• ビールの泡は消えるけど…消えない脂肪がついた夏

    2017年8月21日 - 6:27 PM by 藤川 貴央

    皆様、お盆休みはリフレッシュできましたでしょうか?

    高校時代の友人が大阪に帰省していたので、

    天王寺公園の芝生エリア「てんしば」のビアガーデンに集合しました!

    男4人で肉を焼きます!大変美味しゅうございました。

    夜になると、提灯に灯りがともり、芝生の上を爽やかな風が吹き抜けて気持ち良かったです。

    懐かしい顔に囲まれて、少し飲みすぎた夜でした。

  • 一球入魂!

    2017年8月18日 - 5:07 PM by 松本 雅子

    8月17日(木)、

    京セラドーム大阪で行われた

    「阪神タイガースvs広島カープ」戦。

    そのプレイボール直前、球場に現れたのは…

    目にも眩しい黄色い着物に身を包んだ出光仁美さん!

    (↑遠い写真ですみません…)

    演歌歌手・出光仁美さんがこの日、始球式を行いました。

    今回で5回目の登板と始球式のキャリアは十分。

    さあ、その結果はいかに!?

    ちなみにこの試合は出光さんが勝利の女神となったのか、

    5-4で阪神がサヨナラ勝ち!

    出光さんがメインパーソナリティをつとめる

    「仁美ちゃん なんしよっと!」(毎週火曜日 午後8時半~)

    22日の放送でこの始球式の模様をお届けします!

    お聴き逃しなく~★

  • ORC200 弁天町で盆おどり

    - 11:43 AM by 原田 年晴

    踊ってきました。

    ラジオ大阪があります弁天町での盆ダンス!

    踊ってきましたよ!河内屋菊水丸さんの音頭で6重7重の大きな輪。

    若者からおじいちゃん、おばあちゃんまでみんな一つの輪になり

    もりあがりました。

  • 「みゆ&たかおの直球ボイス」 宜しくお願い致します。

    2017年8月16日 - 2:37 PM by 藤川 貴央

    毎週土曜日午後4時30分~5時まで放送!

    「みゆ&たかおの直球ボイス」

    たまに「演歌界のAKB」と言われている 演歌歌手の津吹みゆさんと毎週“直球”でお送りしています。

    津吹さんが気ままに最近の出来事を話す「つぶきのつぶやき」の他、新コーナーもスタートしました!

    つぶやきと言えば…番組公式Twitterも更新中!

    番組がスタートした2年前に始めたものの…

    ほとんど開店休業状態だったのですが(スミマセン)

    最近はこのアカウントでしか見られない津吹みゆさんの画像と、

    私のどうでも良い呟き満載で楽しくお届けしています!

    みゆ&たかおの直球ボイス Twitter 公式アウント
    ↑クリックしてフォローして下さい!

    え?なぜ急にこんな投稿をしたのかって?

    もちろん

    ただの番宣です。

  • 72回目の終戦の日 祖父のアルバムを開く

    2017年8月15日 - 2:43 PM by 藤川 貴央

    終戦から72年となったきょう、
    東京の日本武道館では政府主催の全国戦没者追悼式が開かれました。

    およそ5000人のご遺族が出席し、犠牲になった方を悼み平和への誓いを新たにしました。

    これは私の祖父です。

    私が生まれるずっと前に亡くなったので、言葉を交わしたことはありません。

    祖父は、広島県福山市の福山歩兵第41連隊に所属する兵士でした。
    20歳で入営し、敗戦までの11年間、青春の全てを戦場に捧げました。


    (昭和12年8月 中国戦線へ赴く41連隊)

    41連隊は先の大戦において
    最も勇猛であり、最も悲運に見舞われた部隊の1つとして知られています。

    日中戦争での杭州湾上陸作戦や徐州会戦、ノモンハン事変などに参加後、
    マレー作戦でのシンガポール攻略など、緒戦の快進撃に大きく貢献しました。

    (蘇州入城)

    しかし、昭和17年 東部ニューギニア、ポートモレスビー攻略作戦で、3000メートル級の山々が連なるオーエンスタンレー山脈を越えるという過酷な戦闘の後、補給が途絶え全滅寸前まで追い込まれ壊滅します。

    その後、41連隊は再編成され、第30師団「豹兵団」に加わり、
    マッカーサーを迎え撃つべくフィリピン・レイテ島へ向かいました。
    20万の大軍を相手に死闘を繰り広げた41連隊でしたが、米軍の圧倒的な物量と火力に押され防衛線を突破されてしまいます。
    生き残った将兵はカンキポッド山(フィリピン・タクロバン市)に集結。
    希望を捨てずに戦い抜こうと、この山を「歓喜峰(かんきほう)」と名付け、粘り強く抵抗をつづけました。
    そして…昭和20年7月 41連隊は最後の突撃を敢行し玉砕。
    生存者は祖父を含めた十人ほどだったと言われています。

    毎年、この日は祖父が残した3冊のアルバムを開くことにしています。
    戦友を大切にした祖父は「炊事の神様 渡辺虎一」「連隊の名物男 小山」「軍旗祭の人気者 西藤芳男」など、写真にキャプションを添えています。1人1人の兵士に名前があり、家族があり、未来があったことが祖父の几帳面な字から伝わってきます。


    (炊事の神様 渡辺虎一)


    (連隊の名物男 小山)


    (軍旗祭の人気者 西藤芳男)


