ドラマティック競馬日記 » Blog Archive » 第3回阪神競馬2日目 穴馬のキーワードは・・・?

6月に入り舞台は阪神競馬場に。6/3(日)の放送日は東京で春のマイル王決定戦「安田記念」(G1・芝1600)が行われました。
3連単プレゼントは濱野さんがリアルスティールを、西村さんがスワーヴリチャードを、田辺さんがモズアスコットを指名。
大阪杯の上位2頭スワーヴリチャード、ペルシアンナイトのほか、海外GⅠ馬リアルスティールなど、短距離路線外からも実力馬が集結した第68回安田記念。
レースはサトノアレスがやや出負けして後方から。好スタートを切ったレーヌミノルを外からウインガニオンが制して先頭に、スワーヴリチャードが5番手、その直後にペルシアンナイト、サングレーザーと上位人気馬が好位を進みます。前半600mを34秒2で通過し、徐々に馬群が縦長になってペースアップ。3、4コーナーをカーブして直線へ。逃げるウインガニオンに、アエロリットが迫り、残り200mで交わして先頭に、そこへスワーヴリチャード、さらに外からサトノアレスも飛んでくる中、内からスルスルと抜けてきたモズアスコットがゴール直前で交わしてゴールイン!!鞍上のクリストフ・ルメール騎手は桜花賞、オークスに続いて今年3度目のGⅠタイトルを手に入れました。
3連単プレゼントは、濱野さんのリアルスティールが15着、西村さんのスワーヴリチャードが3着 、
田辺さんのモズアスコットが1着となり、1着馬を指名した田辺さんが勝者に。
さて、ルメール騎手のGⅠ勝利で幕を閉じた今年の安田記念、上にも書いたように田辺さんが⑩モズアスコット(9番人気)を本命に①スワーヴリチャードとの3連単6万3280円をゲット!さらに田辺さんは自身のコーナー「夢の3連単大作戦」では阪神11Rで④サイモンラムセス(4番人気)を軸にした3連単2万5530円を的中させる大爆発!実はこの勝ち馬2頭には穴馬としての共通点があったのです!

競馬エイトの出走馬表の下部分に書かれている「ローテーションと成績」欄ですが、蛍光ペンでのマーキングにはどちらも‟連闘”の文字が・・・。そうです!これが2頭の共通点。両レースとも1頭ずつしかいなかった連闘馬が勝利したのです。何気なくスルーしてしまいそうな情報ですが、馬の状態がすこぶる良くなければ出来ない戦術ということで、準オープンやGⅠに使うということは各厩舎サイドにも自信があったということなんですよね。特に夏場には使えそうな、この穴馬のキーワードみなさんもぜひ覚えておいてください!

Comments are closed.