豊中市の防災の取り組み

今月の「関西で防災に取り組む人々豊中市の防災の取り組みです。

 実は、阪神淡路大震災で大阪府内で一番の被害が出たのが豊中市

人的被害では死者11人、重軽傷者含めると2500人負傷、住宅657棟が全壊、4263棟が半壊。

そういった経緯もあり大阪府内では防災意識の高い自治体だったのですが、東日本大震災を経てより市民の防災意識が高まったそうです。

そんな中、手のひらサイズの「防災ガイド」を昨年度の事業で作成されました。

コンパクトサイズで常に持ち運べるのが特長で、中身もかなり充実しているんです。

豊中市役所 危機管理室 小倉博さん

「防災ガイド」はアコーディオン型の冊子で「準備編」と「災害対応編」の2タイプが両面に印刷されています。

より身近に感じてもらおうと、食育の観点も取り入れた普段の食材でできる「簡単レシピ」など工夫も満載です。

また「使える!裏ワザ集」もあって、アウトドアグッズは優れた防災用品になる、とかポリ袋活用術などが書かれていたりします。

非常に興味深いですね。

豊中市では防災の出前授業も行っていてこちらも需要が高いそう。なんと年間100件ほどの依頼が!

洪水の備え、地震への備え、自主防災組織で取り組むべきこと、など地域の実情に合わせて内容を工夫しています。

市内全域から要望があり、しかも平日夜や土日にも行っているそうで、豊中市は皆さんの防災意識が高いですね。

東日本大震災後、岩手県大槌町にも派遣されていた小倉さん。

阪神淡路大震災から20年の節目を迎えた今だからこそ、改めて20年前の教訓から学んでいきたい。

実感こもったメッセージでした。

♪Tonight Music♪

#1 SHAKE IT OFF/TAYLOR SWIFT

#2 SPIRIT IN THE SKY/Norman Greenbaum

#3 ALL THE THINGS YOU ARE/Keith Jarrett Trio

#4 パリの4月/ケイコ・リー・ウィズ・ストリングス