• ありがとう 「道頓堀角座」 

    2018年7月23日 - 11:22 AM by 藤川 貴央

    きのう 大阪・ミナミの「道頓堀角座」が“最後の夜”を迎えました。


    (DAIHATSU MOVE 道頓堀角座 大阪市中央区)

    松竹芸能の本拠地劇場であり、演芸の街・道頓堀の象徴でもあった角座。

    江戸時代から「道頓堀五座」の1つとして親しまれましたが、1984年に閉館。

    角座ビルの地下に設けられた「B1角座」を経て、5年前の2013年に「道頓堀角座」として復活していました。

    昨夜は「おおきに!道頓堀角座 感謝の松竹ネタ祭り スペシャル」と題して、3時間以上の大公演が行われ、41組がネタを披露しました。

    アメリカザリガニ・柳原哲也さんが東京から飛び入り参加!

    2分の持ち時間を大幅に超えて5分間喋り倒し、会場を大いに沸かせました。


    (左からなすなかにしのお2人、柳原さん、植村茂浩さん)

    安田大サーカス・団長安田さんは、代走みつくにさん、華井二等兵さんとともにユニット「タンブリン大サーカス」として出演。


    (左から代走みつくにさん、華井二等兵さん、団長安田さん)

    ラジオ大阪「アルミカンの今夜も勝負パンツ」でお馴染みのアルミカン・高橋さんは「角座が無くなるの寂しいね。みんなサオリンのこと忘れないでね!」と呼びかけ、
    赤阪さんは「パーマキツい方と見てるのキツい方です。」と、お馴染みの突っ込みで盛り上げました。


    (左からアルミカンの赤阪侑子さん、高橋沙織さん)

    そして…!大トリはこの方!!我らが代走みつくにさんです!


    (「なんのこっちゃね~」で爆笑を誘う代走みつくにさん)


    (安田大サーカス・ヒロさん 写真中央左)

    最後は、安田大サーカス・ヒロさんも駆けつけ、サイン色紙のプレゼントと記念撮影タイムが設けられるという粋な計らいも。

    閉館を惜しむ超満員のお客さんの笑い声と万雷の拍手に包まれて、道頓堀角座は幕を下ろしました。

    大阪を訪れる外国人観光客は、去年初めて1000万人を超え、過去最多を更新しました。

    中でも角座がある道頓堀は最も人気のある観光スポットの1つです。

    この影響で地価が高騰。

    土地の賃貸契約の更新が難しく、契約満了になったということです。

    今後しばらくは近隣の劇場を借りての営業となりますが、

    松竹芸能は時代の変化に合わせ所属タレントの動画配信や、

    Youtuberの育成にも力を入れるなど新たなプロジェクトを始めることを発表しています。

    昨夜も多くの外国人観光客を中心に、道頓堀は活気に溢れていました。

    しかし、角座を失ったこの街の賑わいは “上方文化の香りがする大阪らしい賑わい”とは、かけ離れたものになってしまっているような…。

    一抹の寂しさを覚えた帰り道でした。

    ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

    昨夜の模様は、8月1日(水)午後5時~放送の「ニュース・パレード」で全国放送します。
    是非聴いて下さいね!

    藤川貴央