• 「文楽」再開!!8月31日「ニュースパレード」をお聴き下さい

    2020年8月28日 - 11:10 AM by 藤川 貴央

    今月22日(土)大阪市中央区日本橋の国立文楽劇場で「素浄瑠璃の会」が行われました。

    正面玄関には、半年ぶりに色とりどりの幟が上がり、再開を待ちわびたお客さんを迎えました。

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため客席は半分に減らされましたが、
    使用しない座席には人形に着せる衣装の柄がプリントされた紙が貼られて華やかな雰囲気。
    文楽劇場らしい粋なソーシャルディスタンスです。
    入場時の検温はもちろん、チケットのもぎりもお客さん自ら行うなどの対策がとられました。

    最初の演目は「日吉丸稚桜(ひよしまるわかきのさくら)」。

    鶴澤寛太郎さん(33)が三味線を務めました。
    心中などの悲劇が多い文楽には珍しく、豊臣秀吉が主人公の縁起の良い“出世もの”です。

    「素浄瑠璃の会」は人間国宝の豊竹咲太夫さんをはじめ、大ベテランが顔を揃えます。

    寛太郎さんは「この企画に出して頂くには余りにも未熟で飛び級感がありますが…芸を磨く上で転機になる演目としてどのような演奏を今の僕がするかというのを聴きに来て頂ければ」と意気込みを語っていました。

    本番では、竹本錣太夫さんの語りを、華やかな演奏でドラマティックに盛り上げ、私も取材を忘れて物語の世界に引き込まれました。

    感染症対策として一時は稽古場も閉鎖され、自宅での稽古を余儀なくされたと言います。
    「三味線を手にできない中で何ができるかな?再開に向けて繋がる何かがあるのかな?」と考え、SNSを強化したり、動画配信に向けて勉強をしたりして過ごしたという寛太郎さん。
    “お喋り”の才能も生かして、ラジオ大阪の番組「寛太郎とたかおのツレビキ!(水曜深夜11時30分)」でも情報や思いを発信しています。

    出番を終えた寛太郎さんは「無事に舞台に立てたことが大きな一歩。お客さんがいる客席は嬉しいですね。当たり前だったことが全然当たり前ではなくなっていたので、感慨深い景色でした。」と喜びを噛みしめていました。

    今回の公演は29日(土)から、株式会社イープラスが提供する動画ストリーミングサービス「Streaming+」で有料配信されます。
    詳しくは国立文楽劇場のホームページをご覧下さい。

    また、文化放送をキーステーションに全国32局ネットでお送りしている「ニュースパレード 夏企画」で、この模様を放送します。

    8月31日(月)午後5時~5時12分(夏企画は3分ほどのコーナーです。)
    関西圏ではラジオ大阪 AM1314kHz/FM91.9MHzでお聴き下さい。

  • 「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」③甲板の塗装完了!!

    2020年8月26日 - 12:00 PM by 藤川 貴央

    悪戦苦闘している「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」。
    ついに甲板の塗装が完了しました。
    まずご覧頂きたいのは、ビフォー&アフター!!

    やっぱり塗装って大事ですね。
    船尾甲板も丁寧に仕上げました。
    映画タイタニック(1997年)では重要な場所として描かれていて、主人公ジャックとローズはこの場所で出会い、沈没の瞬間もここにいます。
    板の部分はタンで塗装後、焦げ茶色でスミ入れを行って雰囲気を出していますが、ピカピカの新しい船なので汚し過ぎないように気をつけました。

    こちらは上甲板。
    徹底的にマスキングをして、構造物の壁面や手すり部分を白に塗装。

    マスキングを剥がすとこんな感じ!!ほとんど修正の必要がないくらい綺麗にできました。

    ウッドブラウンのベンチを設置していきます。
    このあたりのベンチに2人で座り、ジャックのスケッチブックを見たローズが、その見事な腕前に感心するシーンがありましたね。

    さぁ!これからペースを上げていきますよ~!

    過去の記事はコチラからどうぞ
    「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」②やっと船首甲板が出来ました
    「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」①凄!客室が光る!

  • 「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」②やっと船首甲板が出来ました

    2020年8月8日 - 2:02 PM by 藤川 貴央

    お家時間を利用して「童友社 1/700 タイタニック号」に挑戦中!
    やっと船首甲板が出来上がりました。
    映画「タイタニック」をメモを取りながら、もう一度見て忠実に塗り分けましたが…本当に手間がかかりました。
    プラモデル作りと言うよりは「立体塗り絵」に取り組んでいるような感覚です。

    映画で、ジャックとローズが2人で立つ象徴的なシーンの舞台になる場所なので、出来るだけ丁寧に作業をしましたが、修正したい部分もあります。(肉眼では気にならなくても、こうやって写真に撮ると気になるのも難しいところですね。)

    しかし、そんなことを言っているとキリが無いのでこのへんで次の工程に進みたいと思います。

    過去の記事はコチラ
    「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」を作ろう①

    次の記事はコチラ
    「童友社 1/700 R.M.S. タイタニック」③甲板の塗装完了!!

  • 8月の「寛太郎とたかおのツレビキ!」は…

    2020年8月7日 - 2:54 PM by 藤川 貴央

    人形浄瑠璃文楽座 三味線奏者の鶴澤寛太郎さんと「ツレ」ならではの空気感でお届けしている「ツレビキ!」

    長らく休演していた文楽ですが、8月22日(土)「第23回 文楽素浄瑠璃の会」でいよいよ再開します~!

    この公演に、寛太郎さんが出ます!!

    “素浄瑠璃”とは人形は参加せず太夫と三味線奏者で演奏するもので、聴いているだけで登場人物の心情や情景をイメージさせなければならないため、グンと難易度が高くなるのだそうです。

    演目は「日吉丸稚桜(ひよしまる わかきのさくら)」。若き日の豊臣秀吉が主人公の物語です。

    今年1月に六代目を襲名された竹本錣太夫さんとの演奏で、たっぷりと「語り物音楽」の魅力に浸ることができます。

    「第23回 文楽素浄瑠璃の会」は、8月22日(土)午後1時開演。

    場所は、大阪・日本橋の国立文楽劇場です!!

  • 8月の「クリニックレポート」は…

    2020年8月5日 - 6:10 PM by 藤川 貴央

    日本一分かりやすいコンプレックス解消番組を目指してお送りしている「藤川貴央のクリニックレポート」。
    親和クリニックとフェミークリニックの専門医が、薄毛や美容について徹底解説します。

    フェミークリニックからは、梅田院院長の井畑峰紀先生です。
    シミはどのようにでき、どうやって治療するのか詳しく教えて頂きました。

    親和クリニックの安藤善郎先生には「コロナと薄毛の意外な関係」など、
    病気と薄毛をテーマにお話しを伺いました。

    「藤川貴央のクリニックレポート」は毎週土曜日午後6時45分放送!

    お悩みの方も、そうでない方も是非お聴き下さい。