今日のおやつはパン!6月19日

今日ご紹介したのは天王寺区にある「パリゴ」さんというパン屋さん!
お店の名前は「パリっ子」のスラングだそうで、
本場フランスで約5年パン修行をされた店主さんが営むお洒落なお店なんです♪

お店の近くを通るだけでふわっと漂ってくる芳ばしいパンの香りにつられてドアをあけると
広い店内の隅々まで綺麗に焼き上げられたパンがずらり!

食事パンからお総菜系のパン、スイーツのようなパンにサンドイッチ・・・
どれもキラキラしていて、思わずトングをもって迷ってしまいます。

リスナーさんイチオシのデニッシュ系のパンの中から
特に人気商品である「リンゴとマカダミアナッツのガレット」をいただきました♪

サクサクに焼き上げられたデニッシュ生地にはアーモンドペーストと
主役のリンゴ・マカダミアナッツがたっぷり!
上に振りかけられたクランブルの食感もアクセントになっていて楽しく食べられます♪

また、お店の売り上げの半分を占めるというフランスパンと食パンもおすすめ!

百貨店の催事などでも人気を集めるバゲットはフランスの味をベースに
日本人の口に合うようにとアレンジを加えられた、シンプルながら味わい深い一品。
そのままでも、アヒージョなどの料理と合わせても美味しく頂けそう(^^)

食パンにはいろいろな種類がありますが、特におすすめなのが「天白食パン」。

バゲットをそのまま食パンにしたようなアレンジ食パンだそうで、
乳製品は不使用、砂糖も少なめなので、独特の食感と小麦粉本来の甘みを存分に楽しめます。
ご飯に近い感覚で、和食や中華料理の主食としても食べてみてもらいたい、と店主さん。

オーナーが毎朝2時から手間暇掛けて仕込み、焼き上げられるパンは
毎日の食卓に並べる主食、ワインのおつまみ、そしてもちろんおやつにもぴったり!
パリにお散歩に出かける気分で、美味しいパンを探しに行きませんか?

————————–

Boulangerie parigot(ブーランジェリー パリゴ)
大阪メトロ 谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅~徒歩5分
営業時間 : 7:30~20:00
定 休 日 : 月曜日・第1・3火曜日
電話番号 : 06-6774-5087

今日のおやつはかりんとう饅頭!6月12日

今回は生野区(寺田町)で約70年続く老舗の”あもや”さんをご紹介します♪

「あもや南春日」さんは寺田町駅北口を降りて、国道25号線を杭全方面に進み・・・
見えてきた商店街(旧源ヶ橋商店街)をはいってずーっと進んだところにある和菓子屋さん。
(あもや南春日さんがあるエリアは「ベルロード」という名称の商店街のようです)

「あも」というのは京都~大阪の女性が使う方言で「お餅」という意味。
主にお母さんが子どもに話しかける時などに「あも食べやー」という感じで使う言葉なんだとか。
あもや=もち屋 ということなんですね(^^)

さて、そんな南春日さんの名物商品と言えば、お餅はもちろんつくりたてにこだわった美味しい和菓子の数々♪
特に店先に並べられた看板商品の「かりんとう饅頭」は素朴なお味ながら絶品で
多いときでは週に3000個、年間10万個を売り上げるほどの大ヒット商品なんです!

人気の秘密はその食感!歯触りサクサクで、油こくなく、
中のあんこもとてもなめらかで甘さ控えめなのでついつい2個、3個・・・と手が伸びてしまいます(><)
1つ80円で買えるので、小さなお子様の毎日のおやつにもぴったりです。

また、四季折々、様々な風景をお菓子を通じて楽しめるのも和菓子のいいところ。
6月といえばこちらの「水無月」です。

昔、暑気払いにと口に含んでいた氷室の氷がモチーフとなったこのお菓子は
6月30日に食べることでその年の前半の罪や汚れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する意味があるんだとか。
もちもちのういろうと丹波産の大納言を使用し、上品に仕上げられた水無月は
暑い日や雨でじとっとした日に食べてもさわやかで元気な気分にしてくれそう・・・(^^)

もちろんその他にも店内には名物がずらりとならびます。

ご推薦下さったリスナーさんや原田ANも絶賛の赤飯はお祝いの席にもぴったり☆

手土産にもよさそうなお菓子の詰め合わせなども充実しているので、
プレゼント用にいろいろ探してみるのもいいですね☆
(父の日用の特大みかさもありましたよ!栗が3つも入ってるんですって!!)

