力くれた 3つの”戦い”


◆夢競馬 アーモンド有終V

 史上初めて3冠馬3頭が集結した世紀の一戦、第40回ジャパンC(G1・東京競馬場・芝2400メートル=良)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5歳・国枝栄厩舎)がラストランを飾った。G1 9勝目。2着に2番人気のコントレイル(福永祐一騎手)、3着は3番人気のデアリングタクト(松山弘平騎手)。穴党には面白くないが、まさに競馬ロマンの結果となった。
 優勝賞金3億円。これで総獲得賞金が19億円1202万9900円となり、歴代1位のキタサンブラック(18億7684万3000円)を抜きトップになった。コロナ禍にかかわらず、インターネット投票がほぼ7割を占める売り上げは前年比47.5%増の272億7433万4600円、2000年以降で最高額を記録した。

 競馬は血の戦いとも言われる。シンボリルドルフ、トウカイテーオー、ディープインパクト、オルフェーブル…牝馬アーモンドアイも記録とともに、記憶にも残る名馬となった。今年の年度代表馬はアーモンドアイで決まりだろう。しかし完調でないと言われた無敗の牡馬3冠コントレイルは外から一気に最速の足を繰り出し、無敗の牝馬3冠デアリングタクトもハナ差3着争いを死守する根性を見せた。3冠を獲って年度代表馬に選ばれないだろうこの2頭が、やや気の毒でもある。

 ルメール騎手「アーモンドアイのストーリーは終わっていない。いい子供をつくってくれたら乗りたい。ちょっと寂しくなるけど、感謝したいです」…その子たちよ!凱旋門賞を獲れ。


◆タイソン 54歳の”復活”

 元ボクシング世界ヘビー級王者で54歳のマイク・タイソンが、米ロサンゼルスで世界4階級制覇した51歳のロイ・ジョーンズとエキシビションマッチを行い、かつての勇者を彷彿させた。
 1ラウンド2分の8ラウンドマッチ。結果はドロー(引き分け)だったが、2005年の試合を最後に”引退”していたタイソンは強烈で重いパンチと手数で圧倒。45キロを減量した肉体、年齢を感じさせない俊敏な動きを見せた。

 タイソンと言えば、現役時は荒々しい動物的ボクシング、時に相手の耳に噛みついたことさえあった。そんなタイソンも開口一番「相手にKOされなかったのでよかった」と謙虚なコメント。そして「8ラウンドも彼とあの場に立てて幸せだった。だからスコアカードも無観客も、私にとって意味のないものだった」と満足気に淡々と話した…リングの雄姿!歳は関係ない。


◆日大帰ってきた大舞台

 アメリカンフットボールの関東大学1部「TOP8」の優勝決定戦が行われた。2018年春に悪質タックル問題を起こしTOP8に3季ぶりに復帰した日大が、今季初昇格の桜美林大を38―14で破って優勝。3年ぶりの東西大学王座決定戦・甲子園ボウル(12月13日)に出場し、因縁の関西代表・関西学院大と対戦する。

 3タッチダウンを決めた川上理宇選手「回り道をしたが、あの事件があったことで以前のようにコーチが作るチームではなく、自分たちが作るチームとしてひとまわり強くなれた」。
 悪質タックル問題後に、指揮をとってきた橋詰功監督は「タックルの問題に加え、新型コロナウイルスもあったが逆境を打開する力が選手についた…チームが生まれ変わったかどうかはまだわからないが、スタートラインには立てたと思う。ここから新たな準備をして戦っていきたい」と静かに語った…挫折立ち上がる!胸を張れ。

 ここまで来るのに、それぞれの汗と涙、関わった人たちの思いがあった…こんな時だから、スポーツに力をもらう。
<2020.11.30 S>

*厳しいコロナ禍の1年もあと1ヵ月。変わらず人を出来事を見つめ、喜怒哀楽を伝えていきたいと思います(原則月曜・不定期)。