”桜勇者”8強 本物ラグビー

 W杯ラグビー日本大会。史上初の決勝トーナメント・ベスト8に進出した日本brave blossom(桜の勇者)は、南アフリカに3-26で敗れた(20日)。奇しくも10月20日は、今大会に力を注いでいた最中に病に倒れた平尾誠二元日本代表監督の命日。
 4年前のW杯で”今世紀最大の番狂わせ”と言われた勝利の再現はならなかった。しかしまさしく、堂々の敗戦…日本ラグビーが歴史を変えた日となった。

◆戦績で表す世界ランキングとは別に、歴史・伝統・スポーツマンシップなど加味したラグビー界独特のティア(tier=英語・階級・位)。8強のうち超一流「ティア1」が7チーム、いわば2番手「ティア2」は日本だけ。2度の優勝経験を持つ南アフリカに、後半徹底したスクラム・モール、フィジカルで圧倒され力尽きた…しかし総重量差30キロの相手に真正面勝負を挑んだ姿、胸を張れ!
 
 1次リーグ最終戦、日本は28-21でスコットランドを破り4戦全勝。スコットランド戦が本物の力を問われると思った…それでもまだ半信半疑だったが、この準々決勝・南ア戦で「本物」だと確信に変わった。
 その力を裏付けるように、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長はプール戦(1次リーグ)総括会見で、日本の「ティア1」入りには触れなかったが、「(今大会後からは)テストマッチで引っ張りだこになるだろう」と予言した。

◆川淵三郎Jリーグ初代チェアマン・元日本サッカー協会キャプテン(会長)は、決勝トーナメント進出が決まった日に粋なツイートを発信した。
 「日本ラグビー、ベストエイト進出誠におめでとうございます。
番狂わせではなくて相手を凌駕するタックル、パスワーク、分厚い守備は世界レベルの実力そのもの…今は亡き宿沢さんが、サッカーより先にベスト8になります、と僕に言った言葉が現実になった。宿沢さん、参りました!」

◆桜のジャージが最後になる最年長38歳のトンプソン・ルークは試合後「ちょっとさびしい。このチームは特別だった。負けたのは残念だが、素晴らしい応援。感動しました」。
 リーチ・マイケル主将は試合後、涙の選手たちに「下を向く必要はない」と語りかけた。爽やかな表情で会見し「このチームのキャプテンができて誇りに思っている。応援を送ってくれたサポーターに感謝したい」。そして淡々と「日本はこれからもっと強くなる!」。
 4年後は「たかが8強か…」の声が聞こえてくるような進化、地力を期待したい。

◆日本中が盛り上がり、元気をくれたW杯。この後の日本ラグビー界も大事だ。プロ化構想も賛成だが簡単ではない、商業ベースにどう乗せられるのか…新たな方法は⁈
 その時には地域に根ざしたチーム作りで、政治が頼りない「地方創生」にぜひ一役買ってほしい!

日本ONE TEAM
<2019.10.21 S>