月別アーカイブ: 1月 2018

【第53回上方漫才大賞】無料招待のお知らせ(応募締切3月19日)

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

第53回上方漫才大賞のお知らせです。

1966年・昭和41年に制定された『上方漫才大賞』は上方演芸界で

最も長い歴史をもち、今年で53回目を迎えます。

今年は4月7日・土曜日、午後3時から大阪・オリックス劇場で開催!

その様子は、ラジオ大阪・関西テレビで同時生放送します。

 

この上方漫才大賞の発表会に、抽選で500組1000名の方を、無料でご招待します!

 

<応募方法>
①ハガキで応募
住所、氏名、年齢、電話番号を記入の上、下記までお送り下さい。

〒530-8085

日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱277号 「上方漫才大賞」係

(応募締切は、3月19日、月曜日の当日消印有効)

②WEBページから応募
上方漫才大賞特設ページからもご応募いただけます。

 

なお、この無料招待席は2階席、もしくは3階席となります。

そのほか、1階席でご観覧いただける「特典付き指定席券」も発売予定です!

 

第53回上方漫才大賞について詳しくは、ラジオ大阪の特設ホームページをご覧ください。

金言・名言『ええこと言わはるわぁ』1月31日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

『青木和雄の昼までええやん』 毎週水曜日コーナー
金言・名言「ええこと言わはるわぁ」

 

歴史上の偉人や各界の著名人が残した“金言・名言”を毎週ご紹介いたします。

皆様の日々の生活に役立てていただければ、という前向き生活型の知恵袋コーナーです。

 

 

-今週のお言葉-

しなくちゃいけない仕事には、何か楽しめる要素があるものよ

ディズニー映画「メリー・ポピンズ」より

 

 

番組では、リスナーのみなさんにとっての金言・名言、心に響いた“あの人の言葉”も募集しています。

 

ええこと言わはるわぁ。

 

聞き逃した方は、ラジコタイムフリーで!

2月6日(水)まで聴けます♪

 

番組HP⇒青木和雄の昼までえぇやん!

「一生サポートものわすれクリニック」2018年1月30日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

出 演/

松本診療所ものわすれクリニック院長 松本一生(いっしょう)先生

原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー)

大西ユカリ(火曜アシスタント)

認知症は10年後に730万人 高齢者の5人に1人と言われる時代。

認知症の方、また、介護する家族を応援するコーナー。

介護する方の悩みを募集し、松本先生に答えてもらいます。

お悩みの方がいらっしゃいましたら番組までお便りをお寄せください。

————————–☆

今回は番組に来た、介護事情に関するお便りを紹介しました。

 

60歳独身男性から

「94歳の母を24時間介護中です。

ひとりでかかえたらあかん、とよく言われますが、

ひとりで抱えないといけない状況の人もいる、と

読売新聞の記事を見て思いました。

記事を同封します。

 

↓↓

ケアノートより一部抜粋

篠田節子さん(小説家)61歳の記事

 

20年来 近所の認知症の93歳の母を支えています。

母は他人を一切受け入れず、介護サービスを利用できません。

ふたりきり閉じ込められた親子のカプセル状態が続いているのがつらいです。

家族以外の人から世話を受けるのを拒み、

デイサービスに預けた時は『返せ、返せ』と大騒ぎだったそうです。

 

支配するのが愛情と信じているタイプで

何度も離れようとしましたができませんでした。

・・(後略)」

 

 

松本先生:

この手紙のおっしゃる通りで、

社会的にはみんなでやっていこうということになっているが、

そうはいかない場合もありますね。

 

世間でいわれる当たり前でもできないこともある。

 

原田年晴:

この番組ではほかの人に頼ることが大事、と言っているが、

他の人に頼めない人もいるんですね。

 

松本先生:

はい、こういう介護の形は多いです。

 

この記事では 母親が支配的なタイプ、とありますが

自分の妻と妻の母もそんな感じでした。

 

医学的には

前頭葉の自尊感情をつかさどるところは

しっかりしていて、でも相手の状況を判断する部分が

弱っているとこういうことになりやすいんです。

 

 

大西ゆかり:

お手紙の方は男性なので、体力的には大丈夫かもしれないが、

介護はいろいろしないといけなくて、簡単に済まない部分が多いから

記事を読むと、おれもがんばれると、ある意味で励みになるのかも

知れませんね。

この人も 大変やろな、と思ったり。

ほっとして記事を送ってくれたのかも。

 

原田年晴:そうかもしれないですね。

 

松本先生:私の患者さんでも、いくつものケースが思い浮かびます。

この方、母親とは異性ですし、男性お1人でささえるのは大変でしょうね。

 

大西ゆかり:心のケアが大事やなぁと思います。

 

 

このように、

社会的なサポート制度はあっても、なかなか利用できない状況があるのですね。

社会の理解や、介護される方の心のケアが大事になってきますね。

番組では皆様のお便りを募集しています。

介護にかかわってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、

悩みや質問をお送りくださいね。

———————————————————————– ☆

FAX 06-6577-0301

honma@obc1314.co.jp

〒552-8501

ラジオ大阪 「ほんまもん!原田年晴です ものわすれクリニック」の係

 

番組HPはこちら→「ほんまもん!原田年晴です

「一生サポート ものわすれクリニック」は毎週火曜日13:40頃の放送です。

ぜひお聞きくださいね!