3代続く伝統の和菓子には、お客様への感謝の気持ちがぎゅっとつまっていました。
一つひとつ手間暇かけてつくりあげられる生野の味をぜひご賞味あれ!
———————-

あもや 南春日
大阪環状線 寺田町駅 下車徒歩約15分
営業時間 :9:00~19:00
定 休 日 :火曜日
電話番号 :06-6716-1563

今日のおやつはドーナツ!6月5日

今日は33年続く昔ながらのふわふわドーナツをご紹介!

お邪魔した「お菓子のワイユー」さんは阪堺電車安立町駅と細井川駅の中間辺りにあるお菓子の専門店。
特に手づくりドーナツが名物で、遠方からも買いに来られるファンが絶えないのだとか。

開業以来、「手づくり」にこだわり、機械を介さずに作り続けておられるソフトドーナツは
本当にソフトで素朴な味わい・・・
以前は京都駅などの売店やなんばグランド花月で販売するお土産としても卸売りをされていたそうで、
藤山直美さんや片岡愛之助さんなどの楽屋見舞いとして使われたこともあるんだそう(^^)

こちらが噂の「ソフトドーナツ」!

1日800個~1000個生産されるという大人気商品です!
5つで300円というお手頃な値段も人気の理由の一つで、
常連さんが何袋もまとめ買いして行かれる姿も見られました♪

他にもなめらかなこしあんの入った「あんドーナツ」や

蒸しケーキの様な生地にほくほくのお芋がごろごろはいった「石垣まんじゅう」も人気☆

どのお菓子も共通して優しくて、安心できる味なのがファンの心を掴んで離さないポイントなんでしょうね(^^)
手づくりだからこそ出せるものだと胸を張る店主さんの笑顔が印象的でした。

お客さんに安心して喜んでもらいたいというお店の方々の思いが詰まった
食感もお味もやさし~いドーナツ。
イベント出店などもされているようですが、まずはその生みの親である皆さんに会いに是非安立町へ!
———————

お菓子のワイユー
阪堺電車阪堺線 安立町・細井川駅 下車徒歩5分
南海本線 住之江駅 下車徒歩7~8分
営業時間 :9:00~18:00
定 休 日 :日曜日
電話番号 :06-6675-1661

今日のおやつはクレヨン!?5月29日

靱公園バラ園のバラはまさに今が見頃!
お天気もよかった今日はお散歩に来られている方も沢山いらっしゃいました♪
そんな靱公園のすぐ近くにあるとっても可愛い洋菓子店をご紹介します!
今回お邪魔したのは大阪メトロ肥後橋駅から徒歩10分ほどのところにある
「Les gouters(レ・グーテ)」さん。
赤いひさしとカラフルな看板がまぶしいお店のエントランスには
小さなながぐつや車のおもちゃ、ランタンなどポップな雑貨がいっぱい!
お店の中にも積木や絵本などが飾られていて、まるで海外のおもちゃ屋さんのようです・・・

店内奥のキッチンでは沢山のパティシエさん達が忙しそうに駆け回っておられる様子が見えますが、
店主さんをはじめ、みなさん明るく楽しそうなのがとっても印象的でした♪
「自分たちが楽しんでつくれば、おやつも美味しくなる!」
という店主さんのモットーが感じられます☆
そんなレ・グーテさんのおやつは見ているこちらもわくわくするようなものばかり!
カラフルでため息がでるほど可愛いんです・・・(^^)

なかでも目を惹くのがこちらの「クレヨン」。

お絵かきには使えませんがとっても美味しくたべられちゃうこのクレヨンの正体はなんとチョコレート☆
カカオ・ピスタチオ・フランボワーズ・きなこ・ミントなど12種のチョコレートでクレヨンを表現したもので
1本から好きな本数を選んで購入することができます♪
12本セットだとクレヨンそっくりの箱に入った状態で買うこともできますよ♪

(箱には名前欄も!お名前を書いてプレゼントしても喜ばれそう・・・)
そして厳選したチョコレートと糖衣がけのナッツの食感がおいしい「カリカリ」もおすすめのお菓子♪

OLさんがお仕事しながらつまめるようにと開発されたお菓子なのだそうで、
瓶詰めになっているのもかわいらしく、ついつい手が伸びてカリカリが止まりません・・・(^^)
「こだわりがないことがこだわり」とおっしゃる店主さん。
町中で雑貨店などをみて新しいアイディアを探したり、
お客様の反応を見ながらレシピに手を加えたり・・・と日々、進化を続けるレ・グーテさんへ
あなたも新しいおやつを発見しにお出かけしてみませんか?
——————————–

