”見えない闘い” 長くても

 長い新型コロナウイルス禍。大阪、東京など3度目の緊急事態宣言下のGWがスタートした。関西、関東ではステイホームを訴える背水の抑制策の一方、帰省や近隣への旅行は多い。大都市での空や新幹線の予約は、昨年の数倍に増えた。街中にPCR検査で行列もでき、「人流を止める」の形も変わってきた。

◆目前に迫る東京五輪・パラリンピック。4月中に観客上限を決定するとしていたが、5者協議は6月に先送りした。ワクチン接種、来日選手や関係者への検査、”行動制限”するなど強い対策をとる。世界最高峰のスポーツ大会の形で、平和の祭典として開催へ…待ったなし!人類の英知を傾けてあたらなければならない。

◆緊急事態宣言の最中、3年前に世間を騒がせた事件が急展開した。「紀州のドン・ファン」事件=和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助さん(当時77)急死。殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで元妻・須藤早貴容疑者(25)が逮捕された。
 謎はなお多いが、コロナ禍でも捜査を重ねてきた和歌山県警の意地が垣間見られる。

◆ 日本の現法下、いま最大限に近い対策と言えるが、油断すると大都市”ロックダウン”になるかもしれない“覚悟”も…その一方で、厳しい中小企業や飲食店などに休業・補償をセットで、日々生活に事欠く人には一層のピンポイント支援。きめ細かく”弱者”に寄り添う、それが国の政治力の使命。
 先進国の中で遅いワクチン接種、一刻も早い国内開発も待たれる。経済力があっても、総合的な国力は大丈夫なのか⁈ 改めて”闘い”は長いと自覚し、正念場の今向き合う。

命 次へつなぐため
<2021.4.30 S>

*人を事実を見つめてきた報道コラム「喜怒哀楽」は、今日4月30日をもって最終回となります。3年間に約150回、振り返ると”その時”が見える…そうあれば幸いです。そして少しでも前へ。ありがとうございました。Newsキャプテン S