 

記事化にあたり編集していますので

オリジナルの詳しい音声をお聞きになりたい方はちらから

ラジコでお聴きいただけます(2/6までです。)

 

「一生サポートものわすれクリニック」2018年1月23日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

出 演/

松本診療所ものわすれクリニック院長 松本一生(いっしょう)先生

原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー)

大西ユカリ(火曜アシスタント)

認知症は10年後に730万人 高齢者の5人に1人と言われる時代。

認知症の方、また、介護する家族を応援するコーナー。

介護する方の悩みを募集し、松本先生に答えてもらいます。

お悩みの方がいらっしゃいましたら番組までお便りをお寄せください。

————————–☆

54歳女性のリスナーさんから、松本一生先生の優しい声にびっくりしました、というお手紙を

いただきました。

松本先生は照れながら、自分の声がどう届いているのかわからないとおっしゃっていましたが、

やさしい声にほっとしてくださっているみたいですね。

 

さて、今回はある記事をご紹介しました。

 

「高瀬クリニックの高瀬先生のインタビュー記事/

往診から帰るとき、ありがとう、今日は楽しかったと握手をします。

認知症の患者さんて、見ていないようで見ているから

嘘をつくと見ぬくんですよね。」

 

 

松本先生によると、

(一部の怖がる人は除きますが)ボディタッチなど触れる事を通じて

気持ちを伝える、コミュニケーションをとることは大事だそう。

 

ただし、認知症の方は空間認識が出来ないことがあるので

後ろから触ることは避けた方が良いそうです。

 

 

嘘をつくと見ぬく、という記事に対しては、

やはりその通りで、例えば子供、動物 などに

言葉を使わなくても気持ちが伝わるように、

記憶、判断が低下しているからこそ 逆に鋭敏になるのか

こちらがどう思っているか、いつのまにか、

相手に伝わっているような気がする、とのことでした。

 

 

介護の方も、心をこめることが大事で、

心をこめて接するれば通じる部分がある、ということなんですね。

———————————————————————– ☆

FAX 06-6577-0301

honma@obc1314.co.jp

〒552-8501

ラジオ大阪 「ほんまもん!原田年晴です ものわすれクリニック」の係

 

番組HPはこちら→「ほんまもん!原田年晴です

「一生サポート ものわすれクリニック」は毎週火曜日13:40頃の放送です。

ぜひお聞きくださいね!

 

記事化にあたり編集していますので

オリジナルの詳しい音声をお聞きになりたい方はちらから

ラジコでお聴きいただけます(1/30までです。)

 

ラジオ大阪新生活活性化プロジェクト 新生活応援1day企画のお知らせ

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

2月12日(月・ 祝) のラジオ大阪は新生活応援1day企画
春からの新生活スタートに向けて、役立つサービスや新商品の情報を一足早くお届けします。

『慶元まさ美のハッピー・モーニング』 『青木和雄の昼までえぇやん!』
『ほんまもん!原田年晴です』『髙岡美樹のべっぴんラジオ』 『熟メン!野村啓司です』の
ワイド5番組で新生活活性化プロジェクトとして新生活の応援情報満載でお送りいたします。

>> 詳しくはこちらの 特設ホームページ をチェックしてみてくださいね!

2018年ラジオ大阪カレンダー販売もうすぐ締め切り

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

「2018年ラジオ大阪カレンダー」受付はは1/31までです。


ラジオ大阪では、目の不自由な方へ音の出る信号機を贈るラジオ・チャリティ・
ミュージックソンの一環で、チャリティカレンダーを販売しています。

今年のカレンダーも、ラジオ大阪の番組パーソナリティとアナウンサーが
勢揃いしています!



販売価格は1枚税込み700円。(直接販売以外は別途送料が必要です。)
仕様:
サイズはA2版(タテ594mm✕ヨコ420mm)で、1枚のポスター状

製作にかかった経費を除く全額が、ラジオチャリティ・ミュージックソンの募金となります。
—————————

下記の方法でご購入いただけます。

① 電話

06-6577-1311

にお電話をお願いします。
(10:00~17:00 土日祝年末年始を除く。)

メール hensei@obc1314.co.jp

「カレンダー希望」とお書きの上 住所、氏名、電話番号、希望部数 をお知らせください。

 

—————————

今年もご協力よろしくお願い致します!

