アスリート 橋本五輪会長

 女性蔑視ととれる発言で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞任し、橋本聖子新会長(56)が誕生した(18日)。
 橋本新会長は、まさに五輪の申し子。前回東京五輪が行われた1964年生まれ、スケート・自転車競技で冬夏五輪7度出場。森前会長に乞われて政界入りし“父娘”と言われるだけに、後ろに森氏が見え隠れするが…世界の組織委会長と同じ50歳代の新会長。信頼される「安全・安心」な東京五輪成功へ歩んでもらいたい。

◆森前会長の発言には、選手から非難の声、ボランティア辞退。さらにトヨタ自動車やJR東日本…スポンサー側の批判、「彼は去らなければならない」と放映権を握る3大テレビのNBCまで声を上げたことが大きい。頼みのIOCも一転批判声明、内外からの “引導”となった。
 もう一つ、世論にインパクトを与えたが後味がよくなかったのは小池百合子都知事の発言。「4者会談に出席しない」… いわば主催・ホスト側の会議に自ら欠席はあり得ない。秀でた政治嗅覚とも言えるが、他人事の言はいかがなものか。

◆森氏発言は立場上あまりにお粗末。すぐ謝罪撤回したが、何より時代を世界を読み間違えたのは確かだ。一方でこの時期の辞任によるマイナスを”主張”する声がなく、あっても腰砕け⁈ さらに一部メディアが煽り続けた感も否めない。
 
◆開会式まであと約5ヵ月。しかもなお不透明なコロナ禍。どういう形にするのか、矢継ぎ早の決断を迫られる。どうも政治色が目立ち、アスリートが弱い感が拭えない。
 橋本新会長がオリンピアンだからこそ、行える手があるはずだ。経済だけ帳尻が合えばいいではなく、世界最高峰のスポーツ祭典、オリンピック精神をどう繋ぐか。コロナに勝った五輪…至難の業だが、疲れた国民に前を向ける力がほしい。

◆大坂なおみが2度目の優勝を飾った全豪テニスは、準決勝から観客を入れた。当面の試金石としてはセンバツ高校野球、プロ野球…この春のスポーツが注目だ。
 「オールJAPAN」待ったなし。変わらぬものを大切に、変わらなきゃ。

原点へ オリンピック精神
<2021.2.22 S>