Les gouters(レ・グーテ)
大阪メトロ 四つ橋線・肥後橋駅 下車徒歩10分ほど
営業時間: 11:00~19:00(日曜日は11:00~18:00)
定 休 日 : 月曜・火曜
電話番号: 06-6147-2721

今日のおやつはお赤飯☆5月22日

今日は原田ANのご推薦の品!
なんでもフリーペーパーに載っていた写真を見て「これは絶対美味しい!」とビビッときたのだとか…
どんなお赤飯なんだろうと期待が高まります…( *´艸`)
お邪魔したのは近鉄八尾駅から西へ5分ほど歩いたところ、
商店街「八尾ファミリーロード」の中にある「永壽堂(えいじゅどう)」さん。
来年で創業50年を迎える老舗の和菓子屋さんです。

現在は創業者さんの奥様とその息子さんご夫婦で
先代の味を受け継ぎ守り続けておられるのだとか。

そのなかでも、創業当時からこだわり続けてきたのが今回ご紹介したお赤飯とお餅です。
毎年、少しずつ変わるお米のコンディションを見極めながらどこのどのお米を使うか厳選。
さらに独自の配分でブレンドしたりしながら、赤飯用のお米を調整して炊いておられるのだとか!
職人さんの研ぎ澄まされた感覚が作りだすそのお赤飯がこちら♪

確かに見ためからすでに美味しそう!
北海道産の大粒の小豆を使ったお赤飯は、その小豆はもちろんお米の粒もつやつや!
着色料は一切使わず、小豆の自然な色だけで染められ、美味しそうな赤色に仕上がっています(^^)
そのおいしさは町の人たちの口コミでひろがり、お祝いの席で毎年500人分の注文が入ることもあるんだとか・・・!
自分用はもちろん、お祝い返しなどのギフトで購入される方も多いそうですよ☆
またお米そのもののおいしさをしっかり味わえる杵つき小餅も人気商品のひとつ。

何も入っていないシンプルなお餅ですが、噛めば噛むほどふわっと甘みがひろがります(^^)
幅広い人気で、ここのお餅じゃないと嫌!とだだをこねてしまうお子様もいらっしゃるほどなんだとか・・・!
もちろん他のお菓子もどれも絶品。

なかでも何度も水を替え、こまめにアクをとりながら2日かけて炊きあげた
あんこのおいしさを存分に味わえるのがこちらのもなか♪

ぎっしりと詰まったあんこはコクがありながらも上品な甘さで、後味さっぱり。
大きなもなかもあっというまにお腹の中に消えてしまいます・・・
半世紀に渡って地元の方々はもちろん、沢山のファンの方に愛されつづける八尾の和菓子店で
ちょっと特別な日のご飯やおやつを見つけてみませんか?
————————

永壽堂
近鉄大阪線・近鉄八尾駅~徒歩5分ほど
営業時間 :7:30〜18:20
定 休 日 : なし
電話番号 :072-993-7439

今日のおやつはメロンパン☆5月15日

今日ご紹介するのはメロンパン専門店の焼きたてメロンパン
・・・とちょっと変わったメロン・・・パン??

JR寺田町駅北口から徒歩3分ほどのところにある「極(きわみ)メロンパン」さんは
昨年11月に誕生したばかりの新しいお店♪
とはいえ、このお店を持たれる以前に10数年移動販売をつづけ、
お名前の通りメロンパンを極めてこられたご主人を中心に営業されているお店です!

ショーケースにはなんと17種のメロンパンがずらり!
シンプルなプレーンメロンパンの他、いちご・チョコ・レアチーズ・抹茶・紅茶など
カラフルなメロンパンが並ぶケースに、通りすがる人たちも思わず目を奪われているご様子・・・♪

カウンターの方へ近づくと奥のオーブンでメロンパンの焼ける
芳ばしくて甘い香りがふんわりと漂ってきてもう逃れられません・・・(笑)

こちらのメロンパンの”売り”はなんといってもその食感!
翌日でもふんわりした食感が楽しめるほど、ふっかふかで口溶け豊か。

この生地を更に他の形でも楽しんでもらえないかということで開発されたのが
メロンパン生地の「極濃厚メロンパン」!

