出なくなり、苦しく悩んだときもあったけどこうやって
みなさんにうまくなってねーと声をかけてくださると歌い続けて本当に良かったです!
と仰っていました。
デビュー15周年を迎えられ、これからの目標は
「座長公演ができるアーティストに成長する事」

皆さんも歌って、応援して下さいね♪

今回お届けした曲

6時台

 1 つくづく一途/中条きよし
 2 酒暦/香西かおり
 3 河内のからくち/浅田あつこ
 4 飯田線/小沢あきこ
 5 親父の手紙/村木弾《ゲスト》
 6 夫婦人情/石川さゆり
 7 会津追分/森山愛子

7時台

 8 一点物/水沢明美
 9 黒の漁歌/モングン
10 舞鶴おんな雨/椎名佐千子《ゲスト》
11 菜七子/北川大介
12 鳰の湖/丘みどり
13 無情の波止場/原田悠里
14 深川浪花物語/川中美幸

以上です。

来週のゲストは、走裕介さんです!

来週も、
たくさんのリクエスト・メッセージお待ちしております。