諦めない 甲子園の春

球音が帰ってきた!第93回選抜高校野球大会が2年ぶりに甲子園球場で開幕した(19日)。
新型コロナウイルス禍、開会式行進は初日出場の6校だけ、残り26校は大型ビジョン映像で参加した。選手らはPCR検査、入場者数上限を1万人、アルプススタンドのブラスバンド演奏や大声での応援は禁止された。それでも一生懸命に拍手、事前録音のバンド応援などでプレーを盛り立てた。

◆東日本大震災から10年、被災地・仙台育英(宮城)の島貫丞(じょう)主将が、力強く選手宣誓した=以下抜粋。
「…この一年、は日本や世界中に多くの困難があり、それぞれが大切な多くのことを失いました。答えのない悲しみを受け入れることは、苦しくてつらいことでした。…当たり前だと思う日常は誰かの努力や協力で、成り立っているということです。
感謝。ありがとうございます。これは出場校全ての選手、全国の高校球児の思いです。
感動。喜びを分かち合える仲間とともに、甲子園で野球ができることに感動しています。
希望。失った過去を未来に求めて希望を語り、実現する世の中に。

そして、この3月で東日本大震災から10年となりました。日本、世界中に多くの協力や支援をいただき、仲間に支えられながら困難を乗り越え、10年前、あの日見た光景から想像できないほど希望の未来、復興が進んでいます。これからの10年、私たちが新しい希望の力になれるように、歩み続けます。
2年分の甲子園。一投一打に多くの思いを込めてプレーすることを誓います。」

◆”闘い”はまだ続いている。去年の自殺者が11年ぶりに増加、特に女性や子どもたちで深刻だ。失業者も増え続ける状況。経済が厳しい仕方ないではなく、今だからこそ寄り添う心、命を守り救う…それを最優先にする社会でなくてはならない。

10年前、東日本大震災の年に足を運んだ、炎天の夏の甲子園が忘れられない。バックネット裏のスコアボード上には横断幕があった。「がんばろう!日本」。

未来へ 特別の春
<2021.3.22 S>