プレーンメロンパンと同じ生地を使って作られた食パンは
何もつけなくてもほんのり甘くて優しい風味が楽しめます♪
もちろんふわふわ食感もしっかり味わえますよ(^^)

メロンパンの他、パイやカレーパンの販売もされているほか、

これからの季節に食べたいメロンパンアイスやホイップのサンド、
飲み物メニューも充実しているので(今話題のタピオカドリンクもはじめました!)
お昼ご飯に買っていくのもいいかも・・・♪

心もお腹もたっぷり満たされる極メロンパンのやわらかメロンパン☆
プレゼントにも喜ばれること間違いなしの寺田町の新名物をお見逃しなく!

—————————–

極メロンパン
JR環状線 寺田町下車 徒歩3分
営業時間 :10:00~20:00
定 休 日 : なし
電話番号 :080-1446-6323

今日のおやつはプリン☆5月8日

今日のおやつのコーナーでは池田のおいしい洋菓子店をご紹介♪

池田市・石橋駅から徒歩6分ほどのところにある「ロケット洋菓子店」さん。
誰にでも親しまれやすくて分かりやすい名前に、という店主さんの思いから名付けられたこのお店には
かわいらしいロケットのロゴやモチーフが沢山!

この道18年の店主さんが真心込めてつくるケーキはどれも繊細でカラフル♪
学生さんから小さいお子様連れのお母さん、ご年配の方まで幅広い方々が
約20種のケーキが並ぶキラキラしたショーケースに目を輝かせます。

中でも人気の商品のひとつがこちらの「ロケットプリン」。

丸っこいフォルムが可愛い容器につまったプリンの上にはぽてんっとのっかった生クリームが☆
とろとろなめらかで、甘さも控えめなので、ついついいくつも食べたくなってしまいます・・・

そしてケーキの中で根強い人気なのはこのスフレチーズケーキ♪

国産チーズをたっぷりつかった濃厚なスフレチーズケーキは
ホールケーキながら1000円以内で買えるお手頃さも人気の理由のひとつなんだとか(^^)

もちろん、お祝いの日のデコレーションケーキも充実。
来る母の日には特別なケーキも登場予定。
チョコでできたピンクのカーネーションがのったスペシャルケーキで
お母さんに日頃の感謝をつたえてみては?(こちらのケーキは事前にご予約下さいね☆)

季節ごとに旬のフルーツを使ったケーキもたくさん登場するので
日々顔を変えるケースを覗いてみるだけでも幸せな気持ちになれそうです(^^)

仲良しのご夫婦が営む可愛いケーキ屋さんの、誰が食べても幸せになれる美味しいスイーツを
是非おやつタイムにご賞味あれ♪
—————————-

ロケット洋菓子店
阪急宝塚本線 石橋駅下車 徒歩6分
営業時間 :10:00~21:00(日・祝は~20:00)
定 休 日 : 水曜日
電話番号 :072-761-9780

今日のおやつはローパオシュウマイ☆5月1日

GW、いかがお過ごしですか?
神戸・南京町で食べ歩きしようかなーと考えておられる皆さん!
是非、灘にもお立ち寄りいただき、神戸の新しい点心に挑戦してみませんか?

今日ご紹介するのはJR神戸線 灘駅から徒歩2~3分の所にあるローパオシュウマイ専門店
「老青記(ろうせいき)」さん。
今年2月にオープンしたばかりのお洒落なたたずまいのお店です(^^)

元々、静岡県の浜松で中華料理店を営んでいたオーナーさんが
縁あって関西にもお店を出店する運びとなり、レストランシェフの職人さんとともに神戸へ!
ベテラン職人さんのつくる点心をたべられるお店をオープンされました。

ローパオとは中国語で「豚まん」のこと。
ローパオシュウマイは豚まんの皮で肉餡をつつんでシュウマイのように成形した新感覚の点心!
国家一級点心師(中国の国家資格だそうです)である職人さんとオーナーさんが
「神戸の新しい名物にしたい!お土産の定番になって欲しい!」と考案されたものなんです。

大きなせいろで蒸し上げられるローパオシュウマイは豚まんでもなくシュウマイでもない不思議な形・・・
ふっくらした生地に豚・牛・鶏肉・羊肉と4種の肉餡がぎゅぎゅっとつまっています。

それぞれの肉の旨みに合わせて味付けにもこだわりがあり、
食べ比べる場合にはお店オススメの食べ順に従っていただくのがベスト!
4種とも味わいが全く違っていて、飽きることなく食べ続けられますよ♪

ちなみに・・・
お店では中国のチンタオビールや台湾のマンゴ・ライチのビール、
天然のココナッツジュースなどすこし変わった飲み物も販売中!

