ワイドFMのお知らせ

 ラジオ大阪は、2016年2月29日、総務省・近畿総合通信局から、FM補完中継局の本免許
(周波数91.9MHz・出力7kw)を交付されました。
(ABCラジオ・MBSラジオも同時に、FM補完中継局の本免許を交付されています。)

 ラジオ大阪は現在、周波数AM1314kHzで放送しています。
AMラジオ放送は、電波が広範囲に届くというメリットがある一方、鉄筋コンクリートの建物内に電波が届きにくかったり家庭内の電子機器やパソコンの近くでは雑音が入りやすいというデメリットがあります。

 こうした都市部でのAMラジオ難聴状態の解消を目指して、ラジオ大阪は、FM補完中継局の免許申請を行い、
本免許の交付を受けました。
このFM補完放送のことをワイドFMと呼び、本放送は2016年3月19日(土曜日)正午開始です。

FM補完(ワイドFM)についてのQ&A

  • FM補完放送とは、何ですか?

    FM補完放送とは、AMラジオの災害対策または難聴対策を目的として既存のFM放送に現在隣接する
    90~95MHz間の新たな周波数を用いてラジオ大阪などのAMラジオ局の番組を放送することです。
    ラジオ大阪も主に都市難聴対策として、このFM補完中継局開設の申請を行い、2月29日に本免許が
    交付されました。

  • 聴くことができるエリアは?

    受信できる範囲のめやすは、下図をご参照ください。
    ※ただし、あくまでもこの受信できる範囲は「めやす」ですので、この範囲内でも地形や建物の影響、
    機種により、電波が届きにくい場合もあります。予めご了承ください。

  • FM補完放送(ワイドFM)と通常のラジオ大阪のAM放送はどう違うのですか?何を放送するのですか?

    FMでも、AMと番組もCMも全く同じ放送をします。
    現在お聴きいただいている平日・土日すべての番組を、そのままFM91.9MHzで聴くことが
    できます。
    ビルやマンションでも受信しやすく、雑音が少なくよりクリアな音でラジオ大阪を聴くことができます。

    ラジオ大阪のFM補完中継局の電波が届かないエリアでは、これまで通り、AM1314kHz、インターネットラジオサービス「radiko.jp」(ラジコ)で、ラジオ大阪をお楽しみいただくこともできます。

  • 今、聴いているラジオでFM補完放送(ワイドFM)は
    聴くことができるのですか?

    FM補完放送(ワイドFM)はこれまでのFM放送の周波数90MHzを超える周波数で放送するため、
    90MHzまでしか受信できないラジオでは聴くことができません。 ラジオ大阪のFM補完放送をお聴きに
    なるためには90MHz以上の周波数を受信できるFMラジオやステレオコンポが必要となります。

    また、全国各地でFM補完中継局が開局することを受け、各メーカーから、「ワイドFM/FM補完対応」と
    表示しているラジオが続々と発売されています。今後も多くの対応機種が発売される予定です。

    下図のように、2011年7月24日以前のアナログテレビ音声の聴取が可能なFMラジオでもお聴きいただけます。

    ※一部の機種(出荷時にプリセットされている等)では聴取不可能です

  • FM補完中継局を設置するのは、ラジオ大阪だけですか?

    大阪では、ABCラジオとMBSラジオもラジオ大阪と同じ日に本免許の交付を受けました。送信所も同じく生駒山に設置される予定です。 すでに全国でも順次サービスが始まっています。

この件に関する問い合わせ窓口