第1回阪神競馬2日目 放送席はまるで冷蔵庫!

阪神競馬場に舞台を移しての開催となった2/26(日)の放送日。この日は阪神で「阪急杯」(G3・芝1400)、中山で「中山記念」(G2・芝1800)が行われました。三連単プレゼントでは阪神メインの阪急杯を予想。濱野さんはスプリングサンダーを、西村さんはガルボを、田辺さんはオセアニアボスをそれぞれ指名しました。

結果は、抜群の手応えで内を突いたマジンプロスパーが、阪神コース4勝のスプリングサンダー、昨年の覇者サンカルロらの追撃を寄せつけず、1馬身半のリードを保ってゴールイン!JRA転厩後、1年足らずで重賞初勝利を挙げました。三連単は濱野さんのスプリングサンダーが2着、西村さんのガルボが5着、田辺さんのオセアニアボスが4着となり、2着馬を指名した濱野さんの勝利となりました。

いやぁ〜、この日は本当に寒かった。京都と違って風が強いので、出演者のみなさんからも「寒い、寒い」という言葉が連呼されていました。暖かい飲み物も一瞬で冷たくなってしまいます。

この日、早速大活躍したのが、先週阪神行きの荷物に詰め込んだ毛布♪写真の時刻は藤岡トラックマンの担当時間帯なので、午後2時過ぎぐらいです。ちょうどこの頃、放送席の前で吹雪が舞っていたので、慌てて用意する運びとなりました。

阪神のラジオブースは放送席と、女の子がオッズや結果を読み上げる機材フロア、大テーブルが置かれた広い待機部屋の3つに分かれています。
寒さを順番に並べると、放送席>機材>部屋という感じで、この日はみんなギリギリまで暖かい部屋を出ようとしませんでした。

ふと、待機部屋に繋がる扉を見ると、何か貼り紙が。。。

よ〜く近づいて見ると、

お茶目な番組プロデューサーのイタズラ♪というわけで、この日も寒いながらも、楽しい競馬中継が行われたのでした。

さて、3月最初となる次週からは新生・中京競馬場がグランドオープン!3/4(日)の放送日は、中山で「弥生賞」(G2・芝2000)、中京で「中日新聞杯」(G2・芝2000)が行われます。この日のドラマティック競馬も朝10時からON.AIR。それでは皆さん、お聴き逃しなく!