「髙岡美樹のべっぴんラジオ」生中継のコーナー!1月23日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

「髙岡美樹のべっぴんラジオ」をもっとたくさんの人に知っていただくために

番組レポーターが様々な場所へ行き広報活動をする生中継コーナー♪

 

*************************************

 

この日の担当は代走みつくに課長!

 

京都府向日市の阪急洛西口駅周辺で広報活動をしましたよ★

洛西口駅から5分ほどにある、カレー工房ギャーさんにお邪魔しました。

カレー工房ギャーさんは、髙岡さんも食べたことのあるという南森町に以前あった、

「あの名」店の味を再現しようと思って作られたそうです!!

 

独学でカレーが好きだ!という情熱で色々なメニューに挑戦しているお店★

いただいたのは、近江ぎゅうぎゅうギャーハンという1日限定5食 のカレー!!

とてもスパイシーでやみつきになるカレーだそうですよ♪

 

そして、こちらのお店はカレー屋さんだけではなく、エアギターの専門店もあります!!

実は、マスターの齊藤さんはエアギター2012年日本チャンプ!!

私たちには見えませんが…店内には7万本のエアギターが飾られているそうですよ!

※もちろんマスターには見えています!!

 

エアギター専門店にもメニューがあります♪

エアギター本体1,000円

エアストラップやエアピックなどの小物はオール100円

など、こちらのメニューをご注文していただくと、売り上げは全額「日本赤十字社」を通じて、

東日本大震災と熊本地震の義援金として寄付されるそうです。

 

そして、マスターの齊藤さんにエアギターを実演していただきましたよ!

動画は画像をクリック↓↓

 

代走さんもエアギターに挑戦!!

動画は画像をクリック↓↓

カレーの辛さもですが、なかなか奥の深いお店でした★

 

番組をもう一度聴きたい方は、ラジコから♪

1月30日(火)まで聴けます。

 

番組HP⇒髙岡美樹のべっぴんラジオ

「トットのNEXT芸人コレクション!」1/23放送 

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

<毎週火曜日23:45~24:00>
第52回上方漫才大賞新人賞のトットが若手芸人を紹介してくれる番組です!
(左側がツッコミ担当の多田智佑さん、右側がボケ担当の桑原雅人さん)

****************************************

今回のゲストは、「斜に噛む」です!
(手前左がボケの久保さん、右がツッコミの峯尾さん)

3年目の「真の新人」!

なかなか変わったコンビ名ですが…
久保さんが小さい頃、“おやじに連れられて”フィリピンに住んでいたそうで、
フィリピンの(本場の)方に、
「バナナはななめに食べるものだ」
と教えられたことがヒントになったよう。
そうすると“甘みが増す”らしいのですが、
久保さん:「(ななめに食べると)断面図が多いです…」?(笑)

幼稚園から小学5年生まで住んでいたそうですが、
当時のことはあまり覚えていないとのこと。
桑原さん:「中学校までおったら覚えてるやろうけどなぁ」
・・・生まれも育ちも大阪市内の桑原さん、お詳しい(笑)

そんな久保さんですが、
通っていた日本人学校には当時、ショットガンを持ったガードマンがいた
とか
近くのよく行っていたショッピングモールが爆破テロでなくなった…!
など
なかなかハードなエピソードをお持ちでした(笑)

一方峯尾さんは、なんと生まれも育ちも職場まで「難波」!笑
多田さん:「どっか行けや(笑)」
・・・微動だにしなかったみたいです(笑)

さて、話は「遅刻問題」の話題。
峯尾さんは、待ち合わせに1時間は遅刻してくるという久保さんを心配しているそう。
その時間感覚は、“フィリピンのマニラ・タイム”…???笑
桑原さんも遅刻しやすいタイプみたいで、
多田さん:「芸人やからって、社会人やから関係ない」
という真面目なダメ出しが入ったところで
桑原さん:「その辺、熱くならないで…!」笑)

****************************************

笑いが途絶えないあっという間の15分番組!
こちらからお聴きいただけます(1/30まで)

12月から「理容・美容のプラージュ」さんの提供がつきました!!
「プラージュ」は、美容室と理容室を全国に670店舗展開している、
「理美容業界年商日本1」の会社です。
今までとは違った、新しい展開も企画中なので、楽しみにしていてくださいね♪

来週のゲストは「ZUMA」です。お楽しみに~!

