「第1回阪神競馬9日目 若手TMの硬派な馬券術!」

3日間開催の最終日となった3/22(日)の放送日は阪神で「阪神大賞典」(G2・芝3000)、中山で「スプリングステークス」(G2・芝1800)がそれぞれ行われました。

3連単プレゼントは阪神メインの阪神大賞典を予想。濱野さんがキセキを、西村さんがメイショウテンゲンを、田辺さんがレノヴァールを指名しました。

レースは圧倒的1番人気のキセキが大きな出遅れ。先頭が目まぐるしく入れ替わって最後の直線、道中でポジションを上げたキセキが早めに抜け出しをはかるも失速すると、その内から伸びてきた2番人気ユーキャンスマイルが捕らえると、そのまま後続を振り切ってゴールイン!

本格化を予感させる重賞3勝目を挙げました。

3連単プレゼントは、濱野さんのキセキが7着、西村さんのメイショウテンゲンが3着、田辺さんのレノヴァールが9着となり、3着馬を指名した西村さんが勝者に。

さて、阪神大賞典ではキセキ、スプリングステークスではヴェルトライゼンデと、ともに抜けた人気の2頭が敗れ、東西のメインレースは波乱の結果に。当然のごとくWIN5も超難解だったわけですが・・・この日の朝のフルコースでは、そんなWIN5の攻略コーナー「WINのキモ」でプレゼントが成功しました!

かわいらしいダブルピースで写真撮影に応じてくれたのは、坂本トラックマン!

ベテラン揃いの競馬エイトでは30代半ばと若手なんですが、馬券はシンプルな単複勝負が中心という、写真の穏やかな見た目に反して硬派な一面を持つトラックマンなんです。

この日の「WIN5のキモ」でも、阪神10レースで本命馬⑨サーティグランド(10番人気)の単複で勝負!

これが見事3着に粘って、4000円分の複勝が2万4400円の払い戻しに!
必ず勝ち馬を当てないといけないWIN5で、レースには敗れたものの、馬券的には勝利を収めることができました。

この坂本TMの馬券で、特に注目したいのが単勝1000円に対し、複勝を4000円に振り分けた点。
実はこれ、少し前に穴馬スナイパー・田辺さんも実践していたんですが、人気薄ということで3着以内でも5倍以上になることを考慮して厚めに配分し、もし1着に突き抜ければ大幅なプラス収支が見込めるという馬券術なんです。
大前提として穴馬を見分ける眼力が必要にはなるわけですが・・・この「単複1:4の法則」、あなたも一度試してみては?

次週から春のGⅠシリーズがスタート!3/29(日)は中京で「高松宮記念」(G1・芝1200)が行われます。タワーオブロンドン、ダノンスマッシュら短距離のスペシャリストに、スプリントGⅠ初挑戦の桜花賞馬グランアレグリアも参戦!この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!