ニュースキャプテン 喜怒哀楽 » Blog Archive » 震度6弱 伝えること

震度6弱 伝えること

◆いつもより早く目覚め、新聞を繰っていたとき下から突き上げるようにグラグラッと来た(ついに南海トラフかと…)。ビーッビーッと不気味なスマホの緊急地震速報が鳴る。思わず這いつくばって、揺れがおさまるのを待つ時間が長く感じた。
18日7時58分に起きた大阪北部を震源とする震度6弱(大阪で初)の地震。すぐに津波の心配はないという情報。単身赴任の東京時代に起きた東日本大震災(2011年3月11日)、津波の猛威を思い出しひとまずはホッとする。
/
社へ向かおうと駅に着いても、大阪の鉄道網は全線ストップ。いつ再開できるか、駅員でさえピリピリと「分かりません」。とにかく歩いてひと駅、道路沿いを来たこともあり運よくタクシーに乗ることができた。阪神大震災(1995年1月17日)のときは全く車はつかまらず大渋滞、それに比べるとまだ被害は少ないのでは、と感じる。
/
◆制作報道部は”一種”騒然としていた。まず被害は死傷者は、そしてライフライン優先だ。鉄道は全面ストップ、断水、停電17万戸、ガス11万戸停止、エレベーター停止、休校は企業は…次々と情報が入ってくる。普段は放送しやすい記事にするが、その余裕がない。わずか1行2行の速報をつぎ足して記事にする。アナウンサーは、経験から淡々と着々と放送していく。
制作報道部長、アナウンサー部長の指示が飛ぶ。定時ニュースでは通常より詳しく長く伝える。それ以外に番組中にも情報を“差し込ん”でいく。住民の足であり速報性を求められる重要な鉄道情報は、刻々と止まることなく入ってくる。リスナーに伝える…素早く判断し臨機応変に状況をまとめていく松本アナウンサー。ニュースの間に読み原稿にし、別枠で的確に柔軟に放送する和田アナウンサー。また、地震直後でごった返す大阪駅で、藤川アナウンサーが会社員、女子大生らの声を聞き臨場感ある中継レポート・実況をした。チームプレーで伝え続ける。
私鉄、大阪メトロなど順次運転を再開していく中、JR大阪環状線がやっと動き出したのは14時間後、夜の10時だった。多くの「帰宅難民」を出すなど、またも都会の脆さを露呈した。
/
そんな中、「京阪脱線」「京セラドームの屋根亀裂」「南千里駅が倒壊」…SNS上に心ないデマ情報もあった。命に関わる災害情報、看過できない。
/
人的被害だけでも、違法建築で倒壊した小学校ブロック塀の下敷きになった女児、80歳代の男性ら計5人が死亡、負傷者は2府4県で400人以上に上った。被災地域各所では避難所が設けられ、発生3日目で1700人が不安な時を過ごす。体感数は少ないが余震は続き、30回を超える。追い打ちをかけるように梅雨時の雨、土砂災害も当分警戒しなければならない。何より被災者の心身が心配だ。
/
◆世界有数の地震国日本。突然来る地震、内陸型活断層が走る近畿。今回の「大阪北部地震」のエネルギーは「阪神」の60分の1程だといわれるが、震源が浅かったことも影響したという見方もある。地震メカニズムの解明、知ることも重要だ。
そして、減災へ「命を守る」ために何ができるのか。
/
伝える 誰かのために。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////<2018.6.20>

Comments are closed.