中国本場の点心と一緒におやつタイム・晩酌はいかがですか?
—————————-

老青記
JR神戸線・灘駅~徒歩2分ほど
営業時間 :11:00~19:00すぎ(売切れ次第終了)
定 休 日 : 水曜日(月に一度火曜日も休みの日有り)
電話番号 :078-219-2483

今日のおやつは甘納豆♪4月24日

平成最後のおやつのコーナー!
この節目の週にご紹介するのは歴史ある甘納豆です(^^)

天王寺駅から北東へ徒歩5分、四天王寺庚申堂のお向かいにある
「青山甘納豆」さんは大正から続く豆菓子の専門店。
現在は3代目店主さんはじめ、ご家族の皆さんでおじいさんの味を受け継いでおられます。

店内には色とりどりの豆をつかった甘納豆がずらり。
箱入りの甘納豆は見た目にも鮮やかで、宝石箱のようです(^^)

こちらが小豆・斗六豆(白)・青豌豆・金時豆の4種詰め合わせ。

それぞれの豆の風味がしっかりと活きていて、舌触りもなめらか!
砂糖がたっぷりのザクザクした甘納豆は苦手・・・という方でも、
甘さ控えめなので、いくつでもぱくぱく食べられる、本当に”豆の美味しい”甘納豆です。

そして、次期店主となる娘さんが考案されたどら焼きも新名物として大人気!

お店のショーケース前にある鉄板で焼き上げられるふわっふわの生地に
甘納豆に水を足して炊いたあんがたっぷり♪

あんこと栗あん、クリームチーズ入りと3種の味が楽しめます(^^)
こちらもどら焼きの常識を覆す一品に仕上がっていますよ☆

豆菓子が好きな方はもちろん、
甘納豆を食べたことがない若い世代の方にも是非食べてもらいたい大正生まれの甘納豆は
さらに元号を越えて令和まで受け継がれていきます。
歴史の変わり目に、是非日本の伝統菓子をじっくり味わってみては?

※なおGW期間は4月30日~5月2日の3日間のみ営業ですのでご注意を!

————————-

青山甘納豆
JR大阪環状線 天王寺駅 下車徒歩5分
営業時間 : 9:00~17:00
電話番号 : 06-6771-2051
定 休 日 : 土・日・祝日

今日のおやつはガトーショコラ♪4月17日

今日はアレルギーを持つ方にも嬉しいグルテンフリーのガトーショコラ専門店をご紹介!

大阪メトロ 松屋町駅から松屋町筋をまっすぐ南へ進んだところ、
左手にあるのが、今回のお店「ショコラッタ」さん。
2013年、関西初のガトーショコラ専門店としてオープンしました。

元々は小麦粉を使用したオーソドックスなガトーショコラの専門店としてオープンしたショコラッタさん。
ある日、注文が沢山届き、大急ぎでケーキ作りをしていた店主さんは、慌てるあまり
小麦粉を入れるのを忘れてケーキを焼いてしまったそうです。
「売り物にはできないな・・・」と焼き上がったケーキを食べてみてびっくり。これがとても美味しかったんです!

こんなアクシデントから生まれた小麦粉不使用(グルテンフリー)のガトーショコラ。
お客様からのアドバイスも参考にしながら改良をかさね、
こだわりの材料で作り上げたのがこちらのガトーショコラ!

粉は一切使わず、こだわりのバター、卵、きび砂糖とチョコレートを配合して焼き上げたガトーショコラは
チョコレートの濃厚な風味がしっかりと楽しめるチョコ好きにはたまらない一品。
くちあたりもかろやかで甘さ控えめなので男性のファンも多いんだそうです。

また、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートを使った少し変わったガトーショコラも人気!

原田ANが大感激していたアールグレイのガトーショコラなど、
日替わりで様々なフレーバーを楽しめるのもうれしいですね♪

店内の喫茶スペースでは軽食やドリンクも用意されています☆

月に何度か手造り味噌造り教室などのイベントも行われているそうなので
ガトーショコラと一緒に楽しんでみても良いかもしれません♪
(予約が必要なイベントもありますので事前にお問い合わせ下さい!)

これから始まる行楽シーズン。
ピクニックなどに持って行ってもいいですよね☆
一口食べると思わず笑顔になるグルテンフリー ガトーショコラ専門店のガトーショコラを
楽しいひとときのおともにどうぞ♪
————————

ショコラッタ
大阪メトロ長堀鶴見緑地線 松屋町駅下車 徒歩7分
営業時間 : 10:00~21:00
定 休 日 : 不定休
電話番号 : 06-6761-6565