    (下士官集会所での1枚)

    どんなに生きて日本に帰りたかったことでしょう。

    青い空で、南の海で、大陸の荒野で、名前も知らない島のジャングルで、
    日本のため、家族のため、そして後世の私たちのため…
    全てを投げ出さざるを得なかった祖父の世代の皆様に
    「よく戦って下さいました。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。」と心から感謝し手を合わせました。

    緊張が高まりつつある今、私たちがすべきことは何でしょうか。

    祖父たちが命をかけて守ろうとしたこの美しい日本を、どうすれば守ることができるでしょうか。

    心から平和を祈念しつつ、改めて考える72回目の終戦の日です。

    *祖父の戦友の皆さんの写真とお名前は、ブログの趣旨を福山市遺族会(篠原彌之会長)にご賛同頂き、掲載致しました。

  • 大和三山 畝傍山に登ってきました

    2017年8月14日 - 5:28 PM by 原田 年晴

    大和三山・・・耳成山、香具山、そして畝傍山。

    一番高いのが199メートルの畝傍山。前から一度登ってみたいと思っていました。

    先日の山の日、番組で橿原特集があり、どこか取材に行ってきてっと言われ、迷わず畝傍山へ!

    北の鳥居から入って歩いて2分、右手にこんな案内が・・・

    登り30分、下り25分ですよと通りがかりの人にお伺いして登りはじめました。

    整備されている登山道一目散に頂上に!

    正面に葛城山、左に金剛山、右に二上山 なんと景色がいいこと!

    反対側には耳成山が。20分ほどで上がってきて汗いっぱいになりましたが

    この景色でしんどさは吹っ飛びました。

    そして木々に覆われている山で晴れた日でしたが陽に当たることがほとんどなく

    登ってきましたが、一番感動したのが・・・これ!

    木漏れ日 神秘的で最高でした。

  • 堺へ遊びに行った帰り

    2017年8月9日 - 12:17 PM by 和田 麻実子

    あまりにも暑くて・・・「かき氷」で検索。
    すると「かん袋」というお店が出てきました。

    あ、聞いたことある!
    「氷くるみ餅」があるそうな!
    あ、2歳の息子、まだ木の実のクルミ食べられへんなぁ。
    ま、氷のところだけ食べてもらおうか。

    そんなことを心の中で考えながら
    店へ向かいました。

    「氷くるみ餅」です。

    息子には氷の部分を。
    私がくるみ餅の部分を。
    は~美味しい。
    息子「みどりのところほしい~!」とグズっていました。
    ごめんね~だってクルミはアレルギー出るかもしれないし。

    後日知ったこと。
    「くるみ餅」のくるみは、木の実のクルミではないということ。
    え~!?
    青大豆の餡で白玉をくるんでいるから「くるみ餅」なんだそうです。
    え~!?

    息子よ、ごめんね。今度は、全部食べよう!(和田)

  • 青春18きっぷで水が噴き出す場所

    2017年8月8日 - 4:51 PM by 原田 年晴

    JR湖西線の新旭という駅で降りました。

    駅前には何にもない駅。ここから15分ほど歩くと針江という地区があります。

    ここで土を少し掘ると地下からコンコンと水が湧き出してくるのです。

    比良山系から琵琶湖にそそぐ安曇川の伏流水のおいしい水が出てくるのです。

    水温は年中14度。夏は冷たく、冬は暖かい最高の水。

    地区の中はどこからも水が流れる音が聞こえてきます。

    家の中でこんなところを作っています。

    鉢のようなところで野菜や皿を洗ったりしています。

    鉢の周りは囲いがありそこで鯉などの魚を飼っているのです。

    これには理由が・・・

    洗った野菜の葉っぱや、皿から流れおちたお米などを魚が食べてくれる。

    これによって自然に浄化さてた水が家の外の水路に排出されることになります。

    水とともに生活している人たちが水を大切にしていることがよくわかるところです。

    ちなみにこの地区の水道代はタダだそうです。

  • かんさつ日記⑥

    - 4:45 PM by 藤川 貴央

    伸びてきました。

    愛情を注いで育てていると応えてくれるもので…

    ウツボカズラの「ウツドン」順調に成長しています。

    にゅ~ん

    あれ?ちょっとふっくらしてる?

    中に何か入っているのか!?

    そ~っと開いてみたら…

    何と!新しい葉っぱでした!!

    伸びた蔓が新しい葉っぱになって、葉っぱの根本には、新しい蔓の先端が出来ています。

    こうやって伸びていくんですね~!

  • 青春18きっぷで余呉湖に!

    2017年8月4日 - 4:44 PM by 原田 年晴

    鉄道ファンだけではなくお出かけ好きの方には楽しみの

    青春18きっぷの季節がやってきました。

    以前から滋賀県の余呉湖に行ってみたいと思っていて

    この切符を使って行ってきました。

    周囲が約7キロ、山にすっぽりと囲まれた静かな湖畔。

    湖周道路が走っているのですがほとんど車も通らず

    鳥の声と、駆け抜けていく風の音だけです。

    のんびりできる癒される空間でした。

    ちなみにその日の走行です。

    王寺~大和路線、環状線~大阪~京都線、湖西線~新旭~湖西線、北陸本線~余呉~

    北陸本線~長浜~北陸本線、琵琶湖線~草津~草津線~柘植~関西線~加茂~関西線~王寺

    約12時間の乗車時間でした。