【番組HP】→トットのNEXT芸人コレクション

金言・名言『ええこと言わはるわぁ』1月24日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

『青木和雄の昼までええやん』 毎週水曜日コーナー
金言・名言「ええこと言わはるわぁ」

 

歴史上の偉人や各界の著名人が残した“金言・名言”を毎週ご紹介いたします。

皆様の日々の生活に役立てていただければ、という前向き生活型の知恵袋コーナーです。

 

 

-今週のお言葉-

結婚とは、男が“自由”を賭け、女が“幸福”を賭けるくじである。

ヴィルジニー・デ・リュー(フランスの作家)

 

番組では、リスナーのみなさんにとっての金言・名言、心に響いた“あの人の言葉”も募集しています。

 

ええこと言わはるわぁ。

 

聞き逃した方は、ラジコタイムフリーで!

1月31日(水)まで聴けます♪

 

番組HP⇒青木和雄の昼までえぇやん!

「一生サポートものわすれクリニック」2018年1月16日放送

投稿日: 作成者: ラジオ大阪

出 演/

松本診療所ものわすれクリニック院長 松本一生(いっしょう)先生

原田年晴(ラジオ大阪アナウンサー)

大西ユカリ(火曜アシスタント)

認知症は10年後に730万人 高齢者の5人に1人と言われる時代。

認知症の方、また、介護する家族を応援するコーナー。

介護する方の悩みを募集し、松本先生に答えてもらいます。

お悩みの方がいらっしゃいましたら番組までお便りをお寄せください。

————————–☆

今回は年末年始の介護に関連した話題です。

 

原田年晴アナ

こんなお便りを番組にいただきました。

 

兵庫県の方から。「今日、ケアマネージャの方にきてもらい室内での歩行器、

お風呂での椅子を注文しました。

正月の間利用できるので助かります。85歳の母。介助、介護と進みそうです。

がんばります。」

 

原田年晴アナ

こういった準備はお正月に必要にことなんでしょうね。

 

松本先生

そうですね。

年末年始にケアマネさんが動いてくれたというのは心強かったでしょうね。

 

原田年晴アナ

実は、先生も奥様の介護中なのですが、

先生のブログから記事をご紹介します。

 

「妻が寝ました。毎朝、午前4時に起きて午後10時には寝ますので、ボクの今日のケア

は終わりました。今、自室で紅白歌合戦を見ながらブログを書いています。

 

認知症を専門に診るようになってから、いつの間にか介護職のストレスコントロールも

専門にするようになりました。

何よりも介護職、支援職をサポートしなければならないと、

こころの中からそういった気持ちが沸き上がって来たのを今でも覚えています。

ちょうど「日本認知症ケア学会」という新しい学会ができることを新聞の小さな記事で

知った直後のことで、その次の年、平成12年(2000年)から介護保険が始まったころの話です。」

 

原田年晴アナ

どんなお気持ちだったのでしょうか?

 

松本先生

精神科医として、介護支援職がバーンアウト、つまり、燃え尽きてしまわないようにするのは

僕らの役目かな。と思ったんです。

 

原田年晴アナ

(ブログ)「ある介護職の言葉を今でも思い出すことがあります。

その人は介護職として12月31日が終わって元旦を迎えようとしていても、

介護を受けている人の安定のためには

「何も変わらないその日」を担当しているようにケアしていると教えてくれました。」

 

原田年晴アナ:これはどういうことでしょう?

 

松本先生

12月31日、1年でもっとも最後の日ですが、これまでに担当してきた精神科の患者さんや

認知症の人びとの中には、新しい年を迎えることがストレスになることがあります。

 

もう1年が終わるのに何もできなかった」と自分を嘆く人も多く、

年末はそういう人の場合には心理変化に気をつけなければなりません。

変わらない日にするほうが、安定することがあります。

おうちによってはバタバタするのは当たり前なのですが、

普段通りに接するのがいいと思います。

 

大西ユカリさん

心のリズムが落ち着く気がしますね。追われるの、かなわんやろね。

 

原田年晴アナ:

”普段通り”が介護されている方にとっての安心につながるということですね。

 

松本先生

はい。そして、年末年始にもかかわらず、ケアをしている方々を

支えていかないといけないと思っています。

 

原田年晴アナ

そうですね。

 

番組では皆様のお便りを募集しています。

介護にかかわってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、

悩みや質問をお送りくださいね。

———————————————————————– ☆

FAX 06-6577-0301

honma@obc1314.co.jp

〒552-8501

ラジオ大阪 「ほんまもん!原田年晴です ものわすれクリニック」の係

 

番組HPはこちら→「ほんまもん!原田年晴です

「一生サポート ものわすれクリニック」は毎週火曜日13:40頃の放送です。

ぜひお聞きくださいね!

 

記事化にあたり編集していますので

オリジナルの詳しい音声をお聞きになりたい方はちらから

ラジコでお聴きいただけます(1/23までです。)