令和2年 「哀楽」

 人類への警鐘か、コロナ禍に揺れた地球。子年も今日一日。豪雨災害、許せない不祥事・事件、亡くなった方々、そして若者たちの快挙、スポーツの力…喜怒哀楽があった1年。

◆哀◆
【時代の人 突然の訃報】

 志村けんさん70歳が3月、岡江久美子さん63歳が4月に新型コロナウイルス感染で死去。
 岡江さんは女優、タレントとして茶の間の人気者で屈託ない品のある笑顔。乳がん治療中だった。筆者と同世代でもあり、突然の訃報にショックを受けた。
 志村さんはドリフターズの一員、誰しも一度は観ただろう「8時だョ!全員集合」。情報氾濫の現代と違う1969年〜の驚異的視聴率番組だった。志村さんの死が、日本国民のコロナに対する認識のターニングポイントになったのではないか。これからの世を「だいじょうぶだぁ」と言ってほしい。

 プロ野球界も寂しい。
 1月に高木守道さん78歳。中日一筋、バックトスを生み出したいぶし銀のセカンド。ドラゴンズファンの筆者にとっては、中日球場で観戦の子供の頃から憧れの選手だった。
 2月に野村克也さん84歳。阪神、楽天を率いた名監督。だが、大阪球場での南海のユニホーム姿が懐かしい。王、長嶋に比べ自ら月見草と呼んだ。ノムさん!これからの球界にもボヤいてほしかった。

 今が絶頂とも言える俳優、三浦春馬さん30歳が7月、竹内結子さん40歳が9月に自ら命を絶った。驚きと、時とともに重く…だがスクリーンで生き続ける。
 西部警察、浮浪雲の名優・渡哲也さん78歳(8月)。静かな中に凛とした男気、時に飄々と…時代を走り続けた石原軍団は”解散”する。
 映画監督・大林宣彦さん82歳(4月)。時をかける少女、青春デンデケデケデケ…あまたの作品の中、「22歳の別れ」は還暦世代には忘れられない。

 筒美京平さん80歳が10月、中村泰士さん81歳、なかにし礼さん82歳が12月に次々に逝った。手掛けた歌に皆胸を打たれ躍らせた。情景まで浮かんでくる、忘れられない時代の歌だ。背中を押してもらった。

◆楽◆
【勇気の走り 全日本大学駅伝】

 歴史に残る名レースだった。全日本大学駅伝(熱田神宮ー伊勢神宮)は、駒沢大学が青山学院大(4位)東海大(2位)などをおさえ優勝(11月1日)。
 コロナ禍からか、5時間以上テレビにかじりついた。全7区間のうち4区間で新記録、最終区アンカーまでスリリングなレースだった。

 箱根駅伝、出雲駅伝と並ぶ3大駅伝の一つ。今大会は開催自体危ぶまれた。しかし自治体も含め関係者は、無理だと思う前にどういうことならできるのか、と制限下に前に進めた。沿道に大声援はなかったが、タスキを繋ぐ選手に例年と違う感動があった。
 アンカーでデッドヒートを制した駒沢大の田沢選手は、インタビューで「まず、この大会を開いて下さった方々にお礼…」と、感謝を口にした。

 重く先の見えないコロナ禍。無観客試合、または観客を大幅に減らしてのプロ野球、大相撲。目だけでなく、音の迫力など新鮮な発見があり、スポーツの一つの指針となった1年。何より熱く、観戦の楽しさを改めて感じた…スポーツの力!

<2020大晦日  S>
*人を出来事を見つめ報道コラム「喜怒哀楽」は137回目。コロナ禍に揺れた令和2年、来年の漢字は「幸」といきたいものです…この1年に感謝し、引き続きよろしくお願いいたします。S